子育てノイローゼかも?そんな時は誰かに相談するのが一番の解決策!

この記事の所要時間: 58

育児に追われているうちに、自分がいっぱいいっぱいになってしまって気づけば育児ノイローゼになってしまっていた…という人や、もしかして育児ノイローゼなのかな…なんて悩んでいる人もいるかもしれませんね。

育児は、何年もかけて人を1人育てていくわけですから、もちろん休みなんてありませんし、365日24時間、自分の時間軸ではなく、子供の時間軸で動かなくてはならないので、ストレスが溜まるのは当然です。

育児ノイローゼになってしまった人も、もしかして育児ノイローゼ??と悩んでいる人も、1人で抱え込むのはやめましょう!!

旦那さんや身内など、身近な人に話したり、電話で相談窓口に相談したり、ネットの掲示板などで相談してもいいですね。

育児ノイローゼと言っても、軽度から重度まで、人によって症状には差があります。

酷い場合には、ためらわずに病院を受診しましょう!!

スポンサーリンク

育児ノイローゼになってしまったら、自分ではどうにも出来ないの??


育児ノイローゼの克服方として、いくつか自分でやれることもあります。
次にご紹介しますね。

・1人の時間を作る

常に子供と一緒に過ごすのではなく、たまにでいいので1人の時間を作りましょう。

気分転換に美容院へこんだ1人で行ったり、買い物に出たり、子供と離れる時間を作ることで、気分もリフレッシュできます

なので、数時間でも旦那さんや親を頼って子供を任せ、1人の時間を作りましょう。

・完璧な育児を目指さない

育児ノイローゼになりやすい人には特徴があるんです。

  • 真面目で責任感が強い
  • 誰かに頼らず、1人で悩みを抱え込みやすい
  • 完璧主義なところがある

育児ノイローゼになりやすい人というのは、頑張りすぎてしまうんです

常に子供のことを考えて、こうしなければ。ああしなければ。等と、常に頑張っているため、余計にストレスを溜め込んでしまっています。

そんなに完璧にこなさなくても、手抜きをする日があってもいいんですよ

「今日は、まぁいっか!!」というくらいの気持ちでマイペースに過ごす日を作ってください。

頑張るのは決して悪いことではないですし、むしろ、素晴らしいことです。

しかし、頑張りすぎてしまうことでストレスを溜めて育児ノイローゼになっては本末転倒ですし、子供にとっても他の家族にとっても良くないです。

普段、子供と一緒にいるというだけで、充分ママは頑張っているんですから、家事も育児まで完璧にこなさなくても、あなたの頑張りはわかってもらえますよ。

・体験談を聞く

育児本を参考程度に読むのはいいと思います。

しかし、育児本の通りにいかないのが育児ですよね。

そんな時には、身近な人から体験談を聞いたりするのが一番ですよ。

子供が10人いれば、それぞれ10人の個性があり、また、みんながみんな同じようにしても、同じ結果を得られる訳ではありません。

なので、育児本だけを頼りにその通りならないからとストレスを感じるのではなく験談を聞いたりして、それを参考に、いろいろ試行錯誤していくといいですよ。


スポンサーリンク

外に出られない方にオススメ!

香りの癒やしはいかがですか?

アロマディフューザーがオススメなんです!

100ccの水に精油(アロマオイル)を数滴加えるだけ!
あとはスイッチ・オン!

たったこれだけでお部屋で数時間リフレッシュ出来るんです!

特徴
・火を使わないので火傷の心配なし!
・子どもの手の届かない場所へ設置すると安全です!
・3つのタイマーで時間がくると自動停止!お休み時にも!

自分を責めるのではなくて褒めるようにする!!


育児は思い通りにならないのが当たり前です。

思い通りにいかないからと、そこで自分を責めるのはやめましょう!!

試行錯誤して試した結果、失敗だった…なんて、よくある話です。

【失敗は成功のもと】なんて言葉があるように、失敗したからこそ得られることもあります

子供と一緒にゆっくり自分も成長していけばいい!!と、気楽に育児をしたらいいんですよ

試行錯誤して試した結果、それが失敗したとしても

「大丈夫!!自分は今、頑張ってるよ!!」と、自分を褒めてあげるようにして下さい。

まとめ

育児はうまくいかなくても当たり前ですし、気にすることなんてないです(^-^)

周りに相談するときには、自分はこんなに頑張っているのに!!と感情的になるのではなく

冷静に自分の状況を説明し、どうしたらいいかわからないということを伝えましょう。

そうすることで、周りの協力も得られやすくなりますよ(^-^)

育児ノイローゼは恥ずかしいことではないです。

一生懸命に頑張った人が見せる症状なんですよ。

なので、酷い場合には、ためらわず病院を受診するようにしましょう。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。