痛い口内炎が治らない!こんな時は何科に行けばいいの?

この記事は約3分で読めます。


なかなか治らない口内炎!

こんな痛みは即刻退場してほしいですよね。

口内炎は口の中に出来た粘膜の炎症なのです。

口内炎は何回できても痛くてイヤですよね。

今回は口内炎が治らないあなたのために!

口内炎を治しやすい診療科についてご紹介します!

スポンサーリンク

口内炎にはこんな対策が必要です

・体調を整える
多くの場合、口内炎の根本原因は心や身体のストレスによると言われています。
充分に睡眠をとって心や身体を休ませましょう。これだけでも改善する人がいますよ。
また、好きな音楽を聴いたり、のんびりと入浴したりして、リフレッシュしましょう。

・口の中を清潔にする
口の中を細菌が増えないような良い環境にしましょう。
口の中にキズをつけない配慮も忘れずにしましょう。
小さなキズからでも細菌が入り込んできます。

・栄養バランスもしっかりと
健康な身体づくりは第一の予防法です。
特にビタミンB群には粘膜を保護する働きがあり、口内炎を抑えるためには効果的なのです。これに合わせて他の栄養分も効果的に摂取しましょう。

口内炎の原因と治し方について、詳しく説明しているこちらのサイトもご覧くださいね。
参照口内炎は痛いし治らない!なんとかしたいあなたのために!

こんな時はすぐに医療機関へ

・2週間以上経過しても治らない場合

・普通の口内炎とはちょっと違う気がする

・痛みが大きくなってきたり患部が広がっている場合

・口内炎の他に、だるさや発熱がある場合

・何度も繰り返して発症する場合  など

でも、何科の病院やクリニックに行けばいいの?
という疑問が出てきますよね。


スポンサーリンク

何科の病院に行けばいいの?

通常であれば、専門は『耳鼻咽喉科』とされています。

原因から選んだ場合のおすすめの診療科は

・歯科
歯や歯の装具によるキズが原因と考えられる時には
硬い食べ物や硬い歯ブラシによるキズが原因と考えられる時には

・口腔外科
上記の歯科と同等の原因が考えられる時には

・内科
口内炎だけでなく、だるさや発熱が見られる場合には

・皮膚科
口内炎の他に、皮膚の異常が見られる場合には

上記意外の場合には耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。
シンプルに『耳鼻科』と表記されている場合もOKですよ。

どんな治療をするの?

普通、受診時の症状を抑えるための治療(対症療法)を行います。

他の原因が考えられる時には、症状に見合った投薬が処方されます。

最近は、保険適用外ですが、歯科治療などで口内炎のレーザー治療を行っているところもあります。痛みも軽く、麻酔も必要ないので子どもや妊婦さんでも治療を受けられます。

まとめ

誰でも一度は知っているこの痛み。

出来るだけ早くおさまってほしいですよね。

「いつもはすぐに治るのに、変だなあ」
と思ったら受診されることをおすすめします。

受診出来る診療科目がいくつもあるのですね。
参考になると幸いです。

早く完治出来るといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました