お香の注意点と頭痛や煙の問題が心配なあなたへ

この記事の所要時間: 60


最近良く見る「安いお香」ってどう?

頭痛や煙のリスクは大丈夫なの?

どれも心配な問題です。

でも心配いりません。
お香を使う場合に注意したいポイントをまとめました

この注意を守ると問題はクリアしますよ。

本物と出会って、癒やしと安らぎを味わうことができますように

スポンサーリンク

お香の注意点と問題

お香を楽しむ方が増えているのは喜ばしいことです。
一方で、多種多様な種類のお香が市販されるようになりました。

中には粗悪品もあるのが現状です。頭痛の原因となる合成の材料で作られた商品もあります。

合成香料を否定するつもりはないのですが、頭痛を起こす引き金になる場合があるので注意が必要なのです。

このような合成香料を燃やした場合には、少なからず有害な煙が出て当然なのです。

せっかくリラックスしたい場面で使う「お香」は、自然素材を原料にしたものを使いたいのです

日本の美しい季節や歴史、伝統や文化を背景に長い間親しまれてきたものを愉しみませんか?

お香を楽しむ場合は、ぜひ日本製のお香を使いましょう

お香のおすすめはこちらです

日本製のお香をすすめる根拠

伝統と文化による裏づけ

日本には四季があり、気温や湿度が季節ごとに大きく変化します。
歴史に目を向けると、昔から季節ごとにふさわしいお香を人々は楽しんできたのです。

数百年も使われてきた歴史のあるお香には伝統も格式もあり、多くの人に長く愛されてきた実績があるのです

もちろん合成の材料は使用されていません。

文化と気候の違い

インドでもお線香などの香りの文化があります。
インドの高温多湿な気候から、人々の汗やほこりなどによる匂いの問題も背景にあります。

また、香りの文化にも違いがあります。エスニックスパイシーな香りが好まれたりしているのです。

近年は、香木や香料の原材料が高騰しているために、安価に手に入る合成香料の使用が増えるのも時代の流れなのです。

合成香料の問題

このような背景から理解できるように、安価な合成香料から作られたお香は、頭痛を起こす要因になる場合があり、その煙には身体に有害な物質が含まれている場合があるのです。

住環境の変化

特に注意したいのが、住環境です。
昔、日本の家屋は風通しがあったのです。というよりも「すきま風」がある家が多かったのです。完全密封にはならない部屋の構造があったのです。

そのような家屋で「お香」を使用すると、自然に換気がされる場合もあり、快適にお香を楽しむことができる室内環境にあったのです。

また、ふすまの上の欄干には透かし彫りなどの煙を逃がす工夫がされていたのです。古いお寺などを思い出してください。お香の煙が四方へ広がるように設計されているのです。昔の人の生活の知恵がよく表れていると思いませんか?

現代の建築は部屋の密封性が高く、煙の逃げ場がありません。
例えば、タバコを吸う人が住んでいる家は、数年で壁が変色しますよね。

お香は伝統のあるお店がおすすめ

このような理由から、お香は日本の伝統のあるお店から手に入れてほしいのです
頭痛や煙のリスクが少なくなります。
また、安心して香りを楽しむことができます。
日本の伝統を愉しみませんか?

ほどよく、ゆったりと。たまに換気です

もうひとつ注意したいのが、換気と火の取り扱いです。
本来、お線香などの「火を使うタイプ」のお香は『残り香』を楽しむものなのですね。

お客様が来られる30分前くらいに、玄関で一本くゆらせて、おもてなしをするのです。

楽しむのですから「ほどよく」ということ、「ゆったり」ということが大切なのです。

住環境の変化で室内の風の流れが少なくなったので、ほどよくゆったり香りを楽しむことができますように。
時々香りが広がるように換気をされると良いでしょう

お香使用時の注意点はこちらで詳しく説明しています

スポンサーリンク

最初におすすめしたいお香は?

和のテイスト

お香は「和のテイスト」から始めることをおすすめします

いきなり「エスニック系」や「スパイシー系」の香りが合わなくて嫌な思いをするよりも、日本の伝統に培われたものを使用してみましょう。

伝統のある店舗で扱っているものは安心です。
「火を使うタイプ」のお香では頭痛や煙で嫌な思いをするリスクがとても低いのです。

最初にオススメしたいのがこの「堀川」です。

京都の香老舗の「松栄堂」さんが作られている「時を超えたベストセラー」です。

料亭や高級旅館でおもてなしに用いられています。

スポンサーリンク

合成香料

一般に流通している安価な商品は、合成香料が使用されていることが多いので、使用にはご注意ください。特に定期的な換気を忘れずに行うようにされると良いでしょう。

なお、同じ香りがするものでも、当日の体調や気分によって個人の感じ方には違いが出てきます。違和感を感じた場合は使用を中止することをおすすめします。

まとめ

それぞれの方に経済的な事情があるのは当然です。

天然素材の原料で作られたお香は、合成香料で作られたお香に比べると高価な印象を持たれるでしょう。

まず、本物の香りと出会ってほしいのです

日本人が、昔から変わらずに大切にしてきた香りです。
多くの人々から長い間親しまれてきた、伝統と格式のある香りを体験してほしいのです。

このような素晴らしい文化と親しんできた多くの先人方がおられるのです。
あなたとの出会いを待っている「香り」がきっとあるはずです。

人々に癒やしと安らぎを与え続けてくれている、本物の香りと出会ってください。

お香の効果についてはこちらで詳しく説明しています

自分よりも、先に旅立たれた方々を供養する時にも、柔らかい香りで心を整えて対することができるのです。

時空を超えた、もっと深いものが流れているのです。

お香をプレゼントとして贈りたい時には

お香の人気はリラックス効果のあるもの

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。