子育てが辛い…そんな時期があるのは仕方ない!その乗り越え方は?

この記事の所要時間: 429


出産と同時に育児が始まり、育児が始まると、一気に目まぐるしい日々になります。

もちろん、育児をしていく中で、幸せを感じられる瞬間も沢山ありますよね。

どれだけ疲れていても、子供の笑顔に癒されたり、子供の成長が目に見えたときに幸せを感じ、感動したりもします。

しかし、そんな良いことばかりじゃないのが育児なのも事実ですよね…

辛いと思う瞬間は、人それぞれだと思いますが、育児をしていく中で、辛いと思う瞬間は誰にでもあるものです。

「私、育児が楽しくて辛いと思ったことなんてありません♪♪」なんて人も、もしかしたらいるかもしれませんが、少なくとも、私の周りでは1人もいません。

いくら可愛い我が子でも、大変なものは大変なんです。辛い時は辛いんです。

そんな時は、どう乗り越えたらいいのか、また、これがいつまで続くのだろうか…なんて先が見えず、悩んで泣きたくなる時もありますよね。

今回の記事では、そんなあなたへ私の実証済みの解決方法を提案します!

スポンサーリンク

育児が辛い…投げ出したくなってしまう…


育児が辛いと感じてしまう瞬間があるのは、仕方ありません。

子供に振り回されてしまって、自分の思うように事が進む訳でもないですし、子供が言うことを聞いてくれないなんて時期もあります。

そんな事が続いてしまうと、ママもストレスが溜まり、投げ出したくなりますよね。私もそうでした。

私の場合は、年子の上の子供たちのイヤイヤ期が重なった時期でした。

何をするにも2人に「いやっ!!」と言われ、グズグズ泣かれ、本当に参ってました。

何もかも投げ出したくなり、どうしたらいいかわからず、泣きたくなる瞬間もありました。

投げ出したいと思っても、実際にそうする訳にもいかないですし、投げ出すこともしません。

いくら辛いと思っても、大変だと思っても、なんだかんだ可愛い我が子のため、家族のため、頑張れるのがママです。

だけど、それで疲れを溜めてしまっては、自分の体に影響が出てきてしまいます。

そんな時には、パパに子供を任せてもいいですし、子供を寝かせた後でもいいので、少しだけでも1人で好きなことをする時間を作ってリフレッシュしましょう♪♪

夜、子供を寝かせた後にゆっくりした時間を過ごすだけで、気分が違います。

スポンサーリンク

家事も育児も頑張りすぎないのがコツ!?

私が思ったのは、何でも完璧にやろうとするから辛いと感じてしまったり、時には投げ出したくなるほど追い詰められてしまうんじゃないかなぁ。ということでした。

家のことも子供たちのことも、私が1人でやらなければ。やるからには、しっかり抜かりなくなやらければ。なんて思っていました。

これでは、当たり前ですが限界がきてしまいますよね。

そこで、私は毎日全力でやるのをやめました!!笑

と言っても、最低限のことはやりますよ!!笑

・買い物は、基本的に週に1度にして、買い物をした日に下拵えできるものは 下拵えした状態で保存する。

・掃除を徹底的にやるのは週に1度で、あとは掃除機をかけるだけ等、最低限の 掃除だけにする。

・子供と遊ぶ時間を1日の中で1度は作って、その時間はとことん相手をする代わり あとは、多少、子供がグズグズしていても様子を見つつ、家事を優先してやる。

・子供が昼寝したタイミングで自分も寝不足のときは昼寝する。

これで、だいぶ違いました!!(^-^)

まとめ

何事もほどほどに、というのが一番ですね!

毎日、家事・育児に全力投球してしまうと疲れが溜まり、ストレスも溜まり、結果、育児が辛い…となってしまいます。

家事に関しては手抜きしようと思えば出来ます♪♪

買い物を週1にして、買い物した日だけ頑張って下拵えまで終わらせれば、あとはその下拵えしたものを仕上げていくだけなので、下拵えの時間がいりません(^-^)

これだけでも違いますよ。

あとは、パパに協力してもらったり、夜、子供を少し早く寝かせてから自分の時間を作って、少しでもいいので自分の好きなことをする時間を過ごして下さい!!

合わせて読みたい記事はこちら!

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。