後悔しない卒業式の服装!小中学生の母親が好感度アップ!

この記事は約4分で読めます。


もうすぐ子どもさんの卒業式を迎えるお母さん。

子どもの成長は本当に早いですね。

何を着ていけば良いのか迷っているお母さんも多いのではないでしょうか?

卒業式はあくまでも子どもが主役、ですがせっかくの式典ですから、お母さんも少しくらいおしゃれをして参列したいですよね!!

今回は小・中学校の卒業式で「失敗しない」そして「好感度アップする」母親の服装についてご紹介します!!

スポンサーリンク

定番はやっぱりスーツ!!


卒業式で一番気をつけたいのは「色」です

おすすめの色

卒業式は別れや巣立ちを意味しますので、色は黒、紺、グレーなど控えめな色が無難です

リクルートスーツのタイプよりは、少しデザインが凝っていたり、襟元や袖がカジュアルだったり、最近のフォーマルスーツは堅苦しくないおしゃれなものが多いですね。

スカートもタイトではなく、フレアータイプでも問題ありません。

中に着るブラウスも襟付きよりフリルのものが華やかに見えます。

私が参列した時はフリルブラウスの方はとても多かったイメージがあります。

色も白や淡いピンク、ブルーなどパステルカラーを着ていたお母さん達もいらっしゃいました。

おすすめのコーディネート

ジャケットの中にワンピースを合わせるスタイルもカジュアルすぎず、フォーマルの場にはおすすめです。

ワンピースは脚長効果があります!!

例えばジャケットはグレー、ワンピースは黒、といったコーディネートは細く見えます!!

スーツのジャケットは襟なしのほうがインナーともアクセサリーとも合わせやすいですので一着持っているととても便利です。

定番はこれ!


定番はやはり黒のスーツタイプですが、地味になりやすいのでパールのネックレスや少し長めの2連のネックレス、コサージュで襟元にアクセントをつけると顔色が明るく見えるのでおすすめです。

スカート丈が中途半端なものは足が太く見えてしまうのでその場合はタイトスカートよりフレアタイプのほうがヒールやパンプスとの相性が良いです。

スカート丈は長すぎず、短すぎず、目安としては立ったときに膝が丸見えのものは避けましょう。

式典では何度も立ったり座ったりするので、膝が隠れる位の丈がないと腰掛けたときにかなり短くなってしまうので、座った時のスカートの長さにも注意して購入してくださいね。
スポンサーリンク

バッグや靴もお忘れなく!!


服装が決まったらそれに合うバッグや靴も忘れずに準備しましょう。

おすすめバッグ

バッグは冠婚葬祭用のフォーマルバッグが無難ですが、カジュアルすぎないものがよいでしょう。

クラッチバッグもおすすめですが、カメラやスリッパなど意外と荷物が多くなるので、フォーマルタイプのサブバッグも良いですね。

黒地にリボンがあしらわれていたり、地味すぎずカジュアルすぎず、学校行事には重宝しますのでひとつ持っておくと活躍するアイテムです。

おすすめの靴

靴はやはりこちらも黒や紺が無難です

ぺたんこ靴よりは少しヒールがあった方が洋服とのバランスが良いと思います。

バッグと靴は同色で揃えたほうが全体的に引き締まるので統一することをおすすめします!!

着物やワンピースも人気!!


着物で出席されるお母さんは最近は少数派ですがとても華やかで、やっぱり着物はいいなぁとしみじみ思いました。

あまり着る機会がないので若いお母さんにはなじみがないかもしれませんね。

中学校は義務教育が終わる節目の式典ということもあってか、着物のお母さんが多かったように思います。

レンタルショップですと、着付けやメイクまでお願いできるので一度チャレンジしてみては??

ワンピースのお母さんも結構いらっしゃいました。

私は小学校の卒業式はワンピースでしたが、ジャケットやアクセサリーを替えたりして着回しがききますし、結婚式やパーティーにも着ていったりと個人的にはワンピースをおすすめしたいです!!

まとめ


いかがでしたか?

卒業式は体育館で行われることが多いと思います。

とても寒いので、薄手のブランケットを一枚用意しておくと大活躍しますよ!!

お母さんの卒業式での服、装、是非参考にされて下さい!!

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました