引っ越しが安い曜日と月は?調べてみたらカラクリが分かった!

この記事は約5分で読めます。


引っ越しをする理由は人それぞれ。

転勤で家族で引っ越しをする人もいれば、
春から大学生になるに当たって
一人暮らしを始める学生さんもいらっしゃるかと思います。

はたまた、実家で家族と住んでいたけれど、
思い立って一人暮らしを始めてみよう
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

引っ越しをする時に使うことの多い引っ越し業者ですが、
引っ越し業者を利用するに当たって、
サービスはもちろん気になるところですが、
やっぱり料金がどれくらいかというのは一番気になりますよね。

引っ越しをする時期や期限が決められている場合はしょうがないですが、
サービスが同じなのであれば、
 できる限り安い時期の安い曜日に済ませたい というのが本音だと思います。

そこで、ここでは、

引っ越し業者を利用する際、
いつが安いのか?なぜ安いのか?
という、ちょっと気になって、
ちょっと得することをお伝えしていきたいと思います。


引っ越しの時期を選べる人なら必見です。
この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!
引越し侍の予約サービス

スポンサーリンク

引っ越しをするのに高い時期はいつ?それはなぜ?

多忙期は年度替わり

一般的に、引っ越しをする人が多くなる時期は料金が高くなります。

年度が変わる3月4月あたりでは、
大学に入学したり社会人となって一人暮らしを始める人も多く、
また仕事の異動が多くある時期でもあり、引っ越し業者の需要も高まります。

2月後半から4月前半にかけては、1年のうちで最も引っ越し料金が高くなります。

そういった時期はどうしても料金が上がりがちなのです。

なぜかと言うと、
やはり引っ越し業者も1件の引っ越しに対して
何人かの人手がいりますので、
引っ越しをする人が多くなる時期=人手が足りない
人員を確保しにくい時期となります。

また、需要があまりない時期には
トラックや人手を遊ばせておくよりは引っ越しの数を増やした方がいいので、
安くても請け負ってくれますが、こういった需要が高まる時期には、
時期的に多少料金が高くてもお金を支払ってサービスを受けたいと思うのは当然のことです。

引っ越しのために仕事を休めないということも多いので、
引っ越しを頼みたい人が殺到する土曜、日曜、祝日なんかも同じように料金が上がります。

特に、日曜に片付けをしたいと思うと、
土曜に引っ越しをしたいと思うのも普通ですので、
やはり土曜は業者も混み合うことが予想されます

スポンサーリンク

賃貸の入れ替わり時期でもある月末も引っ越しが集中する傾向にあります。

また、引っ越しは大きな出来事なので、
大安や仏滅など六曜を気にされる方もいらっしゃるかと思います。

やはり縁起が良いとされる大安は引っ越し業者も混む可能性が高いですね。

引越しがネット予約できるようになりました
日にちを選んで料金もらくらく比較!
引越し侍の予約サービス

いつ引っ越しをすればいい?


先ほどお伝えしたように、混む時期や曜日、理由がいくつかありましたね。

みなさんの需要が高まる時期には料金が高くなりますので、
時期や曜日を選べるのであればできる限りまわりとは逆の行動を取りましょう。

まずは時期


2月後半から4月前半の繁忙期が終われば
そこから夏にかけては引っ越しは落ち着きます。

また9月頃になると仕事の異動の時期にも差し掛かりますので、
それまでに引っ越しをしてしまいましょう。
その時期であれば値段交渉もスムーズにいくはずです。

次に曜日

土曜、日曜、祝日を避けて、月末も避ける。
となると、月初から中旬ごろの平日が狙い目ですね。

六曜なんかも気にして見てみましょう。
こだわりがないのであれば大安でない日をピックアップし、
そこから都合が良い日を選べば、
必然的に引っ越しをするのに穴場な日が割り出せると思います。

また、日曜であっても、
午後を選べば案外安く引っ越しを済ませられるかもしれません。

希望の日がだいたい決まればいくつかの引っ越し業者に見積もりを依頼しましょう。

多少面倒でも、見積もりは一社ではなく数社比較することをおすすめします!

同じ料金でもサービスが異なったり、そもそも料金が全然違ったりすることもあります。

断る場合には勇気が必要ですが(笑)
しっかり比較した上で業者を選んでくださいね。

まとめ


いかがでしたか?

時期や曜日を選べるのであれば、人の出入りが多く繁忙期となる2月後半から4月前半は避け、曜日も平日を選んだほうがいいということが分かっていただけたと思います。

 

引っ越しを安く済ませるためには、
いかにまわりの人と違う行動を取れるかにかかっています。

もちろん、引っ越し業者をしっかり比較して
多少のお値段交渉をすることもお忘れなく!

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました