家事を手抜きして負担減!でも手抜きしてないように見せるコツ!

この記事の所要時間: 422


毎日、朝から夜まで家事に追われてしまって、1日24時間じゃ足りない!!
なんて思ったことはありませんか??

まして、子供がいたら家事はスムーズに進まないし、本当に1日ずっと動き回って夜、寝るときにはクタクタ…そして、朝は疲れが抜けないまま、また1日が始まる…
そんなママも多いと思います。

私の場合、結婚するまでは実家暮らしで、家のことなんてした事もなかったので、結婚してから家のことをやるようになり、本当に母を尊敬しました。

それまでは、専業主婦の母をバカにしていたというか、羨ましく思い、「仕事もせずに家にいて、3食昼寝付きの生活とかズルイ!!」なんて思っていました。

でも、自分が専業主婦になってみると、3食昼寝付きどころか、下手したらお昼ご飯さえも食べ損ね、家事に追われる日々に驚くと共に母を尊敬するようになりました。

私は、元々、大雑把というか、本当にズボラな性格なので、そんな家事に追われる日々を過ごしながら、いかに楽するか、何か手抜き出来る方法はないかと考えだしました。笑

今回の記事では、私の実証済みの賢い家事のコツを暴露しちゃいます!

スポンサーリンク

ついでに家事をこなして楽をする!!


いろいろ考えた結果、何かのついでに家事をこなしていくことを思いつきました。

お風呂掃除はお風呂に入ったついでに、そのままお風呂掃除を終わらせる!!

いつもお風呂に入るのが最後になることが多いので、お風呂に入った後、そのままお湯を抜き、お風呂掃除を終わらせてしまうんです。

お風呂のお湯を抜いている間に、床などの掃除をして、お湯が抜けたら浴槽の掃除をします。

これで、お風呂掃除は終わらせることが出来ます♪♪

旦那が最後になることがあるんですが、その時は、旦那にお風呂掃除をお願いします。

トイレ掃除も、自分がトイレに入ったついでに掃除を終わらせます。

1日のどのタイミングでもいいので、1日1回、トイレに入ったついでに掃除をします。

キッチンの掃除も、ご飯を作ったついでに掃除を終わらせ、シンクの掃除も洗い物のついでに終わらせます。

このように、ついでに家事を済ませてしまえば、そこまで負担に感じることなく家事をこなすことが出来ますよ♪♪

しかも、手抜きしてるようには見られません(*´∀`)


スポンサーリンク

家事は、まとめて一気にやろうとしない!?


家事をまとめて一気にやろうとすると、途中で家事が中断してしまったり、思うように進まないことで、余計に負担に感じてしまいます。

なので、一気にやろうとせず、何かのついでにこなしていくと良いですよ!!

布団を干すつもりでいるなら、朝起きたときに、そのまま布団を干してしまう。

私も、天気が良い日には布団を干したくなるので、朝起きたら、そのまま布団を干してしまいます。

布団のシーツを洗う時は、朝起きたら、布団のシーツを外し、そのまま洗濯を回します。

布団のシーツはすぐに乾くので、衣類を洗濯機で回してる間に乾きます。

衣類を干すついでにシーツは布団にかけて、そのまま布団を干しておきます。

他の家事も一気にやるより、1日のどこかのタイミングで少しずつこなしていけば苦になりませんよ(^-^)

まとめ


家事を一気に終わらせようと頑張りすぎてしまうと疲れてしまいますし、大変だと感じてしまいます。

でも、1日の中で、少しずつ、何かのついでに終わらせてしまえば、家事をついでにこなすことが出来るので楽に感じることが出来ますよ♪♪

手抜きをしているようには見えないので、家事をやらないなんて文句を言われることもないです(^-^)

ただでさえ大変な家事を毎日こなさなくてはならない訳ですから、それをいかに楽にこなしていくか。また、いかに楽に感じるようにこなしていくか。

これを考えてみると、いろいろ工夫して家事をこなすことが出来ていいですよ♪

合わせて読みたい記事はこちら!

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。