衣替えの収納術!さまざまな圧縮袋をご紹介!

この記事の所要時間: 248


衣替えの早いやり方といえば、使わなくなった衣類をタンスの引き出しごと変えてしまったり、使わない部屋に収納したりと、様々なやり方がありますね。

そんなことができたら良いのですが、ワンルームだったり、もうどこにも入らない!なんて思っている方にオススメの方法があるんです!

実は最近、圧縮袋というものがとても幅広く充実した品ぞろえになってきているのをご存知でしょうか。

私も客用布団を圧縮して使っています。
洋服だって圧縮できちゃいますよね。

少しでも小さくできるなら、できるだけ小さくして部屋の面積を確保したいものです。

今回は、さまざまな事情に合わせた、最近の多様な圧縮袋について、ご紹介します!

スポンサーリンク

入れるサイズで選ぶ

ご家庭では家族の大きさに合わせた服がある上に、服の厚さや長さなどもそれぞれ違うものですよね。

最近では100円ショップの圧縮袋でもS,M、Lだけではなく、トレーナー・セーター用やワンピース用など、さまざまなサイズの圧縮袋が用意されています。

あらかじめ圧縮したい服の写真を撮っておくなどして、サイズに合った圧縮袋を選びましょう。

家の事情で選ぶ

意外と忘れがちなのが、圧縮したあとの置き場。圧縮したはいいものの、それが布団だったりすると、まあそれなりのサイズにはなるものですよね。

そこで活躍するのが、吊るすタイプの圧縮袋です。

かさばる布団も、なんとクローゼットに仕舞えるんです!これは画期的ですね。

掃除機いらず!

実は我が家なのですが、掃除機がありません。
クイックルワイパーやコロコロを使えば何とかなってしまうので、持っていない、なんて方も最近は多いのではないでしょうか。

そんなとき、意外と困るのが、圧縮できない!ということ。

最近はそんな家庭も多いのか、手で圧縮するタイプの圧縮袋の数もかなり増えてきました。

大きなものの場合、何人かいるに越したことはないですが、一人暮らしならモノの力を借りて、自力で圧縮も掃除機いらずでできちゃうんです!

ケース一体型

圧縮したはいいけれど、そのまま置いておくのは不格好…
そんなお悩みを同時に解決してくれるのが、ケース一体型の圧縮袋です。

押入れなどのサイズにぴったりのサイズがあれば、一石二鳥で大変ありがたいグッズですね。

柄付きの可愛いものや消臭機能付きなど種類も豊富ですので、自分に合うものを探してみるのもオススメです!

値段で選ぶ

試しに1枚…というのであれば100円均一で買ってみるのもアリですが、やっぱり圧力が掛かるもの、やぶれにくい、高品質なものを使ってみるのも良いですよね。

例えば、リムーブエアーという圧縮袋は、逆止弁とエンボス加工で特許を取得しており、やぶれにくく空気が入りにくいのが特徴です。

デザインも色つきで可愛いので、少しお値段はしますが高い圧縮袋を購入してみるのもひとつの方法です。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

圧縮袋は、衣替え用以外にも旅行用にも役立てることができます。

買い物好きな人なら余計に、部屋やスーツケースの隙間は確保しておきたいものですよね。

圧縮袋を上手に選んで、できた隙間を有効活用しちゃいましょう!

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。