梅雨に雨降らないと起きる影響とは?晴れが続くとどんな問題が?

この記事は約5分で読めます。


雨が降らない梅雨のことを、空梅雨と言いますよね。

梅雨を憂鬱に感じる人は多いし、空梅雨ならハッピーなのではと思いますよね。

ところが、そういうわけにもいかないのです。

 

空梅雨は、私たちの生活によくない影響を与えると言われています。

それって一体?

今回は、そんな空梅雨の悪影響について見ていきましょう。

スポンサーリンク

梅雨に雨降がらない影響と喜べない4つのデメリット


梅雨に雨が降らないと、私たちの生活に直結する影響があると考えられます。

その困った影響とは、主に次の4つになるでしょう。

 

  • 水不足
  • 野菜の成長不良
  • 気温の上昇
  • スズメバチが増加

 

「なるほど」と思える影響もあれば、「何で?」と首をかしげる内容の影響もありますね。

 

梅雨に雨が降らないことで起きるこれら4つのデメリットについて、次で詳しく解説いたしましょう。

 

 

梅雨に雨降がらない影響と困る理由


梅雨に雨が降らない空梅雨の影響は、先に挙げた通りですね。

では、なぜそうなるのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

水不足

 

これは説明するまでもないでしょう。

梅雨だと言うのに雨が降らないせいで、ため池やダムなどが干上がって水不足が起きます。

 

ダムなど大きな水源が影響を受けると、必然的に生活用水にも影響を及ぼすというわけです。

 

 

ちなみに私は、滋賀県出身です。

滋賀にはご存知の通り、日本一の大きさを誇る琵琶湖がありますね。

なので、水不足を知らずに過ごしました。

それでも夏になると、琵琶湖の水位がどれくらい減ったか、頻繁に情報が回ってくるものです。

現在は他県に住んでいるのですが、こちらには小さなダムしかありません。

そのため、梅雨に雨が降らないと水位が下がり過ぎ、生活に影響が出て来てしまいます。

さすがに取水制限まではありませんでしたが、息子の保育園で夏場のプールが中止になるなど、少なからず影響はありましたね。

 

 

 

野菜の成長不良

梅雨に雨が降らないと、野菜の生育にも大きな影響を及ぼします。

 

夏に旬を迎えるトマト、ナス、キュウリなどの野菜は特に、梅雨の時季には既に苗が植えられている場合が多いです。

成長途中で十分な水を与えられないと、当然ながら生育が悪くなります

 

小規模な家庭菜園でも、大規模な農業でも、同じことが言えるでしょう。

梅雨に雨が多過ぎてもよくないことがありますが、そもそも雨が降らないことは、植物にとっては辛いことですね。

 

気温の上昇

 

梅雨に雨が降らないと、気温がぐんぐん上昇してしまいます。

夏が早めにやって来るような印象でしょうか。

 

梅雨の雨によって冷やされる地表も、雨が降らないと熱いままですね。

地表温度が下がらないと、気温もずっと高いままです。

 

梅雨はじめじめした湿気が気になりますが、雨が降らなければそれで、気温が上昇して不快指数も増すでしょう。

 

 

スズメバチが増加

 

意外と知られていないのが、こちらの影響ではないでしょうか。

空梅雨で雨が降らないと、スズメバチが増える傾向にあると言われています。

 

昆虫は雨降りよりも、晴れた日の方が活動しやすいようになっています。

雨天より晴天の日の方が、気温が高くなるためです。

 

昆虫は活動が気温に左右される生き物なので、雨が降らないと活発に動き回れるようになります。

 

スズメバチもそんな昆虫の一種であるし、他の昆虫が動き回ることでスズメバチの餌になります。

そのため、梅雨に雨が降らないと、スズメバチが元気になってしまうんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ


梅雨が好きと言う人は、あまりいないと思います。

雨には風情を感じることもできますが、梅雨は湿気も多く洗濯物が乾きにくいので、主婦としては怒りの方を強く感じます。

 

そんな嫌われ者の梅雨でも雨が降らないと、私たちの生活に困った影響を及ぼしてきます。

今回は空梅雨のデメリットに触れましたが、お役に立てたでしょうか。

 

雨が降り過ぎてもダメ、降らなさ過ぎてもダメ。

梅雨とは案外、難しいものみたいですね。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました