雨の日に自転車に乗るママへ!送迎時の大切な対策と注意点

この記事は約6分で読めます。

雨の日に自転車に乗るママへ提案します!

特に子どもの送迎時、毎回大変な思いをされていますよね。

おまけに幼稚園や保育所からは、あれこれ制限や指摘があります。

中でも雨降りになると、もう大変!
ストレス溜まりますよね~ヽ(`Д´)ノプンプン

そんなあなたへ「雨の日対策」と「雨の日の注意点」を提案!

心も身体もゆったりと、楽しくできるポイントを提案します。

スポンサーリンク

送迎時、雨の日対策

これを知っていると知らないでは、生活の質が大違いです。
できるだけ良い対策をとって、楽しい毎日を過ごしませんか。

身体的な対策

朝早くからの準備や支度。手抜きが出来ないのがつらいところですよね。
雨が降ると、レイングッズの準備と支度に多くの時間が取られます。
子どもがすんなり雨具を着用してくれるといいのですが、早くして欲しい時に限って逃げ回りますよね。「なんだかなぁ~」ですよね。

まずは自分がパッとレインウェアに着替えるのが一番です。
園によって条件の違いはありますが、おすすめはセパレートタイプのレインスーツです。

レインスーツのメリット
・安全運転ができる
・風にも強い
・濡れにくい
・丈夫なものが多い
・携帯性も良い

レインスーツのデメリット
・着脱にやや時間がかかる
・値段の幅が大きい
・丈夫な分だけ収納にかさばる

フードにもこだわって欲しい!
視認性が悪いと事故の危険性があります。
詳しくはこちらへ。フードの危険についての動画もあります。
参照あなたのレインコートは自転車に乗る時に危険が迫っています

機能的な対策

晴れの日よりも視界が良くないので、急げば急ぐだけ事故の確率が高くなります。
安全はいのちに替えられないので、安全な機能を持ったものを優先して使いましょう。

★チャイルドシート用レインカバー(子どもの座席をすっぽり覆うカバーで一部透明なもの)

雨風や寒さ、湿気を防いだり、保温性があるなどのメリットがあります。
ママの声を取り入れた実績のあるものをおすすめします。

★雨用サンバイザー(透明の幅広い雨よけ用サンバイザー)

これがあると、メイクもばっちりそのままで、視認性も確保できます

★子どもにはヘルメットを忘れずに!
自転車が転倒した場合、子どもは必ず頭から落下します。

精神的な対策

雨降りは湿度が高くてジメジメ。
どうしてもイライラしやすいのが難点ですよね。
安全を考えると、一番大切なのはメンタルの部分ではないでしょうか。

ドライバーは同乗者のいのちを預かっています。
送迎の目的は、無事に送り届けることですよね。
なので、安全は一番大切なのです
心に余裕を持つためには、時間的に余裕を持つことです。
普段よりも早めに時間をとって、無理をしない行動をすること。
雨降りは、どうしても焦ってしまう傾向が誰にもあるのです。
特に子どもは予測不可能な行動をやってくれます。泣きたくなりますよね。
雨の日は、なんとか時間を工面してやりくりしましょう!

事故を未然に防ぐためには、防衛運転予測運転をおすすめします。
どんな危険が潜んでいるのか、これを防ぐにはどうしたら良いのかを知って起きたいのです。

詳しくはこちらをご覧くださいね。
参考あなたのレインコートは自転車に乗る時に危険が迫っています

スポンサーリンク

送迎時、雨の日の注意点

雨の日の自転車でこんな危険が!

・雨の中、スピードを充分落とさずに曲がろうとしたら、スリップして横転した。

・自転車で走行中、急に小学生が飛び出してきた。ブレーキをかけたが、ちょうど横断歩道のペンキの上でスリップして小学生に激突した。

・自転車で坂道を下っていると、雨でブレーキが効かず、「どいてー」と叫んだが、歩いている人にぶつかり、自転車を倒してしまった。

・小雨で強風のとき、レインポンチョのフードをかぶって自転車で走行中、前方からの強風でポンチョがあおられて顔にはりつき、一瞬全く前が見えなくなり、上り坂で横倒しになって転んでしまった。

東京くらしWEBより引用

注意するポイント

交通ルールを守りましょう
・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
・夜間はライトを点灯
・交差点での信号遵守と一時停止
ブレーキ
・ブレーキは雨が降ると効きにくくなります。
・いつもよりも早めのブレーキを!
・おかしいと感じたら早めに見てもらいましょう。
ライト
バイクは常時点灯ですよね。
・特に雨の日は視界が良くないので、自分の存在をアピールしましょう!
・車にも歩行者にも気づいてもらいましょう。
荷物
皆さんが苦労されているところですよね。
・背中に背負えるデイバックやメッセンジャーバッグがおすすめです。
・特に防水機能やレインカバーが付いたものが便利です。
・濡れたものを収納できる工夫がされた商品もありますよ。
チャイルドシート
・安全で品質がよく、素材・デザイン・機能がよいもの
・ヘッド・サポートが付いたものがおすすめです。

まとめ

雨の日の自転車には危険が一杯ですね。
ブレーキが効かなかったり、周りが見えにくかったり、周囲の音が聞こえにくかったり。
その上、家を出るのに普段よりも時間がかかりますよね。
雨のための準備が余計にかかります。

準備を考えると、心の準備が一番重要になると思いませんか?
普段よりも少しだけ早めの行動が出来ると良いのです。

最後にひとつだけお伝えしたいのは、
子どもと奮闘しているのはあなただけではない。ということなのです。

幼稚園や保育園には、毎年多くの子どもたちが通っています。
それだけ多くのママがいるのです。

子どものために、自転車のペダルを踏みしめているママがどれだけいるのでしょう。
数えきれないお母さんたちが、毎日時間と戦っています。

そんな中、どうか事故がありませんように。願いはみんな同じです。
安全に子どもを送って、安全に子どもを迎えることができますように。

応援しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました