還暦祝いに必要な金額の相場と贈る相手による額の違い!

この記事の所要時間: 354

気になる還暦祝いの費用の相場

普通どれだけの金額が必要か知りたいですよね。

それぞれの家庭の事情によって出せる金額は変わると思うのです。

親のお祝いのためにはどのくらい必要か知りたいですよね。

今回は費用の額を知りたいあなたのために!

還暦祝いはどのくらいが相場なのかについてご紹介します!

ここでスッキリ解決しましょう!

スポンサーリンク

アンケート調査による相場

相場はだいたい3万円

還暦祝いの相場は、およその数字ですが、だいたい3万円前後を選ぶ人が多いようです。

アンケート調査の結果によると、3万円前後が相場であるということがわかったのです。

以前、三和銀行が行ったアンケートでも約3万円という結果になりました(平成8年三和銀行調べ)。

電報サービスを展開するVERY CARDによる、最近のアンケート調査では以下の結果になりました。

アンケートの4割以上が3万円!

還暦祝いにかかる費用の相場アンケート

1位 1~3万円 41%
2位 4~6万円 24%
3位 1万円以下 20%
4位 10万円以上 15%

この調査で分かったことは、贈る相手によって金額が変わってくるということなのです。

また、贈る側の家庭の経済状況によっても増減があるのです。

そのような訳で、この金額は「絶対この金額でなければならない」ということではないのです。

あくまでも「ひとつの目安」としてご理解ください

還暦をお祝いするために準備する金額は、当人に何を贈るのか、というところから決めたいですよね。

そこで、だいたいどのくらいの予算が必要かをあらかじめ決めておくとスムーズですよ。

そんな時に、目安になる金額が分かると助かります。

スポンサーリンク

上のアンケートでは、自分の親の場合に約3万円を準備したいということがわかりましたね。

「夫婦でのんびり温泉に一泊」をプレゼントしたいと考えると、だいたい3~5万円くらいが妥当な線です。このくらいが定番ですね。

これ以外に、交通費やお土産代、食費などをプラスして、兄弟で折半するなどの工夫ができたらいいですね。

贈る人によって違いがあるのです

おおよその相場は3万円くらい、ということがわかったのですが、贈る側の立場によって金額が違ってくるのです。

というのは、親へのお祝いの場合と祖父母へのお祝いの場合などを一緒にはできません。

還暦のお祝いについての正確な金額には、厳密な決まりはありません。

あくまでも目安ですが、下記の金額が妥当と考えられます。

贈る相手 相場の金額
両親 10,000~100,000円
祖父母 10,000~30,000円
親戚 5,000~20,000円
友人・同僚など 5,000~10,000円

※予算額には幅がありますので、その額に応じてプレゼントも多様です。

注意したいこと

夫側と妻の側の親について、還暦祝いの金額に差をつけないようにしたいですよね。

もしも、違いが生じたことが親に知れるとまずいですよね。

親ではなく、祖父母や親戚などの場合は親族に相談することをおすすめします。

まわりと足並みを揃えるのが無難です。

相談がむずかしい場合は、当人に連絡をして「欲しいもの」を直接聞いてみるのも良いでしょう。

まとめ

お祝いは、お世話になっている感謝の気持ちを表すことです。

お祝いを贈る時には、感謝の気持ちを添えた「手紙」や「カード」などを忘れないようにされるといいですよ。

とは言っても、やっぱり金額が気になりますよね。

子育て世代には3万円は予想以上に高額ですよね。

みんなで旅行となると、これ以上の金額が必要になります。

上手な計画と根回しが欠かせないのです。

こちらの記事も合わせて御覧ください
還暦祝いの費用負担は誰がするのかについて詳しく説明しています

親への還暦祝いはどんなものが良いのかについて詳しく説明しています

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。