カーネーションの花言葉を色別にまとめてみた!母の日に最適!

この記事は約5分で読めます。


そろそろ母の日が近づいてきましたね。

母の日といえばやはりカーネーションですが、
たまには赤色以外も贈ってみたいですよね。

そんなときは、
ぜひ花言葉から選んでみてください!

実は、カーネーションって色別で花言葉が違うんですよ

赤は『母への愛』、
ピンクは『女性の愛』

と、母の日にふさわしいラインナップです。

ですが、黄色には『軽蔑』という花言葉があり、
贈らない方がいい色もあるんです。

それでは、
贈ってもよい色から贈らない方がよい色まで、
色別にご紹介していきますね!

スポンサーリンク

贈ってもよいカーネーションの花言葉《色別まとめ》

カーネーション全般の花言葉は『無垢で深い愛』となっています。

お母さんや奥さんに贈るにはピッタリな花言葉ですよね。

では、色別だとどのような花言葉があるのか、みていきましょう。

赤→『母への愛』

まるで、母の日のためにあるような花言葉ですよね!

お母さんへの感謝を告げるのにもっともふさわしい色です。

何色を贈るか決められなかったら、無難に赤がよいでしょう。

ピンク→『女性の愛、熱愛、美しい仕草』

こちらは、どちらかというとお母さんより奥さん向けです。

美しい仕草という花言葉を知れば、
普段のふるまいを褒められたような気持ちになれますね。

むらさき→『誇り、気品』

エレガントな気分になれる花言葉ですね。

色合い的にも大人っぽいので、
シックな雰囲気が好きなら贈ってあげましょう。

青→『永遠の幸福』

贈った相手の幸せを願うステキな花言葉です。

日頃の感謝を伝えるのにピッタリな色ですね。

オレンジ→『純粋な愛、あなたを熱愛します』

この色こそ、ぜひ奥さんに贈ってあげましょう!

あなたからの愛を感じられて、
喜ばれること間違いなしです。

色によって、お母さん向け、
奥さん向けと花言葉が違ってきますよね。

どういう思いを伝えたいかというのを考えて、
それに合った花言葉を持つ色を選んであげるとよいでしょう。


スポンサーリンク

注意!母の日にNGなカーネーションの色もある!

ステキな花言葉の多いカーネーションですが、
母の日に贈るにはふさわしくない花言葉を持つ色もあるんです。

白→『私の愛は生きています』

こちらの色はとくに注意が必要です。

花言葉だけ見ると良さそうな感じがしますが、
実は白いカーネーションは亡くなった相手に贈る色なんですよ。

そもそも母の日にカーネーションを贈るようになったのは、
アメリカの社会活動家であったアンナ・ジャービスが、
亡くなった母親に白いカーネーションを贈ったことが始まりです。

そう思うと、
なんだか花言葉の意味も違って聞こえてきますよね。

贈りたい相手が亡くなっているのなら贈るべき色ですが、
生きている相手に贈るのはかなり失礼になってしまいます。

花言葉以外にも注目して選んでくださいね。

黄色→『軽蔑、嫉妬』

明るくてかわいらしい色ですが、
その色とは正反対の花言葉ですよね。

どちらもよい意味ではないので、
黄色は避けた方がよいでしょう。

黒に近い赤→『私の心に苦しみを』

『母への愛』というステキな花言葉を持つ
赤色のカーネーションですが、
実はその濃淡によっては花言葉が変わってきてしまいます。

黒に近い赤色だと、
大人っぽくてカッコいい印象を受けますよね。

ですが、花言葉はかなりネガティブで、
贈られて気持ちのよい意味ではありません。

赤色を贈るなら、黒に近い赤ではなく、
明るい一般的な色を選ぶようにしてください。

複色→『愛の拒絶』

複色とは、
一つの花の中に複数の色が含まれているものを指します。

色がグラデーションのようになっているものもあり、
見た目はかなりキレイなんですよね。

思わず手に取りたくなるような色合いのものが多い
複色のカーネーションですが、その見た目とは違い、
こちらも花言葉は予想外のものです。

『あなたからの愛を拒絶します』

なんていうショッキングな意味に取られてしまうので、
複色のカーネーションも贈るのは避けた方がよいですね。

色だけで見ると
キレイで魅力的なものばかりですが、
花言葉や意味を考えると、
プレゼントとしては贈りにくいですよね。

 

キレイだからと手に取る前に、
お伝えした花言葉を思い出してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

母の日にピッタリな花言葉から、
贈ると関係が悪化しそうな花言葉まで、
さまざまでしたよね。

今年の母の日は、
ぜひ花言葉から選んでプレゼントしてみてくださいね。

ただ、
贈りたい花言葉と相手の好きな色が
どうしてもマッチしない場合もありますよね。

そういったときは、

この花言葉をプレゼントしたいから、この色のカーネーションを贈るよ

と、一言添えてあげるとよいでしょう。

感謝や愛など、
あなたの伝えたい思いをまとったステキな色が見つかりますように!




合わせて読みたい記事はこちら!
カーネーションが枯れる7つの原因を解説!長く楽しむコツ
お子さんのいらっしゃる方は、母の日にカーネーションをもらうこともあるでしょう。 鉢植えでプレゼントされたら、ぜひ長くもたせたいものです。 せっかくのプレゼントなのに、早速枯れてきてどうしよう!となっていませんか? カーネーションが枯れてしまうのには、原因があるのです。 その7つの原因に、迫ってみます。

母の日にプレゼントする花は?カーネーション以外もおすすめ!
就職や進学など、慌ただしくスタートする4月。 忙しく過ごして気付けば、もう母の日がすぐそこまで…。 大切なお母さんに、何を贈りましょう? カーネーションをはじめとする「花」は、母の日ギフトにぴったりです! ありきたりなカーネーションではつまらないけど、花好きのお母さんに贈りたい! 今回は、母の日におすすめの花をご紹介しましょう。

カーネーションの花言葉は色別で意味が違う!その色やばいかも?
カーネーションには、実は色別に花言葉があるのはご存知でしょうか? 中にはあまりいい意味を持っていない場合もありますので、注意が必要です。 今回は、カーネーションの色別の花言葉をご紹介します。 母の日の参考にしてみてくださいね。

カーネーションの花言葉を色別にまとめてみた!母の日に最適!
そろそろ母の日が近づいてきましたね。 母の日といえばやはりカーネーションですが、たまには赤色以外も贈ってみたいですよね。 そんなときは、ぜひ花言葉から選んでみてください! 実は、カーネーションって色別で花言葉が違うんですよ。 定番の赤は『母への愛』、ピンクは『女性の愛』と、母の日にふさわしいラインナップです。 ですが、黄色には『軽蔑』という花言葉があり、贈らない方がいい色もあるんです。 それでは、贈ってもよい色から贈らない方がよい色まで、色別にご紹介していきますね!

カーネーションが枯れてきた!原因と対策が知りたいのです!
母の日に夫と子どもからカーネーションの鉢植えをもらったけれど、なんだか枯れそうになってきた。どうしたらいいの? そんなあなたに、対策とヒントを紹介させてくださいね。 大切な贈り物は、しっかりと育てたいですよね。 まずはカーネーションの特徴を理解して、その対策とコツを御覧ください。 元気に復活出来ますように応援しています。

母の日メッセージを英語にしてみた!いつもは言えない気持ちを!
母の日のプレゼントに、メッセージを添えて送っていますか? ほんの一言添えるだけで、もらうお母さんの気持ちはもっと温かくなるもの。 でも、日本語じゃちょっと照れくさいですか? それなら、英語でメッセージを添えてはいかがでしょう? 英語なら、いつもは言えないようなこともメッセージに託せるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました