クリスマスメッセージをステキな英語で!使えるフレーズ特集!

この記事の所要時間: 737


クリスマスには、家族や友人に宛ててクリスマスカードを贈る人もいるでしょう。

いつものメッセージも、英語で書くとカッコいいと思いませんか?

クリスマスに贈るメッセージにはいくつか例があり、覚えておくと重宝しますよ。

今回は、クリスマスに使える英語のメッセージをご紹介します!

スポンサーリンク

クリスマスこそメッセージは英語で!覚えておきたい10のフレーズ!


クリスマスによく使われる、英語のメッセージを10個集めてみました。

友達や恋人、付き合いのある外国の人にメッセージを贈ってみましょう!

●With best wishes for Merry Christmas.

(クリスマスの幸運をお祈りします)
↓↓
シンプルながら、誰に対しても使える一般的なタイプのメッセージです。

with best wishes for~は、「~をお祈りします」という意味であらゆる場面で使えます。

使える英語の表現として、覚えておくといいでしょう。

●I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart.

(楽しいクリスマスを過ごせるよう、心の底から祈っています)
↓↓
最初の英語と同様に、よく使われる表現です。

from the bottom of my heart(私の心の底から)も、覚えておきたい表現のひとつです。

クリスマスのメッセージだけでなく、日常でもよく見かけます。

●Merry Christmas and a Happy New Year!

(メリークリスマス、そしてよいお年を!)
↓↓
クリスマスと新年の挨拶が一緒?

年賀状を書く私たち日本人には、少し違和感がありますね。

クリスマスを祝う欧米諸国ではよく見かける表現です。

●Merry Christmas and all the best in the New Year!

(メリークリスマス、そして最高の1年を!)
↓↓
こちらも、クリスマスと新年の挨拶が一緒になったバージョンのメッセージです。

先の物もシンプルでいいですし、こちらも捨てがたいですね。

どちらを使うかは、好みでいいかと思います。

●Wish U a Merry Xmas!

(メリークリスマス!)
↓↓
最近は、あらゆることへの挨拶をSNS上やメールで済ませることも多いですね。

それは英語圏も同じなようです。

メール上では、youをU、ChristをXと置き換えて表現しています。

●You always make me happy!

(あなたといるといつも幸せよ!)
↓↓
こちらは、クリスマス限定というわけではないですが、クリスマスのメッセージとしてもよく使われます。

makeには「作る」という意味の他に、「~にする」という意味もあります。

You make me sad.なら「あなたは私を悲しくさせる(悲しませる)」という意味に。

解説するまでもないかもしれませんが、念のため…。

●I wish you and your family great happiness.

(あなたとご家族が幸せでありますように)
↓↓
こちらは、仕事関係で使われる、やや硬めの表現です。

仕事でお付き合いのある外国の方には、このメッセージを贈るといいですね。

●A Christmas Blessing.

(クリスマスの祝福を)
↓↓
こちらも、会社仕様なクリスマスのメッセージです。

カードにまずこの言葉を書いて、その後にあなたのメッセージを添えてもいいでしょう。

●May the miracle of Christmas fill your heart with warmth and love.

(クリスマスの奇跡であなたの心が暖かさと愛で満たされますように)
↓↓

mayは、クリスマスのメッセージによく登場する英語の単語です。

~しますように」という願望を表す意味が込められています。

●You are present to me! I do not wish for anything more!

(プレゼントはあなたよ! 私は他に欲しいものはないわ!)
↓↓
主に、恋人同士の中で交わされるクリスマスのメッセージです。

日本人は、自分の気持ちをストレートに表すのが苦手ですよね。

クリスマスのメッセージにかこつけて、大切な人にこんなメッセージを贈るのもいいですね。

日本語じゃ照れくさくても、英語だと様になるから不思議です。

以上、なるべく短文で使いやすそうな例文を集めてみました。

クリスマスのメッセージとして使えるのはもちろん、日常的に使われる表現もたくさん含まれています。

ぜひ、ご活用いただければと思います。


スポンサーリンク

メッセージを際立たせよう!クリスマスカードの手作りは意外に簡単?


英語でカッコよくメッセージを書くなら、クリスマスカードも手作りしてみてはいかがでしょう?

あなたがさりげなく書いたメッセージも、相手によく伝わるのではないでしょうか。

ハンドメイドが苦手な人でもご心配なく!

ちょっと切って貼ったりするだけで、素敵なクリスマスカードが作れますよ。

●マスキングテープを貼るだけ!


扱いやすく種類も豊富なマスキングテープは、手作りクリスマスカードの強い味方です。

ツリーの形を思い浮かべてペタペタ貼っていくだけで、可愛らしいオリジナルカードの完成です。

大きなサイズのテープなら、三角に切って縦に並べて貼ればそれだけで完成です。

思い思いの柄で、あなただけのクリスマスカードに仕上げてみましょう。

子どもでも作れる、超簡単な手作りクリスマスカードです。

●ボタンを貼るだけ!

普段何気なく目にしているボタンですが、使い方によっては素敵なハンドメイド材料に。

クリスマスカードにしようと思う紙(厚めがいいでしょう)に、ボタンをボンドで貼るだけです。

光沢のあるボタンを選ぶと、ツリーのオーナメントのように見えますよ。

ボタンを使うことで立体感が出ますので、いつものカードとはちょっと違う仕上がりになります。

何だか余ってしまうボタンを、こういう時に使ってみてはいかがでしょう?

●上からポンポンするだけ!

クリスマスカードをたくさん作りたい時に、おすすめの方法があります。

それはずばり、ステンシルなのです。

ステンシルとは、スタンプの逆バージョンのようなものです。

例えばツリーの形をくりぬいた型を作り、それをカードの上に置いて、絵の具などで上からポンポンします。

すると、抜かれた部分だけに絵の具が付くので、その形が紙に浮かび上がります。

ステンシルの型を作る手間はいりますが、同じ絵柄を何枚でも作ることが出来ます。

型は、いらなくなったクリアファイルなどを使えば、簡単に作ることが出来ますよ。

まとめ

高校時代の友人がアメリカ在住で、昔はよく手紙のやり取りをしていました。

クリスマスにはカードをくれて、そこに英語のメッセージが書いてあったのを覚えています。

それがすごくカッコよくて、またアメリカからカードが来たという喜びも同時に味わったものでした。

見よう見真似で、私もクリスマスカードを贈ったりしました。

「幸せをお祈りします」なんて、日常ではまず言いませんよね。

それが英語だとスラスラ書けてしまうから不思議です。

今回ご紹介したクリスマスのメッセージは、何も外国の人に宛てて書かなくてもいいと思っています。

家族や親しい友達、恋人など、相手は誰でもいいでしょう。

いつもは言えないような言葉も、クリスマスのメッセージとしてならきっと恥ずかしくはありません。

今回の英語のメッセージ例が、そんなあなたのお役に立てればと思います。


合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。