引っ越しの手続きって何がある?便利な印刷用チェックリストも!

この記事は約5分で読めます。


引っ越しをするとき、どんな手続きをすればいいのかってよく分からないですよね。

実は、水道やガスなど引っ越しの直前に手続きをしては遅いものがあるんです。

また、転入届けなど引っ越した後にもやらなければいけないことって多いんですよね。

今回は、そんな引っ越しに関する手続きを、やらなければいけない順番でまとめてみました

そして、実際に使える印刷用のチェックリストもご用意しましたので、ぜひご活用ください!

スポンサーリンク

押さえておきたい!引っ越しの手続きリスト


先ほどお伝えしたように、手続きの内容によっては直前では遅いものがあります。

そして、引っ越してから決められた期間内にやらなければいけないというものもあるんです。

では、どんな手続きがあるのかご紹介していきます。

【引っ越しの1ヶ月前】

引っ越し業者の手配

土日は埋まりやすいので、早めに手配しておきましょう。

契約が早いほど希望の日にち、時間で引っ越しを行うことができます。
また、予約割引がある場合もありますよ!


住んでいる賃貸物件の解約

いきなり「明日出て行きます」というのは通用しません。

退去日の1ヶ月前には仲介業者へ連絡を入れましょう。

インターネットのプロバイダ契約変更

遅いところだと1ヶ月くらいかかるところもあります。

引っ越してからすぐにインターネットを使えるようにするために、こちらも早めに手続きを済ませておくのがベストです。

【引っ越しの1~2週間前】

転出手続き

最寄りの市区町村の窓口で『転出証明書』を受け取ります。

市内での引っ越しの場合、転入届だけで済む場合もありますので、事前に確認することをおすすめします!

転入届けを出すときに必要なので、なくさずに保管しましょう。
忘れるとまた取りに来る必要があるので、早めに済ませておいてくださいね。

児童手当の住所変更

『児童手当受給事由消滅届』を提出し、前年度の所得などを証明する『所得課税証明書』を発行してもらいましょう。

こちらも新居での手続きで必要になるので、なくさないようにしてくださいね。

郵便物の転送手続き

転送手続きをすると、1年間は自動で新居へ転送してくれます。

そうすれば、住所変更を忘れたものがあっても安心ですよ。

電気、ガス、水道の解約と開始手続き

それぞれ電力会社、ガス会社、水道局へ連絡しましょう。

電気・ガス使用量やお客様番号がわかる領収書を手元において連絡をするとスムーズにできますよ

【引っ越し当日】

電気、水道の使用確認

ブレーカーを上げる、水道をひねって水が出るかの確認をします。

もし電気や水道の手続きがきちんと行われていなければ、早めに連絡をしましょう。
また、使用開始申込書への記入も行ってくださいね。

スポンサーリンク

ガス開栓の立ち会い

電気や水道と違い、ガスは開栓をするときに立ち会いが必要です。

立ち会いの時間を忘れずに引っ越し作業を行ってくださいね。

【引っ越し後】

転入届け

転入届の手続きは引っ越してから14日以内に行ってください。

『転出証明書』が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

マイナンバーの住所変更

マイナンバーの住所変更も忘れてはいけません。

こちらも引っ越してから14日以内です。
身分証明書、印鑑、そしてマイナンバーカードを持っていってください。

児童手当の申請

引っ越し前にもらった『所得課税証明書』を持っていき、『児童手当認定請求書』を提出します。

引っ越してから15日以内に行わなければいけないので、こちらも気をつけましょう。

免許証の住所変更

最寄りの警察署や運転免許試験会場で行ってください。

運転免許試験会場では日曜日も行っていることが多いので、平日に休めなくても大丈夫ですよ。

クレジットカードの住所変更

クレジットカードに関しては早めに住所変更をしておきましょう。

郵便物の転送期間をすぎてしまった場合、新しいカードが以前の住所に届いてしまうので、要注意です。

預金通帳の住所変更

こちらも預金に関する通知など重要なハガキが送られてくる場合があります。

郵便物の転送期間をすぎてしまう前に変更しておく必要があるので、早めに行いましょう。

引っ越し前、引越し後ともに手続きって多いですよね。

何日以内に行わなければいけない、というものもあるので、忘れずに行うようにしてください。

スポンサーリンク

これで大丈夫!印刷用チェックリスト


漏れがないか確認しながら行うには、スマホの画面で見るより紙を用いた方が確実です。

以下の、印刷して使えるチェックリストを使うと分かりやすいですよ!

同じ内容のものを下記にも表示しています。

《引っ越し手続きリスト》

【引っ越しの1ヶ月前】
□ 引越し業者の手配
□ 住んでいる賃貸物件の解約
□ インターネットのプロバイダ契約変更

【引っ越しの1~2週間前】
□ 転出手続き
□ 児童手当の住所変更
□ 郵便物の転送手続き
□ 電気、ガス、水道の解約と開始手続き

【引っ越し当日】
□ 電気、水道の使用確認
□ ガス開栓の立ち会い

【引っ越し後】
□ 転入届け※14日以内
□ マイナンバーの住所変更※14日以内
□ 児童手当の申請※15日以内
□ 免許証の住所変更
□ クレジットカードの住所変更
□ 預金通帳の住所変更

忘れると大変な手続きもありますので、チェックリストできちんと確認しながら行うようにしましょう!

 

まとめ


引っ越しは事前にしっかり準備をしていても、当日になるとなぜかバタバタしてしまうものです。

私も何度か引っ越しを経験していますが、いつも慌ただしかった記憶しかありません。

ただ、手続きに関しては、バタバタしていて忙しい中でも忘れてはいけないものが多いんですよね。

ぜひご紹介したチェックリストを使って、やり忘れのないようにしましょう。

行う手続きをきちんと済ませ、新しい生活を気持ちよくスタートさせてくださいね!

応援しています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました