初盆のお供えに適している花は?避けた方がいい花ってあるの?

この記事の所要時間: 533


初盆にあたる今年は、お供え物をきちんと用意しないといけないですよね。

お墓や仏壇に飾る花は目にとまりやすいので、特にマナーを気にしたいかと思います。

初盆は、菊や胡蝶蘭など、花持ちのよいものをお供えするのがいいですね。

それとは反対に、トゲや毒のある花など、避けた方がいい花もあるんですよ

初盆のお供えとして適している花、避けた方がいい花を分かりやすくまとめてみました!

スポンサーリンク

初盆でお供えするのに正解なのはこの花たち!


お供えする花は四十九日までは白のみですが、過ぎれば色のある花を飾ってもよいとされています。

飾る花の色は、基本的には何色を飾ってもよいですが、あまり派手すぎる色は避けた方がよいですね。

また、宗派によっては、白・紫・黄色・ピンク・赤の5色のみ飾ってもよいというところもあります。

そのようなしきたりがないか、事前に確認しておくとよいでしょう。

では、実際にどのような花がお供えするのに向いているのか、オススメの花を挙げていきますね。

・菊

お供えする花といったら菊!と思うくらいメジャーな花ですよね。

菊は、葉が枯れても花が長く咲くので花持ちがよく、また邪気を払うともいわれています。

・リンドウ

鮮やかな色をつける花なので、お供えする花のアクセントになってくれるでしょう。

・カーネーション

花言葉に「無垢で深い愛」というものがあります。

故人への深い愛が伝わる花ですね。

・ストック

花がひらひらとしていて美しく、また茎がまっすぐなので、お墓へお供えしやすい花です。

・キンセンカ

花言葉に「別れの悲しみ」というものがあります。

初盆である今年には、ふさわしい花ですね。

・グラジオラス

花言葉が「思い出」です。

故人との思い出を込めて飾るとよいでしょう。

・スターチス

花持ちがよく、花びらが散りにくいのでお供えするのに適した花です。

・トルコキキョウ

白くて可憐で、花持ちのよい花です。

お供えの花のベースとして用いるのがよいでしょう。

・胡蝶蘭

お祝いとしても人気のある花ですが、清楚な出で立ちからお供えの花としても使用することができる万能な花です。

・千日紅

花が千日咲くという意味で千日紅と名付けられた花です。

その名のとおり花が長く咲いてくれるので、お供えにピッタリですね。

・アイリス

アイリスとは、アヤメ科の植物の総称です。

長い間、花の色が色あせにくく、切花にしても丈夫なんですよ。

こうしてみると、お供えに向いている花って結構ありますよね。

花束として用意するなら、白い花をベースにして、数本差し色になるような花を選ぶようにしましょう。

また、初盆ということで、これらの花以外にも、故人が好きだった花をお供えするのもよいですね。

好きな花がなく、宗派のしきたりもないようなら、故人の好きな色を飾ってあげると喜んでくださるでしょう。

スポンサーリンク

お供えするのに避けた方がいい花は?故人が好きでもNGな花って?


先ほど、故人が好きな花を飾るのもよいとお伝えしましたが、

実は、たとえ故人が好きでも、飾らない方がいい花もあるんです。

今度は、お供えするのに避けた方がいい花についてお伝えしていきますね。

・トゲや毒のある花(スズラン、バラなど)

トゲや毒が、仏様や故人を傷つけるといわれています。

バラを好きな方は多いですが、故人が好きだったとしてもお供えするのは避けましょう。

・花粉の多い花(ユリ、ヒマワリなど)

花粉の多い花だと、お墓や仏壇を汚してしまいます。

また、お墓の場合だと隣のお墓に花粉が舞ってしまうこともあり、トラブルになりかねないのでオススメできません。

・散りやすい花(ダリア、コスモスなど)

こちらも花粉の多い花同様、お墓や仏壇を汚しやすいです。

掃除の回数が増えてしまうので、避けておきたい花ですね。

・香りの強い花(チューベローズ、ライラックなど)

仏壇にお供えする場合、部屋に香りが充満してしまいます。

仏間という意味で考えるとふさわしくないので、選ばないようにしましょう。

・傷みやすい花(ガーベラ、金魚草など)

初盆ということで、暑い時期なのでとくに傷みやすい花は避けましょう。

お供えとして飾るなら、傷みにくく長い間咲いてくれる花がよいですね。

・花ごと落ちてしまう花(椿、サザンカなど)

こういった花は、まるで首が落ちるようで縁起が悪いといわれています。

せっかくの初盆なので、縁起の悪い花はやめておきましょう。

・ツルがある花(クレマチス、スイートピーなど)

ツルがある花は、ツルが巻きつく様子から、成仏できないのではというマイナスイメージを連想させてしまいます。

また、花粉の多い花同様、隣の墓へツルが伸びて迷惑になるので、選ばないようにしましょう。

お供えに適している花と同じく、避けた方がよい花も意外と種類がありますよね。

故人が好きだった花を飾りたいと思った場合でも、

お伝えした花に当てはまらないか、一度確認するようにしましょう。

まとめ

こうして見ると、初盆にお供えするのに適してる花も避けた方がよい花も、

それぞれみんな理由がありますよね。

私も、身内の初盆のときは、故人が好きだった花はお供えしても大丈夫かどうか調べたものです。

お花をお供えすることの意味を考え、故人が喜んでくれるような花を飾ってあげてくださいね。

合わせて読みたい記事はこちら!

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。