二次会の服装は女性の場合どんなものがオススメ?平服は?

この記事は約5分で読めます。


結婚式の二次会の服装は、披露宴ほどのフォーマルさは求められませんが、ある程度の「マナー」はあります。

よく、招待状に「平服でお越し下さい」と書かれていますが、「平服」とはどういった意味なのでしょう?

二次会で浮いてしまった!!

一人目立ってしまった!!

など、せっかくのお二人の門出の場ですから、たとえフランクな二次会であったとしても、失礼のないようにしたいものですね。

どんな装いが望ましいのか、また、これはちょっと・・・な服装も合わせてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

招待状の「平服でどうぞ」とは??

平服とは、かしこまった場に参加しても恥ずかしくない程度の服装を意味します。

要はフォーマルとまではいかないけれど、普段着ではダメですよ、ということですね。

女性ならば、スーツやワンピースが一番良さそうです。

ですから、「平服で」という案内であっても、あまりにもカジュアルすぎると失礼にあたる場合があります。

披露宴でも同じことが言えますが、二次会でも新郎新婦よりも目立ってしまうような装いは避けてください。

ではどんな服装が望ましいのでしょうか?

二次会におすすめの服装とは?

基本的にはワンピースやドレス、スーツが無難です。

二次会が開催される場所によってドレスコードも変わってきます。

会場によって服装を選ぶようにすれば失敗がありません。

ホテルやレストランでは

少し格式の高い場所ならば、フォーマルに近い装いで参加しましょう。

ドレスやワンピースがおすすめです。

スカート丈は極端に短いものは避け、膝丈少し下くらいが品良く見えます。

少し光沢のある素材や、凝ったデザイン・刺繍等もきれいで華やかさがでます。

レース生地も上品でおすすめです。

あまり露出がないほうが良いので、ノースリーブの場合はショールやジャケットを羽織るようにしましょう。

披露宴から参加する場合、そのままの服装で参加してもOKです。

カジュアルなレストランでは

ホテルほどのフォーマルさは求められませんので、少しカジュアルなデザインや、カラフルな柄でも問題ありません。

着丈もそこまでこだわらなくても大丈夫ですが、露出があまりにも多い装いは避けてくださいね。

ノースリーブならばやはりショールなどを準備しましょう。

お出かけ用のスーツやセットアップがあると便利ですね。

居酒屋やカラオケBOX・カフェなどでは

カジュアルスタイルで参加して問題ありません。

といってもお祝いの席ですから、たとえばワンピースにカーディガン、きれいめなブラウス・スカートといったスマートカジュアルがおすすめです。

ジーンズにTシャツなどはちょっとラフすぎるので避けましょう。

 

スポンサーリンク

これはNG!!なものを集めてみました

白い服装


結婚式同様、白は花嫁さんのカラーですのでNGです。
白に近すぎるベージュも避けたほうが無難です。

 

黒い服装


全身黒はお祝い向きではありません。
もし、黒のコーディネートであれば、アクセサリーなどで華やかさを演出しましょう。

 

露出が高すぎる


胸元や背中が大きく開きすぎていたり、着丈が短すぎたり、体にピッタリしすぎた装いは、悪目立ちしますので気をつけましょう。

 

毛皮

結婚式は神聖な日ですので、「殺生」をイメージさせる毛皮はNGです。


同じ理由でアニマル柄も避けましょう。

 

ブーツやミュール

ブーツやミュール、スニーカーはカジュアルスタイルなため不向きです。

また、つま先の開いた靴もNGです。

綿・麻素材


綿や麻はやはりどうしても普段着、カジュアルすぎるイメージが強いのでお祝いの席には不向きです。

まとめ


結婚式や二次会からは随分遠い世代となってしまいましたが、
参列した際に時々、「え??それって良いの??」という装いの方がチラホラといらっしゃった事を良く覚えています。

そんなことを言いながら、自分は大丈夫だったのかしら、と記憶を蘇らせながらちょっと焦ってしまったのですが・・。

せっかくのお呼ばれですから、おしゃれを楽しみたいですね。

二次会で「しまった!!失敗した!!」ということがないように、事前にしっかりリサーチしておいて下さいね。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました