口内炎は痛いし治らない!なんとかしたいあなたのために!

この記事は約3分で読めます。


できると痛い口内炎

再発があったり、なかなか治らなくて困りますよね。

口内炎は口の中に出来た粘膜の炎症なのです。

今回は口内炎に悩まされているあなたのためにまとめてみました。

口内炎の原因と治し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

口内炎が治らない!その原因は?

口内炎とは、文字通り口の中に出来る粘膜の炎症のことなのです。

口内炎の原因と考えられることはたくさんあるのですが、大きく分けると4つの種類があります。

物理的刺激によるもの
・歯や歯の装具などが口の中に当たって、傷ついた粘膜が炎症を起こすことがあります。
・硬い食べ物や歯ブラシが口の中に当たって傷つく場合もあります。
・間違って舌をかんだり、ほおの内側をかんだりした時も発症原因になるのです。
・熱い食べ物や飲み物によるやけども発症原因になります。

ウイルスによるもの
・単純ヘルペスウイルス
・水痘帯状ヘルペスウイルス
・コクサッキーウイルス など

アレルギーによるもの
・特定の食物
・薬品
・金属 など

一般的なもの
・免疫力が低下したことによるもの
・ストレスや栄養障害によるもの
・歯・歯の装具による損傷
・硬い食べ物や硬い歯ブラシによる損傷
・やけどや薬品からの刺激による損傷 など


スポンサーリンク

口内炎の治し方は?

口内炎の治し方は、単純に考えると原因を取り除くのが一番効果的なのです。
そのために、次の対策で様子を見ましょう。

口内炎がなかなか治らない時や、症状や患部が広がった場合は医療機関で治療を受けましょう。

心がけること

・免疫力を高めるために
規則正しい生活をしましょう。
そのためにはまずしっかり睡眠をとりましょう。
特にリラックスする時間を多くしましょう。
また、ストレスを減らすように努めましょう。

・口腔内の環境整備のために
口の中を清潔にすることが基本です。
うがいやしっかりとした歯磨きや歯ぐきのケアも。

・患部を刺激しないように
刺激の強いものを避けましょう。
スパイシーな食品や濃い味のものは控えましょう。

・食生活の改善も効果的です
食事の時間や量、栄養バランスを上手に調整しましょう。
特にビタミンAやビタミンB1、B2などを積極的に摂りましょう。
(ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあります)

「何科の病院に行けばいいの?」といった疑問が生まれた時には
合わせておすすめしたい記事はこちらです。
参照:痛い口内炎が治らない!こんな時は何科に行けばいいの?

まとめ

口内炎は治るまでに時間がかかって、その間はキツイ思いをしなくてはなりません。

痛みが出てから「まずい!」ということになりますよね。

しかも、なりやすい人が多いですよね。自分もそのひとりです。

現時点では再発防止のための特効薬はないのだそうです。

ただ、予防対策をして、発症の頻度を下げることで対応したいですよね。

そのためには、口の中を清潔にすることと、規則正しい生活を送ることが大切です。

応援しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました