1歳の子育てでイライラのママへ!1分で気分転換出来る方法がコレ!

この記事の所要時間: 428


出産すると同時にスタートした育児も1年が経ち、我が子も1歳!!

この1年で、目まぐるしい成長を見せてくれる我が子に喜びを感じる瞬間もたくさんあったと思います♪♪

この1歳くらいの時期は、子供の目まぐるしい成長に、対応しきれずに戸惑うことが多い時期でもありますよね。

簡単な言葉を理解するようにもなり、ごく簡単な指示であれば理解してくれます。

しかし、わかっているのに言うことを聞いてくれなかったり、目を離した隙にイタズラをするようになったり…

子供が静かなときほど、何かイタズラをしてるんじゃないかと思ってしまいますよね。

今までは受け身でしかなかった子供が、自分で動き回るようになり、自我が出てき始め、育児に対してストレスを感じたりしやすくなる時期でもあります。

子供に対してイライラしてしまう…イライラをぶつけてしまう…

そんな時期を、どう乗り越えていけばいいのでしょうか??

そんな時にはちょっとした気分転換が必要です!

私が実践している「3秒で出来る気分転換の方法(しかも無料!)」をお伝えします!

スポンサーリンク

頭ではわかっているのにイライラしてしまう…


どんなママだって、イライラを子供にぶつけるのは間違っているなんてことは頭では理解しているんですよね。

でも、人間ですから、どうしても限界があります。

その限界がきたときに、イライラをぶつけてしまうんですよね。

赤ちゃんから幼児へと成長していこうとしている我が子が可愛いと思っていても1日グズグズ泣かれたり、イタズラしたり、言うことを聞いてくれなかったり…
そんなことが続けば、イライラしてしまっても仕方ありません。

そんなときは、子供に対してイライラをぶつけるのではなく、少しだけ1人になってみてください。

私も、イライラしてしまっていた時期がありました。

そんな時は、1人で寝室に行き、枕に顔をうずめ、思いっきり叫んでいました。笑

これ、意外とスッキリするんですよ♪♪

叫んだ後には深呼吸して、また子供たちないるリビングに戻ります。

たった1~2分くらいのことですが、これで気持ちを切り替えられますよ。

リビングに戻った後には、子供と遊ぶ時間を作ってあげてくださいね♪♪

子供と少しだけでも遊んであげることで、子供も、それまでグズグズ泣いて手に追えなかったのが、落ち着きを取り戻してくれるので、そしたら家事に戻ればいいんです(^-^)

イライラを子供にぶつけてしまった…


自分でもイライラが抑えられず、つい子供にイライラをぶつけてしまった…

そんな時は、自己嫌悪に陥り、罪悪感でいっぱいになりますよね…

イライラをぶつける前に、自分で発散するのが一番ですが、そうする間もなく抑えられず、イライラをぶつけてしまってから我に返る…なんて時も、たまにはあっても仕方ありません。

イライラをぶつけてしまった時に、そのままにしてしまうと、また同じように繰り返してしまいます。

なので、繰り返してしまわないようにするためにも、自分でしっかり気持ちを切り替えることが大事です!!

そして、自分で繰り返さないように言い聞かす意味でも、イライラをぶつけてしまった後には、しっかり子供を抱きしめてあげて下さい♪♪


スポンサーリンク

まとめ


1歳になると、子供も自分で動き回るようになり、いろいろなものに興味を持つようになるので、ビックリしてしまうようなイタズラをされたり、言うことを聞いてくれなくて「もう、いい加減にして!!」と、嫌になってしまったりすることも多いですよね。

でも、そのイライラを子供にぶつけてしまっては、子供はさらに泣くだけです。

自分も罪悪感でいっぱいになり、良いことが1つもありませんよ。

そうなる前に、少しだけ1人になり気持ちを切り替えが必要なんです。

もしも、子供にイライラをぶつけてしまったときには、しっかり抱きしめて、自分に言い聞かせて下さい。

そして、パパが休みの日などに、パパに子供のお世話を少しお願いするのもいいですよ。

ストレスを溜めてしまわないように、上手に発散しながら、子供との今だけの時間を楽しめるように過ごして下さいね♪♪

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。