PTA役員の仕事内容って?!ぶっちゃけ楽なの面倒なの?

この記事は約5分で読めます。


子どもが小学校に通い出すと、そわそわしてしまう方はいませんか?

それは、PTAの役員に選ばれるかも…という漠然とした不安があるからではないでしょうか。

忙しそう、大変そう、面倒そう。

PTAの役員にはそんな印象が付きまといますが、実際、役員になるとどんな仕事があるのでしょうか?

今回は、ちょっと気になるPTA役員の仕事について見ていきたいと思います。

前もって知っておけば、余計な不安は抱えずに済むかもしれませんよ。

スポンサーリンク

一体何をやっている?意外と知らないPTA役員の仕事

PTAという組織は、大きく2つに分けることができます

PTAの本部役員と、細かい役割をもった運営委員です。

それでは、本部役員と運営委員、それぞれの大まかな仕事内容を見てみましょう。

本部役員

学校によって役職の分け方や仕事内容はいろいろありますが、だいたいが以下の通りです。

  • 会長→学校の行事や式典での挨拶、地域のPTA関連会議への出席
  • 副会長→会長の補佐、学校や運営委員との連絡役
  • 書記→会議の記録、PTAからの文書(PTA便りなど)を作成
  • 会計→会計管理、予算の割り振り
  • 監査→会計の監査、行事等での手伝い

私の通った小学校での会長の仕事内容としては、他にPTA主催の行事の企画や進行も含まれていたように思います。

監査は、本部役員の経験者から選ばれることが多いようです。

PTAという組織にある程度精通しており、本部役員や運営委員を補佐する役割も求められるようです。

次に、運営委員です。

運営委員

本部役員同様、設置の委員会や仕事内容、呼び名はさまざまです。

クラス委員

PTA本部と一般のPTA会員(役に当たっている以外の保護者)をつなぐ役割があります。

保護者懇談会や親睦会の進行役といった役割もあるようです。

地域(安全)委員

通学路の立ち当番など、学校および周辺地域での子どもの安全にかかわる仕事をします。

ベルマーク委員

ベルマークの収集や、その点数の集計などが主な仕事内容です。

以上が、PTA役員としての主な仕事です。

簡単な説明ではありましたが、少しはイメージにつながったでしょうか?

スポンサーリンク

これって本当に必要?他にもあるこんなPTA役員の仕事


PTAの役員の仕事として、「地域活動の手伝い」というものもあります。

これはけっこうなクセモノらしく、大まかな言葉の中に雑多な活動が含まれているようです。

どういうものがあるのか、例を挙げてみましょう。

  • 夏祭りの手伝い
  • 地域にある花壇の水やり
  • 講演会などでの雑務

などなど。

どれも、地域=学校を取り巻く環境と思えば、妥当な仕事のようにも思えます。

しかし、PTAの活動はあくまでボランティアですよね。

おまけに、仕事を持ちながら役員をしている方もいらっしゃいます。

校内あるいは学校に直接関連する活動なら、まだPTAの仕事だと思えます。

そこを飛び出していくとなると、やはり不平不満は避けられないのかもしれませんね…。

まとめ

学校での仕事、地域活動の手伝い…。
こんなにもいろいろやらされて、しかもボランティアだなんて。
PTAの役員なんて絶対やりたくない!となるのは納得できます。

しかし、子どもが学校に通っているなら、避けては通れない道でもありますよね。

中には、一度も役員に当たらずに済む人もいるかもしれません。

それを、単にラッキーだと思いますか?

逆に考えると、PTA役員になることの利点とはなんでしょう。

「しっかりした人だ」と、他人に評価されるきっかけになるかもしれません。

しかし見えない所で、あなたの子どももその恩恵にあずかっているのかも…。

私の父は、PTAの会長をしていたことがあります。

そのことで、少なからず「私に対する」先生たちのポイントが上がったような気がします。

「○○さんのお父さんはPTAの会長をやって立派だね」のようなニュアンスで対応されるのです。

親を褒められるのは、子どもとして単純に嬉しかったです。

父のことで自分がよく思われているのにも、悪い気はしませんでした。

これはあくまで、当時の私の主観的な感想なので、実際がどうだったかは分かりません。

贔屓というほどの扱いを受けたわけでもありません。

 

「お父さんがPTAの会長をやっているから、あの子もしっかりした子だろう」

 

ただ、ぼんやりとした雰囲気として、そういうのはあったと思うのです。

先生たちとて、人間なわけですから。

つまり、あなたがPTA役員として仕事をすることは、間違いなく子どもの役にも立っているということなんです。

子どもの学校環境をよくしていく、という間接的な部分

そして、私の場合のような直接的な部分とでです。

当然ながらその逆もあって、いい加減なことをすると子どもに迷惑をかけることにもなりかねません。

PTAの役員に当たってしまったら、やっぱり面倒だなと落ち込むかもしれません。

しかし、なってしまったら頑張るしかないのです。

永遠にPTAの役員ということはないのですから。

あなたの頑張りは、確実に意味のあるものになるはずですよ。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました