子育てストレスを軽減したい!イライラしない解消方法はコレ!

この記事の所要時間: 733


なかなか思うようにいかない子育てに、日々ストレスを溜めているママは多いと思います。

子どもがいると自分のペースで生活をすることができないですよね?

いくら子どもが可愛くても数時間なんとかなりますが、24時間となると耐えられなくなるのが現実です。

「自分の気持ちをコントロールしなくてはいけない」
「理想の母親にならなくてはいけない」

このように思いこんでしまうとさらにイライラして、些細なことでも子どもにあたってしまいます。

決して子どもを怒りたいわけではないのに、気がつくとずっと叱ってばかりで怒りすぎた自分に自己嫌悪、なんていうこと、ママならきっと心当たりがありますよね。

今回は子どもとうまく向き合いイライラしないようにストレスを解消する方法を紹介します

スポンサーリンク

おもいっきり泣いてみる


最近おもいっきり泣いたのはいつですか?

泣いて涙を流すことは、ストレス発散にはとても効果的なんです!

涙を流すことでリラックスや安らぎを促す副交感神経に切り替わるので、心が楽になったように思えるのです。

母親になってから涙もろくなったという方も多いと思いますが、産後の育児ストレスと関係があるとも言われています。

出産直後などは、ホルモンバランスが不安定になりマタニティブルーになりやすく涙もろくなるという事がありますが、育児中のママが涙もろくなることは自然にストレスを発散させようとしているという事につながるんですね。

子どもがかわいいと思えないことも許容範囲内に考える

「子どもをかわいいと思えない」

「自分の子どもなのに好きだと思えない」

という感情があっても決しておかしいことではありませんよ!

大事なことは、その感情がどのようにしておこっているのかを認めることが大切です。

まだ子育てに慣れないときに夜泣きが始まり、他のストレスが考えられえる原因が重なってしまいストレスが蓄積されていってしまいます。

今子育て以外にあなたの心に影響するような要因がないかどうかも考えてみてください。

あるようならばそれを解決できたり、理解したりすることで少し気持ちが軽くなるかもしれません!

けれど、なかなか自分のことを客観的にとらえるのは難しいものですよね。

身近な人に相談するのも大事ですし、各自治体には専門の相談員の方もいらっしゃると思いますので、話をしてみるのもストレス軽減のポイントになっていくでしょう。

深呼吸をしてみる

深呼吸をすると冷静に子どもと接することができるようになります。

実際にこの方法を取り入れて乗り切ることがあるというママの声もありました!

「怒り」を感じたらまず大きく2~3回深呼吸することをお勧めします。

そうすることで今度は副交感神経が作用し、イライラを抑えることができるのです。

ちなみに深呼吸がもたらす効果を意識してしないと意味がありません!

正しく行うことで健康にもよく一石二鳥になります。

自分をほめる


「ほめるところなんてない」とおもっているかもしれませんが、必ずありますよ!

子育てのことでほめられることはなかなかないですよね?

だからこそ些細なことでいいので、自分をほめてあげるとストレスが解消されます。

考え方ひとつでリフレッシュがじょうずにできるようになるんですよ。

次にそのことを見ていきますね。


スポンサーリンク

子育てで疲れを溜めない上手なリフレッシュ方法

子育てをしていく上で、疲れをいかに溜めないかは大切なポイントです。

特に、新生児~未就園児の間は、ママは常に子供と一緒の生活ですから疲れも溜まりやすいですよね。

新生児の頃は、授乳も2~3時間おきで、夜中も起きて授乳する生活が続きますから、常に寝不足です。

夜中の授乳が終わっても、生活の全てが子供中心になるので、行動も制限されてくる部分があります。

でも、そんな育児を辛い…疲れた…なんて思いながらすると、余計に辛く感じてしまったりするので、それよりは、楽しい!!と思いながら育児をしたいですよね。

最近では、育児ノイローゼになってしまう人も増えています。

育児ノイローゼがひどくなると、ネグレクトなんて恐ろしいことにもなりかねません。

可愛い我が子なんですから、育児ノイローゼになりたくてなる人なんていないはずなのに、育児ノイローゼになってしまう人が多いほど、育児は大変なことなんですね。

では、育児ノイローゼにならないようにするために、育児を楽しめるようにどうすればいいのでしょうか。

パパや身内を戦力にする!!


ママのリフレッシュのためには、パパや身内の協力が一番です。

パパが休みの日に、時々、1人の時間を作らせてもらってください。

最初は、1時間くらいの短い時間からパパにも慣れてもらって、慣れてきたら1人の時間に美容院など行ってもいいですね♪♪

最初はパパも、子供と2人の時間に慣れず、どうしていいかわからないとSOSの電話がかかってきたりするかもしれませんが、その時には、1人で頑張ってくれているパパに、優しく答えてあげて下さい(о´∀`о)

少しずつ、パパも慣れてくるので、電話が鳴ることもなくなります。

パパじゃなくても、実家が近いのであれば、実家に頼るのもいいですね。

実家であれば、気兼ねなく頼ることもできますし、育児を経験している分安心してお願いできると思います。

パパにも親にも頼れない…


中には、実家が遠いから頼ろうにも頼れないし、パパも仕事が忙しくて休みが少ないから、なかなか頼れない…なんて人もいると思います。

そんな人にオススメなのが、子育てサロン等の活用です。

今は、育児を応援してくれる取り組みが行われているところが多いです。
地域にもよりますが、ママ達の交流会をやっていたりするとこもあります。

他にも、ネットスーパー等、食材の宅配サービスを活用するのもいいですよ。

子連れでの買い物って、本当に大変です。
1人で行く時より時間もかかりますよね。
そんな買い物の時間をなくすだけでも負担が減ります。

天気の良い日には、子供と一緒に公園に行くのもいいですね。

公園で子供を遊ばせるというより、自分も一緒に遊んじゃって下さい。

自分も子供と一緒になって遊んで、体を動かすことによって、リフレッシュにも繋がりますよ♪♪

自分の環境を最大限に使うのがコツ!


パパや身内を頼れる環境にあるならばどんどん頼ってください!!

育児を1人でしなきゃ!!なんて思い込まないことです。

パパや身内を戦力にすれば、かなり負担が違います。

実際、私も3人目の時は、上の子たちが小学生ということもあり学校もあるし、実家に帰れなかったので不安でしたが、ありがたいことに、その事情を知ったパパの職場が育児休暇を取らせてくれたんです。

パパの育児休暇中は、上の子供たちのことも家事も、全てをパパがこなしてくれたので、私は、授乳のときだけ起きて、あとは子供と一緒に寝て、ゆっくりさせてもらいました。

これは、かなり嬉しかったです!!

しかし、そうも頼れない…という人も多いですよね。

そんな人は、子供といながらにして、いかにリフレッシュするか。それが大事です!!

公園で一緒に体を動かしたり、ママの交流会のような場所に足を運んで、ママ友達を作るのもいいですね(^-^)

せっかく産まれてきてくれた我が子ですから、上手に疲れを溜めすぎないよう、リフレッシュしながら、楽しく育児をしましょう♪♪

まとめ

今回の記事いかがでしたでしょうか?

子育てによるイライラが止まらずに怒鳴ってしまったり、自己嫌悪に陥ったりなどは、多くのママが経験しています!

たまには子供を預けてショッピングやお散歩やお昼寝ができたら最高ですが、預けられない時はとにかく一人になる時間をつくりましょう。

落ち着いてきたら、きっとお子さんは不安がっていると思うので、笑顔で接してあげてください。

子育てのイライラは一生ではなく、イヤイヤ期も小さいうちだけなのです。

子育てを協力し合いながら頑張っていきましょう!

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。