七夕

アイディア

七夕の短冊の処分方法を知りたい!正しい処分方法を3つ紹介

七夕が終わった後、短冊はどのようにしていますか? 捨てずに取っておきますか? それとも、捨てていますか? 短冊をどう処分していいか迷っていた方は、ぜひ今回の記事を読んでみてくださいね。 気持ちよく、短冊を処分できるようになるでしょう。
アイディア

七夕の短冊には願いが叶う書き方があった!使う紙色にも注意が必要!

七夕の定番である短冊に、どんな願い事を書いていますか? 短冊に書く願い事には押さえておきたいポイントがあるのを知っていましたか? ポイントに注意して書くだけで、短冊の願い事がぐっと叶いやすくなると言われています! 今年の七夕を前に、ぜひ短冊の願い事の書き方をチェックしていってくださいね。
アイディア

お好みはどれ?七夕メニューのレシピで人気の高いものを紹介!

七夕といえば、笹にいろいろ飾るのが楽しいですよね。 七夕には何を食べようかと迷ったりはしませんか? 季節感のあるせっかくのイベントですから、何かそれらしいものを食卓に上げてみたいですね。 今回は、そんな七夕にぴったりの人気メニューをご紹介します。 ご家族みんなで楽しんでくださいね。
子育て

七夕の由来って?子供向けにそのまま使える例文を解説します!

七夕って聞くと、短冊の願い事や、織姫と彦星の話がありますよね。 でも、由来まではなかなかわかりませんよね。 実は、七夕って日本と中国の行事や信仰、伝説が由来になっているんですよ。 ただ、由来をそのまま伝えても子供は理解できないですよね。 なので、子供向けで分かりやすく、そのまま使える説明例文もご用意しました!
疑問

七夕の由来を簡単に説明して!と言われた時に参考にしてね!

七夕の由来は、中国の「七夕 しちせき」の節句と日本の「棚機 たなばた」という行事が時代とともに一緒になったことなのです! それに「乞巧奠 きこうでん」!?という中国の行事もプラスされたとか…。 今回は「七夕」を「たなばた」と読み、現在のような行事になった由来を紹介します!
生活

七夕飾りの意味を知りたい!子どものなぜどうしてに答えます

日本には季節ごとに行われている行事があります。 この時に、しっかりと親子の絆を強くしたいですよね。 日本の素晴らしい伝統や文化を分かりやすく子どもに伝えて、毎年やってくる行事の時にこそ思い出してほしいのです。 「まごころ」という味付けがされた出来事は、子どもの心にしっかりと刻みつけられるのではないでしょうか。 「行事育」を通した良いかかわりができますように。 今回は七夕飾りの意味を解説いたします。
生活

七夕の短冊に願い事を書く場面で突然の質問「誰に書くの?」

子どもは時々返事に困る質問をしますよね。 七夕の短冊に願い事を書く場面で、突然の質問でした。 「だれに書くの?」 そんなことがあったので、「いつどこで誰が何を」といった基本的なことを知っておく必要があるな、と考えるようになりました。 この記事では、七夕の短冊に記す願い事の宛先について、歴史的な移り変わりから説明しています。子どもには正しく答えたいですよね。
生活

七夕の食べ物のそうめんには伝統や文化に歴史があるのです

毎年7月7日は「そうめんの日」って知ってました? そうめんは、古くから伝わる食文化なのです。 そうめんの原型が、奈良時代に中国から伝わったのです。 同時に織姫と彦星の伝説も伝わったのです。 この面白い意味と由来を解説します。
生活

七夕の由来を簡単に説明!内容に自信あり!子どもは納得!

季節のイベントは子どもの成長にとって、大きな節目になりますよね。 中心になるポイントを、大人がしっかり把握して、子どもに伝えるチャンスなのです。 この記事では「他にはない視点」で子どもへ大切なポイントを伝える方法を解説します。 あなたも必ずスッキリと理解できますよ!
タイトルとURLをコピーしました