カーネーションの花言葉は色別で意味が違う!その色やばいかも?

この記事は約5分で読めます。


カーネーションといえば、赤やピンクがおなじみですね。

手頃な贈り物として、母の日のプレゼントにする方も多いかと思います。

カーネーションには、実は色別に花言葉があるのはご存知でしょうか?

中にはあまりいい意味を持っていない場合もありますので、注意が必要です。

今回は、カーネーションの色別の花言葉をご紹介します

母の日の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

カーネーションの花言葉を色別で見てみよう!好きな色でも要注意!?

まず、カーネーション全体としての花言葉を見てみましょう。

カーネーションには、「無垢で深い愛」や「感動」といった花言葉があります。

では、色別に見るとどうでしょうか。

●赤色


赤色は、ザ・カーネーションという気がしますね。

赤いカーネーションの花言葉は、ずばり「母への愛」

カーネーションは2月~5月に咲く花で母の日の贈り物にも選ばれていますが、その花言葉もぴったりですね。

ひとくちに赤といっても、カラーバリエーションは豊富です。

鮮やかな赤色から、渋いワインレッドまで。

しかし、深みのある赤の花言葉は「欲望」や「悲しみ」のニュアンスが入ってくるのでご注意を!

●ピンク色


こちらも定番の色ですね。

ピンクのカーネーションには、「女性の愛」「美しい仕草」「温かい心」といった花言葉があります。

赤に比べて、ピンクには優しい雰囲気がありますね。

●白色


白いカーネーションは赤色と対称なせいか、雰囲気がずいぶん変わりますね。

花言葉は、「純粋な愛」「私の愛は生きている」など。

白には、やはり澄んだイメージがあるようです。

その反面、白いカーネーションは亡くなった母へ贈るものともされています。

個人的な好みでもない限り、避けたほうが無難な花色かもしれません。

●黄色


黄色も、その柔らかな花色が魅力的ですね。

しかし、 黄色のカーネーションは注意が必要です 

その花言葉は、「軽蔑」「嫉妬」なのです…。

白いカーネーションと同様、こちらも敢えて贈るものではないような気がしますね。

●紫色


大人の女性の雰囲気が漂う、紫のカーネーション。

花言葉は、「誇り」「気品」です。

ピンクが可愛いお母さんへのプレゼントなら、紫はクールビューティーなお母さんへの贈り物でしょうか。

淡い花色のブーケに、差し色で加えても素敵ですね。

●青色


青いカーネーションは、遺伝子組み換えで作られたものと、白い花に着色したものとがあるようです。

そんな青いカーネーションにも、花言葉はあります。
花言葉は、「永遠の幸福」だとか。

●オレンジ色


カーネーションは母の日というイメージがありますが、オレンジ色はちょっとニュアンスが違います。

オレンジ色のカーネーションの花言葉は「(相手への)熱愛」だそうです。

母親に対してというよりは、どちらかといえばパートナー向きの花色のようです。

もちろん、お母さんが大好き!という気持ちを最大限に表現することもできると思いますよ。

カーネーションという一つの花に、色別でそれぞれの花言葉があるのは驚きですね。

せっかくなら相手の好きな色を贈りたいですが、中には避けたほうがいい花言葉もあるので要注意ですね。


スポンサーリンク

海外ではちょっと違う!?カーネーションの色別の花言葉・海外編


海外では、その花言葉は微妙に違っていたりします。

日本の花言葉と異なるものを中心に、いくつかご紹介しましょう。

●赤色


赤色のカーネーションの花言葉は、基本的には日本と同じです。

しかし海外では、「熱烈な愛情」「会いたくてたまらない」など、より情熱的な花言葉になっております。

●白色

日本では、故人に贈る印象のある白いカーネーションですが、海外では単に純粋さを表す花として扱われています。

●紫色


紫色のカーネーションは、日本では高貴なイメージの花でしたね。

一方海外では、「気まぐれ」「移り気」といった、奔放なイメージに。

このように、同じ花であっても、日本と海外ではすいぶん見方が違うようですね。

最近では、国際結婚も珍しいものではありませんね。

相手のお母さんにカーネーションを贈るときは、海外での花言葉を参考にしてみましょう。

まとめ


いかがでしたか?

今回は、カーネーションの色別の花言葉についてご紹介させていただきました。

参考になったでしょうか。

贈る相手が好きな花色であっても、いい花言葉でないとためらってしまいますよね。

花言葉を重視するのか、相手の好みを重視するのかは悩みどころです。

日本の花を知らない外国人の恋人から、仏花をプレゼントされたという話をきいたことはありませんか。

仏花は日本では墓前か仏壇にのみ供える花であり、誰かにプレゼントするような花ではありません。

「こんなものをプレゼントするなんて!」とそこで関係が終わってしまうこともあるでしょう。

あるいは、選択はよくなかったけれど、その気持ちが嬉しいと感じる場合もあると思います。

贈り物をするという行為は、相手に物品を与えるということだけではないと思うのです。

そこに気持ちが入ってこそ、その「物」は「贈り物」になると思いませんか。

とはいえ、せっかくカーネーションの色別の花言葉を知っていただけたのです。

花言葉にも注意して、そこにあなたの気持ちを込めて贈れば、カーネーションは本当に素敵な贈り物になるに違いありませんね。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました