お盆の迎え火はいつどうやって??時間帯や準備するものは??

この記事は約4分で読めます。


もうすぐお盆の時期ですね。

お盆といえば、「迎え火」の風習がありますが、お墓や家の玄関先で火を焚いている光景を見かけたことがある方もいらっっしゃるかもしれません。

迎え火は、ご先祖様の霊をご自宅へお迎えするための大切な風習です。

いつ、どんなふうにするものなのか、初めてのことでわからないという方は是非お読みいただけたらと思います。

お盆の迎え火とは

「迎え火」とは、お盆に帰ってくるご先祖様の霊が道に迷わないように、目印に火を焚いて自宅へ「お迎えする」お盆の風習のひとつです。

 

昔はお墓で火を焚き、その火を自宅まで持ち帰っていましたが、現在はお墓からの距離が遠かったりと住宅事情や交通事情も大きく変わってきましたので、あらかじめ自宅の玄関先や庭先で迎え火を焚くことが多くなりました。

 

お盆の初日である8月13日(地域によっては7月13日)の午後から夕方にかけて迎え火の準備をします。

 

時間帯は特に何時という決まりはありませんが、真っ暗になってしまう前にはお迎えをしましょう。

 

また、ご先祖様の霊をお迎えするにあたって、精霊棚(盆棚)の準備も整えておきましょう。

 

精霊棚はお仏壇のあるお部屋に準備することが多いですが、座敷や玄関先にお盆の期間だけ臨時的に設置することもあります。

 

特別な棚を用意する必要はありません。

程よい大きさの平机があれば、その上に位牌を安置し、香炉や花立て・ろうそく立てを置きます。

そのほか故人の嗜好品、なすやきゅうりで作った精霊馬などをお供えします。

この場所にご先祖様の霊をお迎えすることになります。

迎え火の手順・準備するもの


迎え火で燃やしているものは、「オガラ」という麻の皮を剥いだあとの芯の部分です。

昔、麻が清く浄化された植物とされていたため、ご先祖様をお迎えするために使用されたことがはじまりと言われています。

このオガラは、ホームセンターや生花店で販売されています。

お盆の季節になると、スーパーでも見かけます。

それからオガラを焚くための容器ですが、こちらは「焙烙・ほうらく」という素焼きの平皿を準備します。

もし焙烙がない場合は耐熱皿でも問題ありません。

焙烙にオガラをのせて玄関先で火を焚きます。

この火を目印にしてご先祖様の霊が現世に帰ってくると言われています。

玄関先で灯した火をちょうちんに移して家の中へ持って入り、精霊棚のろうそくにちょうちんの火を灯し、お線香をあげてお参りします。

 

火が焚けない場所ではどうしたら良い??


近年、住宅事情が昔とは異なり、集合住宅や住宅街の中では迎え火を焚けない場合もあります。

玄関先で火を焚くのはなかなかむずかしいと思います。

そういった場合は「盆ちょうちん」を飾ります。

盆ちょうちんのろうそくの火が心配な場合は、電池式のものがありますのでそちらをお使いになられると火の心配もなく安心して使えますのでおすすめです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

今年がはじめての「迎え火」というご家庭も多いかもしれません。

宗派によっては迎え火を焚かないという場合もあります。

ご自身の身内の場合でしたら、宗派がわからないことはないかもしれませんが、例えば嫁ぎ先の初盆で、慣わしや風習がわからないといったこともあります。

特に宗教に関しては様々な違いがありますので、事前にご家族に確認して備えておきましょう。

宗派の違いはあるにしても、普段なかなかお墓参りやご供養が出来ないという方はお盆こそ是非、ご先祖様や故人を偲び手を合わせて下さい。

ご先祖様を敬い、日頃の見守りに感謝するという気持ちに宗派の違いはさほど関係ないのではないかと思います。

お役に立てていただけましたら幸いです。

合わせて読みたい記事はこちら!
毎年やってくる「お盆」あなたはゆかりのあった方々とのつながりを大切にしていますか?この記事では、お盆の期日とその由来をまとめました。大切にしたいお供えの意味としきたりについても説明します。私たちが忘れてはならない「心」を再確認しませんか?お盆の由来毎年お迎えするお盆ですが、この由来をまとめてみました。広辞苑で調べてみると、「お盆」の正式名称は「盂蘭盆(うらぼん)」なのです。うらぼん【盂蘭盆】(梵語 ullambana 倒懸と訳され、逆さ吊りの苦しみの意とされるが、イランの語系で霊魂の意の urvan とする説...
お盆の期間はいつ?お盆の由来とお供えのこころ - おやまあ、そうそう、なるほどね!
親しかった友人や知人、大切な親族が亡くなった悲しみもつかの間、気がついたらもう初盆の時期がやって来ます。時の流れは本当に早くてびっくりしてしまいますね。ところで、初盆を迎えるにあたり、持参するお香典の準備はもうお済みでしょうか?お香典の金額は、故人との関係性・生前のお付き合いの度合いによって変わってきます。地域差などもあるでしょうが、ある程度の相場を知っておくことは今後のためにもとても大切です。私も今回、職場の先輩スタッフの初盆を迎えることとなり、事前の準備のためお香典の相場を調べてみました。...
初盆のお香典の相場はいくら??知っておきたいマナーの基本 - おやまあ、そうそう、なるほどね!
お盆のお墓参りって、いつ行くのが良いのか迷いませんか。着て行く服もこれで良いのかしらって迷いがち。今年は親戚の人も来る!?なんて聞くとちゃんとして行かなくちゃって余計に迷い、疲れてしまいますよね…。実はお盆のお墓参りは、日にちによって手を合わせる意味合いが違うので、それを考慮して日にちを決めるのが良いのです^^ここでは「常識を知らないの?!」なんて言われないように「お盆中、それぞれ日にちごとのお墓参りの意味」「場違いにならない着て行く服」について解説しますね。あとは、当日の水分補給を用意するだ...
お盆の墓参りはいつどんな服装でいけばいいの?時期と意味まとめ - おやまあ、そうそう、なるほどね!
「お盆には海に入っちゃダメ!」親や親戚の人に、そんな風に言われた記憶はありませんか?海に行くと幽霊に足を引っ張られるだとか、そんな話を聞いたことは…?これは、昔からの言い伝えです。しかし、お盆に海に入ってはいけないというのは本当のことなんですよ…。それはなぜか?今回は科学的な側面からと伝統的な側面からその理由に迫ります!科学的な側面から考えた、お盆に海に入るのがダメなホントの理由とは?もしかしたら本当かもしれませんが、幽霊が出るという話はとりあえず置いておきましょう。お盆に海に行ってはダメと言...
お盆に海に入るのはダメな理由!実はとても理に適っていた!? - おやまあ、そうそう、なるほどね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました