赤ちゃんの寝かしつけに有効なコツはコレ!効果的な6つの方法!

この記事は約7分で読めます。


1日の中で、最後にこなす育児が寝かしつけですよね。

寝かしつけをして、
子供が寝れば今日も1日が終わる!!
なんて思いながら寝かしつけをする人が多いかと思います。

しかし、眠気がないのか、
子供がなかなか寝てくれなくてイライラしてしまう…
なんてことありませんか??

でも、1日の最後くらい、
イライラせずに終わりたいですよね。

そんな寝かしつけを少しでもイライラせずにするべく、
試行錯誤した結果、
私が辿り着いた寝かしつけに効果あるのかも!!
と思ったことをご紹介します。

・眠気がなさそうな時は、無理に寝かそうとしない
・昼間に体を動かして遊ばせるようにする
・夕方まで昼寝をしなかった時は、昼寝なしにする
・横で寝たふりをする(これは、ママも本当に寝ちゃうこともあります。笑)
・寝る前の行動をパターン化する
・寝かしつけるときは、部屋を真っ暗にする等、寝る環境を作る。
スポンサーリンク

子供の寝かしつけをスムーズにするためには準備が大事!


夜、子供が早く寝てくれたら…
と思っている時に限って、
なかなか寝てくれなかったりしますよね。

 

私も、子供を寝かせた後、
まだ片付けなければならない家事があったり
見たいテレビがあったり(笑)

すると、
心の中で「早く寝ろー!!早く寝ろー!!」と、
呪文のように繰り返しています。笑

それでも、なかなか寝てくれない我が子に
イライラすることもありました。

そして私は、子供を早く寝かせるために、
昼間から準備を始めました。笑

天気が良い日は、外に出て遊んでみたり、
とにかく体を動かして遊ばせるようにしました。

 

特に夕方!!

夕方、気づくと寝てしまっていたりすることもあったので、
昼間の早い時間に夜ご飯の支度を済ませておいて、
夕方は子供と外で遊ぶ!!

とにかく体を動かせて
体力を使わせるようにしています!!

 

そして、寝る前の行動もパターン化しています。

 

夕方に遊ぶ→夜ご飯を食べる→お風呂に入る→歯磨きする→寝る

というように、
夕方に遊んだ後からの行動をパターン化し、
歯磨きが終わったら寝る!!
という流れを作っています(^-^)

 

これが子供にとって
寝る前の行動として体が覚えてしまえば、
歯磨きが終わった後、
自分から寝室へ行こうとしてくれたり、
寝室へ行くよう促すと、
素直に寝室へ行ってくれるようになります。

 

この寝る前の行動をパターン化するのは、
子供が覚えるまでは大変なことも
あるかもしれませんが、
覚えてしまえば寝かしつけが楽になりますよ(^-^)

「睡眠のメカニズムを知ると簡単!」オススメの読み物がコレ!

ママと赤ちゃんのぐっすり本

【内容情報】(出版社より)
子どもは大人のように、上手に寝れません。
だからこそ、ママやパパを悩ませる
「子どもの睡眠トラブル」が起こってししまいます。

本書では科学的なエビデンスに基づいた
「子どもの睡眠」解決プログラムを紹介。

ねんねトレーニングをいきなりしようとしても、
成功確率は低くなります。

まずは子どもに必要な「睡眠の土台」をしっかり作りましょう。

●おっぱい以外でこんなにすんなり寝たのは初めてです!(4ヵ月)
●「睡眠の土台」を整えたら、朝まで寝てくれました。睡眠不足で心に余裕がなかったのですが、今では息子にたくさん笑顔で接することができるようになりました。(7ヵ月)
●抱っこじゃないと寝つけない娘がわずか数日で睡眠改善が見られ、1週間後には1人でぐっすり眠るようになりました。家族一同感謝です。(6ヵ月)
●睡眠改善をし、ここまで家族の生活が落ち着くとは思いませんでした。(8ヵ月 双子)
●快挙です!昨日は19時に寝て6時まで寝ました!(1歳10ヵ月)
●嘘みたいに睡眠時間が増えました。「大好きだよ、おやすみ」と伝えて一人にしたら泣かずに5分以内に寝ました!(2歳)
●知っていることと知らないことは雲泥の差。(看護師)
●愛波さんのお陰で夫婦の会話時間が増えたことも精神衛生上プラスでした。(パパ)



スポンサーリンク

眠気がなくて寝てくれないときは諦めも肝心!?


夕方に寝てしまって、
夜、なかなか寝てくれない…
なんて日もありますよね。

そんな時は、無理に寝かせるのではなく、
我が家では、あえて遊ばせます。

 

寝かしつけようとしても寝ないんですから、
イライラしてしまうだけですよね。

だったら、起こしておいて、
その間に終わらせるべき家事を終わらせ、
自分もあとは寝るだけ!!という状態にします。

そしたら、子供と寝室へ行き、寝かしつけします。

 

この時、まだ子供が眠たくなさそうであっても、
自分は横で寝たふりをします。

家のことが終わってさえいれば、
このまま寝てしまっても大丈夫ですよね。

 

横で寝たふりをしている、
意外と子供もグズグズ言うこともなく寝てくれたりします。

私は、なかなか寝てくれないときにはよく使います。

 

効果的なBGMが有効なんです!オススメはこちら!

ママのための音楽CD

【商品説明】
授乳期のママの約7割が、
授乳に対して何らかの悩みやストレスを
抱えていると言われています。

母乳が足りているか分からない、
母乳が出ない、乳腺炎になって辛い、睡眠不足…。

1回の授乳にかかる時間が30分だとすると、
ママは1日に6時間も授乳に費やしていることになり、
これが1年ほど続きます。

その時間が心地いい時間であれば、
子育てがよりいっそうハッピーになるはず!

このCDは赤ちゃんを育てるママたちが
授乳ストレスを解消し、
ゆったりとリラックスした気分で
授乳できるように制作しました。

沖縄の子守歌“ファムレウタ”のカバーや、
ピアノと自然音をミックスした
オリジナル音楽を収録。

授乳時にリラックスすることで血の巡りが向上し、
身体がぽかぽかと温かくなります。

そして母乳の出が良くなるという
嬉しい効果を期待できます。

ブックレットには助産師であり、
マタニティアロマセラピストでもある
浅井貴子先生によるアドバイスを掲載。

授乳トラブルを予防するための
マッサージ方法やお悩み別の解決策など、
悩んでいるママやこれから授乳を始める方々に
ぜひ読んでいただきたい内容になっています。

やさしい癒しの音色に耳を傾けながら、
かわいい赤ちゃんと授乳という
スキンシップを楽しみましょう!

【収録楽曲】
1. まどろみの時間
2. ユメミテル
3. かくれんぼ
4. ファムレウタ
5. 間奏曲
6. Mother
7. ゆりかごのうた

【収録時間】
約58分

【備考】
◎音楽:広橋 真紀子
◎監修:浅井貴子(助産師&マタニティアロマセラピスト)

 

 

まとめ


1日の最後くらい、心穏やかに
イライラすることなく過ごしたいですよね。

イライラしたくないと思って寝かしつけたくても、
なかなか寝てくれなくてイライラしてしまう…
なんて人も少なくないと思います。

そんな時には、ここでご紹介したことを試してみて下さい。

 

全ての子供に効果がある訳ではないと思いますが、
ある程度の効果は期待できるかなーと思いますよ。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました