食中毒の判断と受診時のポイントと対策まとめ!

この記事は約4分で読めます。


気になる食中毒

食品の消費期限作りおきにも気をつけたいですね。

食品を扱ったり調理したりする時はヅボラではいけませんよね。

食中毒は細菌やウイルスが原因なのです。

食中毒は本当に気をつけたいですよね。

今回は食中毒を予防したいあなたのために!

食中毒の原因を知って、症状と対策をご紹介します!

受診時のわかりやすいポイントと、世界規格の予防法も紹介!

スポンサーリンク

食中毒の原因

食中毒は、細菌やウイルスなどが含まれた食品を食べたことが原因で発症します。

食べてから発症するまでの時間や症状に加えて、予防法も異なっているのです。

原因は細菌やウイルスの他に、自然毒や化学物質、寄生虫など様々なものがあります。

食中毒の原因については、こちらで詳しく説明しています。

食中毒の症状から判断する

食中毒の一般的な症状として、頭痛や発熱、嘔吐や腹痛、下痢などの症状があります
食中毒特有の症状というものはないのです。そのために、よく間違えられるのが、風邪の症状なのです。

食中毒が疑われるのは、食後から数時間経った時点で、急性の胃腸障害の症状(頭痛や発熱、嘔吐や腹痛、下痢など)が発生した時です。
このような症状の場合には、食中毒が疑われます。

食中毒が重症化しやすいのは高齢者や乳幼児などで、抵抗力が弱い人に多く見られます。

呼吸困難やめまい、意識障害が見られた時には出来るだけ早く医療機関を受診しましょう。救急車が必要な場合もあります。

何科へ行けばよいのか

内科または消化器内科です。
風邪の症状ににている場合もありますが、内科や消化器内科へ行きましょう。

 

 

 

 

 

自己判断での薬の使用は控えましょう。医師の支持による適切な薬を使用しましょう。

例えば、悪いものを体外に出そうとしている時に、吐き気止め下痢止め逆効果になります。なので、できるだけ医師の指示に従いましょう。

スポンサーリンク

受診時のポイント

まずはマスクを忘れずに!
感染する可能性があるので、特に移動時などはマスクを着用しましょう。

受診時は、最初の問診が重要です。

ドクターが食中毒の原因を調べるには、食事の内容を手がかりにします。

おさえておきたいポイント

・いつから(食事時間も含めて)

・どこで(食べた場所、移動先、旅行歴など)

・だれが(一緒に食べた人はどうなっているのか)

・何を(食べた食品、食材など)

・どんなものを(生で食べたのか、調理方法など)

・どれくらい(量や頻度など)

・どうなった(症状の程度)

さらに分かれば

・ペットや動物との接触があったか

・作った人の状況(手などにキズや絆創膏があったか)

これらのことを、できればメモにしておくと便利です。

まとめ

なにか変だな、と感じたら食べないことが、食中毒の一番の予防です。

細菌やウイルスなどは、目に見えないものが多いので、普段から気をつけることが最善策なのです。

詳しい予防法の世界標準がこちらで詳しく説明しています。

とても分かりやすい説明なので、是非一読をおすすめします。
内容は次の通りです。

食品を扱う時には

・清潔に保つこと

・食品を生ものと加熱済みとに分けること

・よく加熱すること

・安全な温度に保つこと

・安全な水と原材料を使うこと

食品を通じた健康被害は全世界で大きな問題になっているのです。

健康の第一歩は、私たち一人ひとりが日々の生活の中で気をつけることが大切なのです。

この記事はこちらのサイトを参考にしました。

「食中毒について」:みんなの医療ガイド:お知らせ – 全日本病院協会

食中毒 |厚生労働省

食中毒かな?と思ったら:農林水産省

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました