入学祝いはいくら渡すのが目安?金額の相場を知っておこう!!

この記事の所要時間: 342

春は入学シーズンですね。

お孫さんや甥・姪、親戚のお子さんなどが入学を迎える場合、入学祝を考えないといけませんね。

もう準備はお済みですか?

いくらくらい渡せば良いものか、悩んでしまいますね。

入学祝の金額は渡す学年で多少違ってきますが、

この記事では小学校入学から大学入学までの学年別金額の相場や目安をご紹介します。

スポンサーリンク

小学校の入学祝い

祖父母:10000円~30000円
甥・姪:5000円~10000円
親戚:3000円~5000円
友人・知人:3000円~5000円

現金以外では図書カードや、ギフトカードなどを贈る身内の方もいらっしゃいます。

小学生ですので本人が喜ぶものをプレゼントとして一緒に渡してあげるのも良いかもしれませんね。

また、祖父母からは入学祝いとして現金以外にも学習机ランドセルといった小学校入学に必要なものをプレゼントすることも多いようです。

机やランドセルはいくつも贈り物が重なると困りますので事前の打ち合わせが必要ですね

中学校の入学祝い

祖父母:10000円~30000円
甥・姪:5000円~10000円
親戚:3000円~5000円
友人・知人:3000円~5000円

金額の相場としては小学校のお祝いとほとんど変わらないようです。

現金以外では図書カード商品券クオカードなど。

中学校は義務教育なので特にお祝いはしないといったところもありました。

しかし節目の行事としてお祝いを渡すという意見も多くありました。

祖父母は入学にかかる準備費用として多めに渡す方もいらっしゃいます。

義務教育とはいえ学用品や制服など結構お金がかかるので助かりますね。

高校の入学祝い

祖父母:10000円~50000円
甥・姪:10000円~30000円
親戚:5000円~10000円
友人・知人:5000円~10000円

高校生になるとお祝い金額がアップしますね。

この他、図書カードやクオカードなど。

自転車腕時計をお祝い金と一緒に贈った方もいらっしゃいました。

中には電子辞書パソコンといった高額なお祝いをするという方もいらっしゃいました。

大学の入学祝い

祖父母:30000円~100000円
甥・姪:10000円~50000円
親戚:5000円~10000円
友人・知人5000円~10000円

大学入学ともなるとまたさらに金額がアップしますね。

大学の入学祝いは入学が正式に決まったことを確認してから贈りましょう。
もしかしたら浪人する、進学はしないことにした、といったことも考えられますので事前の確認が必要ですね。

春から一人暮らしをはじめるお孫さんなどには家電などをプレゼントすることもあるそうです。

スポンサーリンク

マナーや目安について


入学時には何かと出費がかさみます。

そのため、入学祝いは入学が決まったらなるべく早く、遅くとも入学式の2週間位前までには贈りましょう。

入学のお祝いは主に身内間の祝い事ですので、贈る相手は甥・姪までが一般的ですが、職場の方や友人のお子さんなどお付き合いで贈る場合もあります。

その際の相場としては3000円~10000円位が一般的です。

金額があまり大きくなり過ぎないように気をつけましょう。

自分のお子さんの入学の時にお祝いをいただいた事がある方には忘れずに贈るようにしましょう。

また、お祝いを直接渡す際には本人がいる前で親に渡すのが一般的です

親が知らないうちに子供がお祝いを貰っていた、知らなかったという事がないようにしましょう。

まとめ


いかがでしたか?

金額の相場という内容でしたが、学年で大きく変わりますね。

特におじいちゃん、おばあちゃんは可愛いお孫さんの入学を心待ちにしていることでしょう。

入学祝は子供に渡して子供が使う、というよりも「入学の準備にいろいろお金がかかるから、その準備金にして下さいね」という意味合いが大きいことから親宛に贈られることが多いようですね。

確かに進学の時期は本当にお金がかかります。

身内からのありがたい気持ちとして役立てましょう。

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。