カーネーションが枯れる7つの原因を解説!長く楽しむコツ

この記事は約6分で読めます。


お子さんのいらっしゃる方は、
母の日にカーネーションをもらうこともあるでしょう。

鉢植えでプレゼントされたら、
ぜひ長くもたせたいものです。

せっかくのプレゼントなのに、
早速枯れてきてどうしよう!となっていませんか?

カーネーションが枯れてしまうのには、原因があるのです。

この記事では、その原因を7つ紹介します。

スポンサーリンク

カーネーションの枯れる7つの原因!こんなことやっていませんか?


カーネーションが枯れてしまう主な原因を7つ挙げてみます。

大切な人からいただいたカーネーションを大事に長く楽しみたいですよね!

今までに何度か枯らしてしまったり、悲しい思いをした方は必見です。

 

楽しみは賢く上手に、そして長く楽しみたいですよね。

心当たりのある方は要注意ですよ!

 

●ラッピングのまま飾っている


プレゼントだと、
鉢にビニールやリボンをして可愛らしく包装してあるものが多いですね。
もらったそのままで、カーネーションを飾っていませんか?

全体がビニールなどで覆われたままだと、カーネーションも息苦しいのです。

それが、枯れる原因のひとつにもなります。

ラッピング状態のものは写真に撮るなどして、
もらったらすぐに包装は外しておきましょう。

 

●鉢が小さい


プレゼント用のカーネーションは、
小ぶりな鉢に収められて全体的に可愛らしい印象がありますね。

実はその鉢の小ささが、カーネーションにとってよくないことも。

私たち人間でも、狭い場所に押し込められるのは嫌ですよね。

カーネーションも同じで、
小さな鉢の中は、もしかしたら根でいっぱいかもしれません。

狭い鉢の中で根が充満しているのは、
植物にとってよくないことです。

カーネーションの調子が悪いようなら、
ゆとりのある大きな鉢へ植え替えてあげましょう。

 

●花は咲くままで放置している


次々に花を咲かせるカーネーション。
咲いていたものが散ってしまっても、
また次のが咲くから…と放置していませんか?

しぼんだ花を放置しておくのも、実は枯れる原因になるのです。

そういう花は、さっさと取り除いてしまいましょう。

また、たくさん蕾があっても、
中には未熟のまま咲かないものもあります。

優しく触ってみて中身がないような感覚なら、
その蕾も取ってしまいましょう。

花がらや未成熟の蕾を取り除くことで、
残りの部分に栄養や日光がいきわたるのです。

 

●日光不足、水不足


植物を長くもたせるための大前提に問題があるかもしれません。

カーネーションの鉢は、
しっかりと日光の当たる場所に置かれていますか?

水やりも、忘れていませんか?

日光と水が不足するということは、
私たちが飲んだり食べたりできないのと同じことですよね。

それでは、枯れてしまうのも無理はありません。

カーネーションは比較的強い植物なので、
いっそ屋外に置いてしまっても大丈夫です。

その際は、日当たりのよい場所に置きましょう。

水は、表面が乾いたらたっぷりとやるのが基本です。

水やりに関しては、やりすぎもよくありません。

表面が乾いているか迷うくらいなら、
水やりは少し先延ばしにしてもいいでしょう。

たくさんやりすぎても、根腐れを起こす原因にもなります。

 

●そもそも、もちが悪い

これを言っては元も子もないですが、
母の日のプレゼント用に出回るカーネーションは
もちが悪い場合もあります

プレゼントしたときが、
そのカーネーションの一番の見ごろにしてあることも多いのです。

そうなると、あとは枯れてゆくばかり…。

先にご紹介したことを試しても枯れていくようなら、
それが寿命なのかもしれません。

そのカーネーションが咲いている限り、
楽しむことにしましょう。

 

枯れないカーネションもあるんです!


それがプリザーブドフラワーなのです。

 

最新の技術で枯れずにキレイにずっと長持ちなんです!

その上、水やりが不要でお手入れも楽々

 

プリザーブドフラワーとは?

『プリザーブ(prezerve)』は英訳すると「保存する」という意味になります。

枯れることなく、本来の花の美しさをそのまま閉じ込めてしまったーーー

まるで魔法の方に、時間が止まったような…

それがブリザードフラワーなのです。

特殊な液を吸わせることで、

花本来の美しさを長時間保たせることを可能にした

アレンジメント技術です。

 

スポンサーリンク

来年も会いましょう!カーネーションが咲き終わったら…?


長く咲いたカーネーションも、いつかは枯れてしまいます。
枯れたら、後は処分するしかないのでしょうか?

そんなことはありません!

やり方を知っていれば、そのカーネーションを次につなげることもできますよ。

●切り戻しをする


すべての花が咲き終わったカーネーションは、茎を1/2くらいの長さまで切ってしまいます。

これを、切り戻しといいます。

花が咲き終わっても蕾が出てきますが、
こちらも思い切って取り除きましょう。

余分な蕾や茎を切ることで株全体の密度を下げ、
風通しがよくなります。

カーネーションは茎がたくさん出てくる植物なので、
そのままにしておくと株が蒸れて病気になってしまうのです。

切り戻しをした株は、
肥料を与えておくと秋にもう一度花が咲くことがあります。

 

●挿し木する


カーネーションの挿し木は、春か秋に行うのがよいとされています。

やり方を簡単にご紹介しましょう。

中心の茎から出ている若い茎を、
長さ10~15cmほどに切ります。

切った茎に残る葉は、
先端部分の数枚を残して取り除きましょう。
切った茎は、数日間水に浸けておきます。

これを、挿し木用の土に挿します。
このとき、
切り口をつぶさないように丁寧に挿してくださいね。

茎を挿した鉢は、
土の乾燥を防ぐために水を張った受け皿に乗せておきます。
根が出たら、ちゃんとした鉢に植え替えましょう。

 

このように、
やり方さえ知っていれば長く楽しめることが分かりますね。

いろいろな株を残しておいて、最終的には地植えにしても!

母の日は毎年くるものですから、
いろんな種類のカーネーションが集まりそうですね。

 

まとめ

切り花は枯れてしまうとおしまいですが、
鉢植えのカーネーションは次々に花が咲くのが楽しいところですね。
植物のパワーが続く限り、適切な管理で枯れないようにしたいものです。

今回ご紹介させていただいた枯れる原因は、
悪気はなくてもついやってしまうものも多いですよね。

ラッピングのまま飾っておきたい気持ちは、私にも覚えがあります。
しかしやはり植物なので、元気に花を咲かせるのを見たいですよね。

原因が分かれば、それを避ければいいだけのことです。
カーネーションの嫌がることはせず、長く元気に頑張ってもらいましょう!

私の息子たちはまだ小さく、
もらうプレゼントはせいぜい保育園で描いた似顔絵というところ。いつかカーネーションの鉢植えをもらって、
それを長く咲かせることが密かな楽しみだったりします。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました