大晦日の食事のメニューは何にする!?鉄板オススメはコレ!

この記事の所要時間: 440


大晦日って忙しいですよね。

私自身もそうなのですが、大掃除やおせち作りでてんてこまいな人も多いのではないでしょうか。

そんな大晦日の食事ってどうしていますか?

忙しいけど、その年最後の特別な日だから、少し豪華なものが食べたいな、なんて思いますよね。

 

この記事では、私が調べていてオススメしたいと思ったメニューを紹介していきます。

ぜひ、忙しい大晦日のメニュー選びのヒントにしてくださいね!

スポンサーリンク

大晦日の夕食、オススメは手軽で豪華に見えるメニュー!


この記事では、「大晦日の夕食」に的を絞って考えていきます。

忙しい大晦日。なるべく食事の支度に手間をかけたくないですよね。
だけど、特別感は出したい。

大晦日の食事でオススメしたいのは、「手軽」で「簡単」、でも「豪華」で「見映えのする」メニューです。

具体的にいくつか挙げてみましょう。
 

① 手巻き寿司


パーティー料理の定番ですね!

大晦日はパーティーではないですが、手巻き寿司のパーティー感は大晦日にピッタリだと思います。

家族みんなでわいわい楽しく、思い思いに好きなお寿司を作る…

そんな風に一年を締めくくるのはいかがですか。

手巻き寿司は、酢飯と刺身、その他の具材を並べるだけでいいので楽チンですし、食卓いっぱいに並べられた手巻き寿司の材料は他に何もなくてもとても豪華に見えます。

 

② 鍋料理


鍋料理も、具材を切ればほぼ準備が完了するのでお手軽ですよね。

特に、いつもより少し奮発していいお肉を買って、すき焼きやしゃぶしゃぶなどをしてみてはどうでしょう。

ごちそう感がすごいと思いますよ!

年末に家族で鍋をつつくというのも、一年の締めにはピッタリですね。

 

③ オードブルや握り寿司を購入したり、宅配ピザをとる


もっとラクをしてしまいたいときは、買ったものでも全然構わないと思いませんか?

一年間家族のために家事に育児に仕事に働き、大晦日まで何だかんだと忙しい自分に、もしくは奥さん、お母さんに、年末最後の日は少しぐらいラクをさせてあげてもバチは当たりません。

年末は美味しそうなお惣菜がたくさんスーパーやデパートに並びます。

ぜひ利用して、一息つく時間を作ってみてはいかがでしょうか。
 

スポンサーリンク

大晦日の夕食を年越しそばにする場合は!?


大晦日の夕食を年越しそばにするご家庭もあると思います。

我が家でもそうしていますが、年越しそばだけでは少し寂しいかな、と感じます。

すぐにお腹も空いてしまいますよね。

それでも夕食を年越しそばにしてしまうのは、夕食後もう一回そばを用意するのが面倒なのと、そばなら家計にやさしいからです。

 


 

今まで挙げてきたオススメのメニューは、お金のかかりそうなものが多かったですよね。

その年の最後の日である大晦日に少しくらい贅沢がしたいと思いつつ、毎月家計簿とにらめっこしている主婦としてはなかなか財布の紐をゆるめるわけにもいきません。

私のような主婦の方も多いのではないでしょうか。

 

なるべくお金をかけたくないなら、大晦日の夕食を年越しそばにしてしまうのがオススメです。

 

さっき書いた「そばだけじゃ寂しい」「すぐお腹が空く」という問題をなくしてしまえばいいのです。

そうすれば、一年に一度大晦日にしか食べない年越しそばはとても特別な食事のメニューになると思いますよ。

 

具体的には、「そば以外に何か用意する」ことと、「そばをアレンジする」ことです。

 

例えば、そば以外にお寿司を用意する

お値段の張る握り寿司ではなく、いなり寿司や巻き寿司などでも充分美味しくて、お腹を満たしてくれます。

また、豪華に見せるなら、天ぷらを添えたり天ぷらそばにしてしまうのはいかがでしょうか。

天ぷらを買うにしても作るにしても、すき焼きの肉を買うよりは安く済みます。

我が家では、おせちに使うかまぼこや卵焼きを取り分けておいて年越しそばに乗せて食べています。

 

具材が増えると豪華に見えますよね!

また、なかには、ごちそう三昧の正月にそなえて大晦日の食事は質素に済ますという人もいるようです。

そういう人にとっても、大晦日の夕食のメニューを年越しそばにすることはオススメです。

 

まとめ


いかがでしたか?

大晦日の食事、経済的に余裕があるなら手間より少しのお金をかけて、手軽で豪華なメニューにすることをオススメします。

私のように、あまりお金をかけたくない人は「年越しそば プラスアルファ」で乗り切ってみたらいかがでしょうか。

忙しい大晦日の食事、なるべく負担が少なく、家族みんなが満足するメニューで一年を締めくくれるといいですね。

 

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました