京都駅でお香のおすすめは松栄堂!極上の香りはいかが?

この記事の所要時間: 559


京都は1000年の都と言われます。

その中でも宮中から庶民にまで親しまれてきた「お香」には伝統と格式があったのです。

ただの「いい香り」では終わらずに、深くて広い伝統の裏づけがあるのです。

歴史と共に今に受け継がれてきた、通をうならせる香りはいかがでしょうか。

京都駅を降りるとすぐに出会うことが出来る、実際に見て触れて香りを確かめることができる香老舗を紹介します。

地元の京都からの情報なので、ご安心くださいね!

スポンサーリンク

熟練の職人技が作り出す洗練された香り

松栄堂さんのホームページをくまなく見ると、しっかりと歴史と伝統が記されています。

中でも伝統について「心と手が生みだす繊細な香り」という一文がありました。

最後の封の段階まで、心を込めた手作りの伝統の技が生かされております。貴重で繊細な天然香料ゆえに要求される細やかな心くばり、最良の香は熟練した手と技、本物を求める心と研ぎ澄まされた感覚の全てが調和したときに初めて創造されるのです。伝統の技と心を重んじつつ、しかも最新鋭の技術革新にも意欲を燃やす。それでこそ「老舗」の信頼が保たれると考えております。

先代の方々が大切にしてきた香りは今でも十分に通用するのです。

例えてみると、クラッシック音楽が今でも多くの人に愛されているように、優れた良いものは時代を超えても変わることのない素晴らしさを伝えるのです

特に天然の香木を使用した香りは、いつまでも人々を魅了するのです

京都へお越しの際には松栄堂のお香がおすすめです

松栄堂さんはネットショップもあるのですが、京都へお越しの節には実際に香りに触れて、見て、感じてほしいのです。

京都駅には松栄堂の直営店が2箇所にありますよ!
それぞれの店舗を紹介しますね。

松栄堂『香音(かのん)』

京都駅ジェイアール京都伊勢丹10階

京都のお香と和雑貨のお店です。
季節感を大切に、和の小物を扱っています。

ウエブサイト

アクセス

京都駅の中央改札口を出て右へ50メートル(京都タワーの方角です)
伊勢丹10階にあります

松栄堂『薫々(くんくん)』

京都駅 八条口側1F アスティロード内

薫々でのみ販売中の「薫々シリーズ」をはじめ、楽しく使いやすいお香や
風雅な匂い袋など、さまざまな香りを取り揃えて皆様のお越しをお待ちしています。

ウエブサイト

アクセス

京都駅八条口1階へ 大阪方向へ進み、ユニクロの向かいにありますよ!

 

スポンサーリンク

本店では色々な香りが体験できます

『百聞は一見にしかず』ということわざ通り、100回聞いたことよりも、一度見て感じたことにはかなわないのです。

見て触って香りを感じることは、あなたにとって素晴らしい体験になることでしょう。

その中からお気に入りの香りを見つけられると良いですね。

イチオシは『塗香(ずこう)』

お坊さんがお経を読む時や、一般人が写経する場合に使用する『塗香(ずこう)』がおすすめです。

ほのかな香りが心と体を落ち着かせます。大切な時間をつつみます。

ウエブサイトはこちら!

アクセス

私もお客様が京都に来た時には松栄堂本店へ案内して塗香をおすすめします。

心を整えたい時や気分転換にも使えますよ。神聖なこころになるのが不思議です。

まとめ

香りは心を立て直したり元気にする力を持っています。
言い換えると「リフレッシュ」や「リラックス」の効果があるのですね。

保存にも優れていて、長く楽しむことができるお香の世界は深いですよ。
お香の深さを表しているのかこちらの記事です。

リラックスやリフレッシュについてこちらで詳しく!

私が松栄堂さんをおすすめする訳は、下記の記事で詳しく説明しています。

仕事に押しつぶされて弱っている時に、見るに見かねた方が香りの世界を紹介してくださったのです。

自分とお香の出会いについての記事はこちら!

おすすめのお香はこちらに!

お香の煙で頭痛がする方に読んでほしい記事はこちら

いかがでしたか?
毎日の生活をより健康的なものにする「お香」の力をもう少しだけ楽しんでみませんか?

あなたの人生が、今よりも少しだけより良いものになるはずですよ。

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。