引っ越しの時にやることって何がある?同一市内の場合は!?

この記事の所要時間: 442


春は引っ越しの季節ですね!
引っ越しって、やること色々ありますよね。

私も大人になってから自分が主体の引っ越しを何回か経験しましたが、
すごく引っ越しに苦手意識があります。

役所でする手続きはややこしいし、荷造りは大変だし、
必要各所への引っ越しの連絡や手続き、色々な所の住所変更…

ほんともう勘弁して。よくわかんない。でもやるしかない。

そんな、私と同類のあなたに、

この記事では「引っ越しでやるべきこと【同一市内の場合】」についてご紹介します

同一市内の引っ越しの場合、
① 役所に「転居届」を提出
② 必要各所の住所変更
とりあえずこのふたつを押さえておけば大丈夫です。

では、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

同一市内の引っ越しでやるべき手続きとは?

① 転居後14日以内に転居届を役所に提出しましょう。

本人確認のできる書類と印鑑を必ず持参してください。

この時合わせて行っておきたいのが、次の項目です。
国民年金、国民健康保険、児童手当、ペットなどの住所変更

自分に必要なものの住所変更は、転居届を提出する時に一緒にしてしまえば、役所に何回も足を運ばなくても済みますよ。

② 役所以外で行う住所変更もしましょう。

これが多くてなかなか手間がかかりますよね。

直接足を運ばなくてはならないもの、電話で済むもの、引っ越し前にするもの、引っ越し後にするもの、様々な所での住所変更があります。

私が思いつく限り挙げてみると、下記の通りになります。

電気、ガス、水道、NHK、銀行、郵便局、保険、クレジットカード、
免許証等車関係、固定電話、携帯電話、インターネット、税務署

まだまだほかにもあるかもしれません。とにかく多いです。

これ、何となくやっていたら、どこは住所変更がまだで、どこが済んでいるか忘れてしまいます。

そこでオススメなのが、「紙に書いて消し込んでいく」方法です。

この方法は住所変更だけでなく、引っ越し全部のやることに使うのをオススメします。

引っ越しノートを一冊作りましょう!

スマホのメモや、既存のリストを印刷して使うのではなく、自分の手で字を書くのがポイントです。

少し手間がかかる原始的な方法ではありますが、自分に必要なやることを調べたり考えたりして手書きする、そうすることで印象に残り、きちんと記憶されますよ。
小学生の漢字練習と同じですね。

 

スポンサーリンク

同一市内の引っ越し、自分でする?業者に頼む?

当日の荷物運びをどうするか決めるのも、引っ越しで大切なやることのひとつです。

同一市内だと、引っ越し業者に頼まず自分で行った方が安上がりでお得だと考える人もたくさんいると思います。

私の直近の引っ越しも同一市内でのもので、歩いて10分くらいの所への引っ越しでした。

そんな近場での引っ越し経験者から言わせてもらうと、

断然「業者に頼む」方をオススメします!

自分で引っ越しを行うためには、自分でトラックを借りたり、作業を手伝ってくれる人員を確保したりしなければなりません。

とても手間と時間がかかりますし、お金だってかかります。
ここに労力を取られてしまうと、引っ越しって他にもやることがたくさんあるのに、おろそかになってしまうかもしれません。

疲れすぎて、体調をこわしてしまう可能性だってあります。

だから、少しお金をかけてでも、引っ越しの負担を少なくするほうを選ぶことが、案外一番安上がりな方法なのではないか、と私は思います。

 

引っ越し業者を選ぶときは、きちん見積もりを取って、なるべくお安いところを選べるといいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

これから同一市内での引っ越しを控えているあなたの参考になれば嬉しいです。

もうひとつアドバイスがあります。

まずは、荷造り用のダンボールを早めに業者に頼んで持ってきてもらうこと

もうひとつは、休日の男手を待つのではなく、やれるときにコツコツと、あなたが荷造りをしていくこと。

引っ越しまでの時間はあっという間に過ぎてしまいます。

当日が近づいてきて焦ったりしないように、スキマ時間にコツコツと荷造りを進めることをオススメします。

やることが多くて憂鬱になってしまう引っ越し。

きちんとノートに整理して「やること」を書き出し、荷造りを含め手続き等をコツコツ進めていきましょう。

ノートから「やること」が減っていくのは 気分がよく、憂鬱な気持ちも軽減されると思いますよ。

合わせて読みたい記事はこちら!
引越し前後にやることは何?チェックリストを作ってぬかりなく!
転勤が多い等の理由で引っ越しに慣れている人もいるかもしれませんが、引っ越しをするのを決めたはいいけど、何をしたらいいのかわからない。 やるべきことが多過ぎて混乱してしまっている… そんな人は、チェックリストを作って1つずつこなしていくのがオススメです。 特に引っ越し前はやる事が多いです。 チェックリストを作るときにも、こなしていく順番にして作れば上から順番にこなしていくだけなので、引っ越しギリギリに「あっ!!○○するの忘れてた!Σ( ̄□ ̄;)」なんてこともなくていいですよ♪♪

引っ越しが安い曜日と月は?調べてみたらカラクリが分かった!
引っ越しをする時に使うことの多い引っ越し業者ですが、引っ越し業者を利用するに当たって、サービスはもちろん気になるところですが、やっぱり料金がどれくらいかというのは一番気になりますよね。 引っ越しをする時期や期限が決められている場合はしょうがないですが、サービスが同じなのであれば、できる限り安い時期の安い曜日に済ませたいというのが本音だと思います。 そこで、ここでは、引っ越し業者を利用する際、いつが安いのか?なぜ安いのか?という、ちょっと気になって、ちょっと得することをお伝えしていきたいと思います。

https://hidakakonbu.com/4374.html4
引越しを安い時期・曜日で賢く値引きするコツをまとめてみた!
引っ越しをするとなれば、何万という金額になってきますし、やはり少しでも安く抑えたい!!と思いますよね。 そんな時に引っ越し料金を抑える方法として思い浮かぶのは、梱包を自分ですることだったり、荷物の量を出来る限り減らすこと、そして、一番大きいのは、引っ越しの日ですよね。 休日よりも平日の方が安くなるというのは知っているかと思います。 では、平日の中でも料金が安くなる曜日はあるのでしょうか?? 結論から言ってしまえば、火曜日~木曜日が安い場合が多いんです。

引越しの際やること!チェックリストでスムーズに見落としなし!
新しい生活が始まるというのは、やっぱりウキウキワクワクするもの。 でも、引っ越しをすることって、人にもよりますが一生のうち何回もあることではないですよね。 この記事では、引っ越しをするにあたってやるべきことを確認していきます。 大事な確認ポイントをお知らせしていますので、漏れがないようにチェックしてみてくださいね。

引越し手続きはリストを使うと超便利‼転校・転居・ライフラインに‼
引越し手続きにはリストを使うと超便利‼転校・転居・ライフラインに便利 新年度が近づくこの季節、ご主人の転勤が決まったご家庭も多いのではないでしょうか。 子どもさんがいるご家庭なら、転校の手続きもありますし、社宅がない職場なら どこに住むのかも決めなければなりません。 転勤が初めて、というご家庭なら不安でいっぱいですね。 引越し当日までにすること、転居後にすること、まとめてご紹介します!!

引越しには安い曜日があるんです!平日だから料金がお得!
引っ越しは、何かと費用がかかるものです。 新生活のことを考えると、費用は少しでも安いほうがいいですよね。 そんな引っ越しにかかるお金ですが、選ぶ曜日によっては安くなることもあるのです! 都合がつくなら、ぜひそんな曜日に引っ越しをしたいですよね! 一体、何曜日がその日に当たるのでしょう? 引っ越しを検討されているあなた、必読ですよ! 料金が安くなる裏技も解説します!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました