生チョコの人気ブランド★代表選手 ROYCE に迫る!

この記事は約5分で読めます。


生チョコといえばこれ!ROYCE’に迫る!

みんな大好き生チョコ!

生チョコって1度食べると癖になりますよね!

口の中でとろけていく触感がたまらなくついつい食べる手が止まらなくなってしまいます。

バレンタインでも生チョコを作って渡す方って多いですよね!

この記事では、みんなが大好きな生チョコを販売している誰もが知っているお店「ROYCE’」に迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

ロイズとは…?

ロイズはこんな会社なんです!

まずは簡単にロイズの紹介からしたいと思います!

ロイズは2018年で創業35周年を迎えた有名なチョコレートのお店です。

「北海道の地で本場・ヨーロッパに負けないチョコレートをつくりたい」

このような理念でロイズが始まったのです!

生産拠点は北海道にあり、よく北海道土産でロイズのチョコをもらったことがある方も多いのではないでしょうか?

北海道の直営店のみならず空港の免税店、石垣島の販売店、そして通販で購入することができます。

なかなか買いに行けない!というあなたにとって通販ほどありがたいものはないですよね。こういった形でロイズは全国どこにいても購入することができます。

こちらもチェック!

主力商品

ロイズといえば生チョコですが、そのほかにもクッキーや焼き菓子、アイスクリーム、そしてポテトチップチョコレートなど様々な種類のお菓子が販売されているんですよ!

そして季節のイベントとして、イースターやハロウィンなどかわいい限定商品が販売されるので、ぜひその季節になったら一度チェックしてみてくださいね!

また、のしを付けられる商品も用意されているため、御礼や季節の挨拶などのギフトにも利用できます!
豊富な種類の詰め合わせがあるので、なにを渡そうか悩んでしまいそうですね。

さて、次はロイズの中のNo. 1商品、生チョコに迫っていこうと思います。

やっぱりNo1は…?

ロイズの代名詞とも言える生チョコはやっぱり人気No. 1!!

生チョコの味も何種類もあって何にしようか悩んでしまうくらいです!
そこで、まずは生チョコ人気フレーバーベスト3から発表していきましょう!

1位 オーレ

オーレ

ロイズの生チョコレートの代表作[オーレ]は、こだわりのミルクチョコレートと北海道の生クリームを使って、やさしい味に仕上げた正統 派のおいしさ。
お口の中で、甘さがまろやかに溶けていきます。
風味付けには、「チェリー マルニエ リキュール」を使用しています。

2位 抹茶

すがすがしい抹茶の風味広がる

ホワイトチョコレートに、香り高い抹茶と生クリームを練り込んでつくった生チョコレート。
すがすがしく香る抹茶の風味は、ホワイトチョコレートと生クリームのまろやかな味わいとぴったり。
後味はすっきりと仕上げました。

3位 山崎シェリーウッド


芳醇に香り立ち、広がる甘い余韻

ロイズのために特別にヴァッティング(※)されたオリジナルシングルモルトウイスキー「山崎シェリーウッド」を、ミルクチョコレートにブレンドしました。シェリー酒の貯蔵に使われていた樽での熟成が育んだ、甘い果実のような風味を感じられるウイスキーとミルクチョコレートの出会い。なめらかにとろける奥深い味わいと余韻を楽しむことができます。

※ヴァッティング:モルト原酒を混ぜあわせること。

やはり1位は王道のオーレですよね。
オーレはミルクチョコレートと北海道の生クリームを使った正統派の美味しさです。私も毎回必ず買ってしまいます。

2位は意外にも抹茶!
抹茶独特の味わいがホワイトチョコと合うんだそうです!

3位は山崎シェリーウッドです
一瞬どんな味?と思いますよね。
お酒が大好きな方も苦手な方にも支持されているんですよ!
少量だけでも芳醇な味わいを楽しめますよ!

このほかにもホワイトやビター、マイルドミルク、シャンパンなどたくさんの種類が用意されています。

そして、普通の生チョコ以外にも、生チョコプラリネと呼ばれる生チョコレートを中に閉じ込めた一口サイズのショコラも人気のようです!

見かけは普通のチョコレートなのに、口の中に入れたら生チョコが!!なんて美味しいに決まってますね!

これらのチョコレート、気になるお値段ですが生チョコだと20個入りで777円〜
生チョコプラリネは12粒入りで735円と非常にリーズナブルですよね!
ついつい一箱で収まらずにたくさん買ってしまいそうです!
スポンサーリンク

まとめ


いかがだったでしょうか?

あなたに少しでもロイズの魅力が伝われば嬉しいです!

この記事を読んでなんだか生チョコ食べたいなぁと思ったあなた!

いますぐ通販でポチっとしてしまいましょう!

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました