余ったおでんのだし活用法!簡単&失敗なしのリメイクレシピ7選!

この記事は約5分で読めます。


寒い冬にぴったりの食べ物といえばお鍋ですが、もう一つ外せない食べ物といえば…そう、おでん!

家族で食べると身も心も温まり、お酒のおつまみとしても最高の一品と言えますよね。
でも、家でおでんを作るとどうしてもだしが残ってしまいがち。

だしだけだとどのように調理すれば良いのかわからないので、勿体無いとは分かっていても捨ててしまっている…

なんて方、いらっしゃいませんか?

実はこのおでんの残り汁、たくさんの使い道があるのです!

お料理初心者にとって一番難しいのが味付け。
しかし、たくさんの具材からうま味がたっぷり出ているおでんの残り汁は、だしが効いて香りも味付けも完成しているので、どんな料理も手軽に作れてしまうのです!

今回はそんなおでんの残り汁を使った数あるリメイクレシピの中から、誰でも簡単&失敗なく再利用出来るレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

おでんだしの再利用!リメイクレシピ7選

1. 雑炊


王道!シンプルに雑炊でいただきましょう。

だしにご飯を入れ煮立ってきたら、溶き卵を回しかけ蓋をします。
トッピングはお好みでネギを散らしたり、海刻み海苔をまぶせば完成!

具材から出たうま味がお米一粒一粒まで染みていて、何杯でもお代わりしたくなる最高の一品になります。

また、洋風アレンジとしてトマトケチャップ、ピザ用チーズをプラスするとリゾットに大変身!

おでんを食べ終わった後の〆料理としても良いですね。

2. だし巻き卵


おでんの残り汁を使うだけで居酒屋や料亭で食べるようなだし巻き卵が簡単に作れます。

だしが多いと巻きにくくなりますので、お好みで調整してください。

こちらは卵一つあれば出来る一品なので、チャレンジしやすいのではないでしょうか?

だしと卵の優しいコラボレーションでなんともホッとする味に仕上がります。
また、お好みで刻みネギや紅ショウガを加えると、さらに本格的なだし巻き卵の出来上がり!

たまご好きさんには是非試していただきたい一品です。

3. お浸し


小松菜やホウレン草のお浸しに、だしを使うだけです。

野菜を湯がいて水気を切って、だしを加えるだけなのでとっても簡単!

味見をしてみて、必要なら砂糖、醤油で味を調整してください。

出来立てよりも冷めてからの方が味が馴染んでさらに美味しくなりますよ

スポンサーリンク

4. うどん


具材のうま味たっぷりのだしを使えば、思わず最後の一滴まで飲み干したくなる美味しいうどんになります。

お好みで味噌をプラスしたり、カレールーまたはカレー粉を入れたりと、うどんだけでも幅広いアレンジが出来ます。

顆粒だしでは表現出来ないコクやうま味が詰まった美味しいうどんになりますので、色々試してみてはいかがでしょうか。

また、うどんが合うならパスタだって合わないわけがないのです。

ニンニクチューブとネギさえあれば、うま味たっぷりで本格的な和風パスタの出来上がり!

お好みでブラックペッパーを振るとさらに美味しくなるんだとか。
だし多めに作ってスープパスタにするのも良いですね。

5. 炊き込みご飯


ご飯を炊く時に入れる水の代わりにだしを使うだけで、本格的な炊き込みご飯が出来ちゃいます!

お米を研いで炊飯器へ入れ、だしを入れたら一度味見をしておきましょう。

汁の味が濃いと思ったら水を足して、反対に味が薄いと思ったら醤油小さじ1とみりん小さじ1を何回か加えて味を調整してください。

残ったおでんの具材があれば、細かく切って上に乗せて炊けば完成!

残ったおでんの具材があれば炊き込みご飯のためにわざわざ食材を買い足さなくて済むので経済的。

お米さえあればすぐに出来るのも魅力的ですよね。
練り物の良いだしが効いているので、いつもと違った奥深い味の炊き込みご飯の出来上がりです。

6. お好み焼き


驚きの変化球!お好み焼きにもなるんです。

キャベツ、薄力粉、卵を追加してだしと混ぜればタネの完成。

豚玉がお好きであれば豚バラ肉をカリカリに焼いてから、上にタネを流し込んで焼いていきましょう。

残ったおでんの具材があれば、細かく刻んでタネに入れるとうま味たっぷりの和風のお好み焼きになります。

7. 茶碗蒸し


茶碗蒸しって作るのが難しそうなイメージがありませんか?

だしが命と言っても過言ではない茶碗蒸し。

カップ1杯のだしに対して、卵1個をプラスするだけで簡単に出来るのです。
一から作ると手間がかかりますが、これならとっても簡単に繊細な味の茶碗蒸しが作れます。

おでんの具材が余っていればそれらを入れても良し、鶏肉やかまぼこを入れて食べ応え満点にするのも良し。

最後に飾りの三つ葉を乗せれば、本格的な茶碗蒸しの出来上がりです。

まとめ

おでんの残り汁一つでこんなにもアレンジが出来るなんて、毎日晩御飯の献立に頭を悩ます主婦にはありがたいですよね。

もはやリメイクするために具材もだしも多めに仕込んでおくと良いかもしれません♪

たくさん作っておいて、ラクしちゃいましょう!

メインから副菜にも変身出来るおでんの残り汁。
二度楽しめるだけでなく、どんな料理も手軽に作れて失敗なし!

リメイクレシピ、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事はこちら!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました