日焼け止めはメンズの敏感肌にオーガニックがおすすめです!

この記事の所要時間: 713

SONY DSC

年齢を重ねると、気になるのがシワやシミです。

隠そうと思っても、顔は隠せないのがツライところ。

おじさんだって日焼け対策が必要なのです

シワやシミ、皮膚がんの原因の紫外線には要注意です

どうしても露出する肌には日焼け止めが欠かせないのです。

そこでおすすめしたいのがオーガニックの日焼け止め

どうせ使うならカラダにいいものですよね

メンズの肌は実は敏感なのです。そのへんもしっかり説明しています。

スポンサーリンク

メンズだって日焼け止めが必要

なぜ日焼け止めが必要なのか?

多くの研究によって、紫外線を浴びすぎると人の健康に影響があるということがわかってきたのです。

紫外線は太陽光線の一部なのです

紫色に近い、目に見えない太陽光線のことを紫外線というのです。

<出典:気象庁ホームページより>

紫外線の特徴

太陽光線の中の紫外線(UV)が私たちの肌に悪さをするんですね。

驚くことに、紫外線全体の3分の2が私たちの肌の中まで届くのです。
肌の中まで届く紫外線がUVAUVBなのです。
この肌の中まで届くということが紫外線の特徴なんですね。

日焼けの原因となるのが紫外線

太陽光線のうち、皮膚の中まで届く紫外線が問題を起こすのですね。
この紫外線が皮膚に届いて「日焼け」という状態になったりするのです。

「日焼け」とは、紫外線を浴びることにより皮膚が炎症を起こしたり皮膚の色が変化したりすることなんです。 その結果、皮膚が赤くなったり皮が剥けてきたりするのですね。
日焼けの原因は紫外線ということだったのです

紫外線の特徴から効果的な対策と時期についてはこちらで詳しく

日焼けは「紫外線による急性傷害」

あなたにも経験があると思いますが、海水浴などで日焼けをして、数時間後から赤くひりひりした炎症が起こって、8時間から24時間でピークとなるあの痛み、ありませんでしたか?かなり広い範囲で皮がめくれてびっくりですよね。これは紫外線の影響で皮膚に炎症が起こったことが原因です。紫外線による急性傷害なのです。

シミやシワ、腫瘍(良性・悪性)は「紫外線による慢性傷害」

長年日光を浴び続けていると、皮膚のシミやしわ、ときには良性、悪性の腫瘍が現れてきます。お年寄りの顔や手の甲に見られるこれらの変化は、一般に加齢による老化と思われがちですが、実は生理的な加齢に加えて、紫外線による慢性傷害によって生じる光老化の結果であり、光老化は加齢による自然の老化とは異なり、適切な紫外線防御対策により防ぐことができるものです。
紫外線に関連してできる皮膚の腫瘍には良性のもの(脂漏性角化症)と悪性のもの(皮膚がん)があります。
UV-Bのばく露と関連することが知られている皮膚がんとしては、前がん症である日光角化症と有棘細胞がん、そして、基底細胞がん、黒色腫のなかの悪性黒子型黒色腫と表在拡大型黒色腫があります。日光角化症の段階で治療すれば生命に関わることはありませんが、治療しないとより悪性化し、転移すれば生命に関わります。環境省『紫外線 環境保健マニュアル』

日焼けしてからの手入れでは遅い!

日焼けしてからローションなどで肌の手入れをすることは、ひりひりとした日焼けの痛みを抑えるなどの効果はあるとされています。しかし、皮膚の老化を防ぐなどの長期的な予防効果は少ないと考えられます。
長期的な健康への悪影響予防のためには、紫外線の浴びすぎを防止することが重要です。
環境省『紫外線 環境保健マニュアル』

紫外線を防ぐためには

<対策>

①紫外線の強い時間帯を避ける。

②日陰を利用する。

③日傘を使う、帽子をかぶる。

④衣服で覆う。

⑤サングラスをかける。

⑥日焼け止めを上手に使う。

<出典:環境省『紫外線 環境保健マニュアル』>

ここからも理解できるように、どうしても露出する肌には日焼け止めが欠かせないのです。

しっかり防ぐ日焼け止めはオーガニック

どうせ使うならカラダにいいオーガニック

オーガニックの日焼け止めとは

化学的な成分をほとんど使用しないで、自然由来の成分を中心に作られた日焼け止めのことです。

自然由来の成分は、敏感肌でも使いやすいように作られたものが多いのが特徴です。肌にやさしい成分を選りすぐって作られたものもあります。

男性は毎朝のひげ剃りで、多少なりとも肌にキズがつきやすいのです。さらに汗をかいたり乾燥したり、思っている以上に男性の肌はデリケートなのです。

そのような訳で肌にやさしいもの、特にオーガニックのものが男性にはおすすめなのです。

キャメロン&ガブリエル社の『ヘヴンヴェール』がベストチョイス

商品の説明

~日焼け止め選びでお悩みの方へ~

①界面活性剤を一切使用せずに水と油を乳化できる革新的製法の「三相乳化(特許製法)」を採用し、「界面活性剤・ナノ粒子散乱剤・紫外線吸収剤・シリコン・合成着色料・タルク・エタノール・パラベン・鉱物油・合成香料」の合計で10個もの肌に優しい低刺激な無添加処方を実現しています。

②白浮き・モロモロ・肌ストレス・ツッパリ感は全くなく、一日中潤いが持続します。

③水や汗に強いウォータープルーフなのに洗顔料で簡単に落とせます。

④テクスチャーが「クリーム→乳液→化粧水」のように変化する新感覚のみずみずしい軽やかな使用感です。

⑤毛穴やくすみをナチュラルに補正し、輝くような艶肌をロングキープします。(一般的なBBクリームのような色補正効果はありません)

⑥フランス産まれの3つの先進エイジングケア成分などの厳選美容液成分85%(精製水含む)により、使うたびに素肌まで美肌へと導きます。

⑦爽やかな天然精油の香り。 キャメロン&ガブリエルは2010年の創業以来、「安心の先にこそ、真の美肌が約束される」をモットーに、「目新しさ」や「天然=安心」といったイメージを追い求めるのではなく、自然界の恵みと先進の成分の良い面のみを各製品ごとに取り入れたナチュラルサイエンスな化粧品の開発・製造・販売を行っています。

スポンサーリンク

まとめ

自分のことで恐縮ですが、数年前に他界した母が生前にいつも言っていたことがありました。

「あんた、顔、赤いんじゃないの?」
「日焼けは良くないよ」

こんなことをよく言われました。
自分では今も遺言のように心にささっています。

ビールが好きで、ほとんど毎日楽しんでいるアルコールのことを注意したかったのか、それとも日焼けした顔が赤ら顔に見えたのかどうか、今では分からないのです。

ヨメがこの話をおぼえていて、それからヨメが私の日焼けに気をつけてくれるようになったのです。

いくつかの日焼け止めを試したのですが、オーガニックのものが一番しっくりしています。

先に紹介したものを使うようになって、ほとんど日焼けはしていません。
「焼けたかな」と思っても、3日くらい経つと元に戻っている感じです。

使用感は人それぞれでしょうが、自信を持っておすすめします。

合わせて読んでほしい記事はこちらです

この記事はこちらのサイトを参考にしました。
気象庁

日焼け – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

環境省 環境保健マニュアル

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。