喘息発作の対処!大人から発症の症状・治療・予防を解説!

この記事は約7分で読めます。


風邪ではないみたいなんだけど、なかなか咳がおさまらない…

息苦しいし、胸の辺りからヒューヒュー音がなる。

なんて症状ありませんか?

それって、もしかすると大人になってから始まる喘息の症状かもしれません。

でも、喘息に対しての正しい知識と対策を立てれば大丈夫!!

今回は、喘息の症状、治療、3つの予防について解説します

スポンサーリンク

喘息について理解を深めましょう

喘息ってどんなもの?

 

咳で気管が慢性的な炎症を繰り返し、それにより粘膜が厚くなり痰などの分泌物が増加して気道が狭くなる症状。

充分な呼吸ができない状態でゼイゼイ・ヒューヒュー胸が鳴って呼吸困難などが生じる病気。

多くは 気管支喘息のことを指し 他に アスピリン喘息 咳喘息があるようです。

 

次にどんな時に発作が起こるのかをみていきますね。

喘息の発作はどんなときにおこりやすいの!?

● 夜間から早朝にかけて

● 季節の変わり目

● 天気がよくないとき

● 疲れているとき

● 風邪をひいたとき

● たばこの煙、線香の煙など強い臭い

このように見てみると、特徴がみえてきます。

風邪をひきやすい時期が発作の起きやすいときなんですね。

 

小児喘息と大人の喘息との違いは?

 


簡単に考えると、子どもが発症するのか、大人が発症するだけの違いのように思いますが、一般的に原因が違うのです

 

小児喘息は15才までに発症する喘息のことを言います。
原因はダニ・花粉などアレルギー性のものが多い。

大人喘息は成人してから発症する喘息のことを言います。
原因はアレルゲンが特定できない非アレルギーのものが多い。

 

大人になってから喘息が発症する主な原因とは!?

最初のQ&Aにあったように、

喘息というのは気道で炎症が起こることで発症するのです

 いつも気道粘膜に炎症があると喘息になるのです 

気道に炎症を起こす主なもの

感染症→カゼやインフルエンザ

気道粘膜を刺激するもの→タバコの煙や空気の汚れ

刺激的な温度変化→冷たい外気に急にふれるなど

刺激的な匂い→香水やお香の香り

他にも

  • 精神的なストレスも炎症を起こす引き金になります。
  • 体質的な肥満は気道を圧迫して炎症を起こしやすくなります。

気道で炎症を引き起こす要因が喘息の原因なんです。


スポンサーリンク

大人喘息の治療方法と発作を予防する3つのポイント!!

病院は何科に行くの?

呼吸器内科を受診しましょう

行く前に喘息日記 {日中の喘息の症状・夜間の喘息の症状}
何日分かをメモして持って行くと医師が判断しやすいですよ。

 

医師に伝えたい項目チェックリスト(一日分)

いつ    痛みが始まった時間

どこで   痛みだした場所

どこが   喉のどの部分が痛むのか

どんな風に 痛みの状況

どのくらい 痛みのつよさは

痛みのあと、学校や会社はどうしたのか(生活に支障をきたしているのか)

服用した薬があれば(なんの薬を、いつ、量は?)

※あらかじめメモしておくと便利ですよ!

※「痛み」と書いてある部分を「咳」に変更してもかまいません。

薬はどんな種類がでるの?
吸入薬・張り薬・注射薬とあるようですが、吸入薬が多いです

発作予防する3つのポイントは?

生活習慣を整える 充分な睡眠を取るように心がける。

 

  • たばこはNG
  • スパイシーな食べ物も控える
  • ストレスをためないように心がける。

これが難しいのですが、
なるべく休養を取るように心がけて、趣味や好きなことをして過ごすこと
が発作を抑えるためによいようです。

日頃から体調を整える

手洗い・うがい・時にはマスク着用でさらに

気管の炎症を増やさないようにする。

患部に刺激を与えることを最小限に抑えることです。

そのための予防と保護が大切です。

適度に運動して発作が起こりにくい体質を作る。

あまり激しい運動はかえって発作を起こしてしまうのでNGですが、ウオーキング水泳など基礎体力がUPする運動は効果があるようです。

抵抗力をつけて、体の代謝をよくすることで炎症の可能性を減らしていきます。

まとめ

調べて見ると大人喘息は心身の疲れがきっかけで始まる喘息ということがわかりました。

簡単に休養を取ったり、好きな事をしていられないのが私達の現状ですよね。

そんな時でも自分の身体の疲れを気にかけて過ごしていくのが発作を抑えられるポイントのようですね^^

適度な運動と患部の保護、そしてゆっくり休むこと。

つまり生活習慣を正しくすることが大事なのです。

合わせて読みたい記事はこちら!
熱中症の症状!子供を病院に連れて行くタイミングと対処法!
熱中症のどんな症状が出たら病院へ行った方がいいのか迷いますよね。 子供が小さいと、特に知っておきたいですよね。 代表的なものとして、頭痛や嘔吐、痙攣などの症状が病院へ行く目安になっています。 また、「疲れた」という子供...

言うことを聞かない子供の原因と対処法!みんなが通る子育ての悩み!
我が家でも、まさにこの状況が続いています。 一番上の子は反抗期、二番目も、まだ反抗期ではないですが、言うことを聞かない、一番下はイヤイヤ期… 3人が3人とも言うことを聞かず、笑えてきてしまうくらいです。笑 周りのマ...

子育て中のストレスで過食!そうならないための対策と対処法
子育てでストレスがたまっている時、 ってありますよね? 育児中はイライラで過食になる方が多く、 出産をする前に増加した体重が元に戻らずに どんどん増えてしてしまうことも! 子どもが産まれてから、 あまり甘い物が好きで...

子育てストレスが頭痛を誘発!自分の傾向を知って賢く対応を
子育てのストレスは、本当に大きなものですよね。 仕事には休みがあっても、子育てに休みはありません。 休みはないし、代わりに誰かがしてくれるものでもないので、自分でこなしていくしかない… そんな子育てに追われる忙しい...

子育てのストレスによる産後うつ病の傾向と対策を理解するために
「私がうつ病なんて考えられない」という方もいらっしゃいますが、自分がわからないうちになっている可能性があるのをご存知ですか? うつ病になったら、仕事は休んで療養してくださいと言われても、育児に家事に追われるママはなかなか休めないで...

幼稚園の給食問題を検証!アレルギーから好き嫌い等食育の実例
子供が通う幼稚園が給食を出してくれたら、親はそれだけでも助かりますよね。 給食だと、温かいものを食べることもできます。 バランスが整った給食だと、健康面でも安心ですね。 そんなメリットしかないような幼稚園の給食ですが、...

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました