チューリップの花言葉は色別で違う!色によって大きく変わるんです!

この記事の所要時間: 554

花には花言葉があるのは、
ご存知の方も多いでしょう。

チューリップと言えば春を代表する花ですが、
その花言葉を知っていますか?

実は、チューリップは
色別に花言葉が設定されているのです。

同じチューリップでも、
色別で全然違う花言葉を持っているのです。

チューリップの花言葉には、
どんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

色が違えばこんなに違う!チューリップの花言葉を色別に7つ紹介!


「思いやり」というのが、
チューリップ全体の花言葉です。

しかし、
チューリップを歌った歌にもあるように、
チューリップには様々な色がありますね。

そのため、
チューリップの花言葉は色別で違うのです。

どの色にどんな花言葉があるのか、
代表的なものをご紹介しましょう。
 

赤「愛の告白」「真実の愛」

チューリップと言えば、
真っ先に赤を思い付く方もいるのではないでしょうか?

そんな赤いチューリップの花言葉は、
その色に相応しい情熱的なものですね。

チューリップは可愛いイメージも強いですが、
大人の雰囲気でも使えそうな花言葉ではないでしょうか。
プロポーズにも、もってこいの花言葉です。

白「失われた愛」

チューリップの歌に出て来る花色のひとつですが、
その花言葉は実は残念なものです。

少なくとも、花言葉の面で見ると
贈るべき色でないことが分かります。

ただ、チューリップの色としては、
とても美しいのも事実です。

花壇に植えたり花瓶に生けたりして、楽しみましょう。
 

黄「実らない恋」「名声」

黄色も、
チューリップの歌の中に登場する色ですね。

この黄色も、
チューリップの色別の花言葉で見ると、
あまりいい意味は持っていないのです。

黄色のチューリップの花言葉が面白いのは、
相反する意味があることです。

恋愛に関して言えば
「実らない恋」と残念なのに、
一方で「名声」という
いい意味の花言葉もあります。

2つのいいものは手に入れられない、
という意味なのでしょうか…?
 

オレンジ「照れ屋」

オレンジ色のチューリップも、
明るい雰囲気があっていいですね。

鮮やかな色ながら、
赤ほどはっきりと愛を表現出来ない
可愛さのようなものを感じます。

「照れる」というのが、
オレンジ色にぴったりですね。
 

ピンク「愛の芽生え」「誠実な愛」

柔らかな花色が特徴的な
ピンクのチューリップは、
その色に相応しい花言葉を持っています。

「愛の芽生え」は恥じらいを感じさせ、
ピンクのチューリップによく合います。
 

紫「不滅の愛」

大人の雰囲気を持つ紫色のチューリップには、
「不滅の愛」という花言葉があります。

あの深い色にこういう花言葉があるのは、
どこか納得出来るから不思議です。
 

ミックス(班入り)「疑惑の愛」

チューリップの花色は、
もはや一色のみではありません。

白い花をベースに、
別の色が散ったものも美しいですね。

しかし、
ひとつの花に複数の色があるせいか、
ミックス色のチューリップは
「疑惑の愛」という花言葉に。

班が入る様が、
愛があちこちに散る様に似ているのでしょうか?

以上、
よく見かけるチューリップの
花言葉をご紹介しました。

お馴染みのチューリップにも、
意外な花言葉があるんですね。


スポンサーリンク

チューリップの花言葉は色別だけじゃない!本数によっても違うって本当!?


チューリップには
色別の花言葉があるのは、
既にご紹介した通りです。

ところがさらに、
その本数によっても花言葉が変わる
ということをご存知でしょうか?

プレゼントする時には注意したい、そ
んな花言葉もあるようです…。

いい花言葉を持つ本数

1本:あなたが運命の人です
3本:愛しています
4本:一生愛し続けます6本:あなたに夢中です
8本:思いやりに感謝します
9本:いつも一緒にいましょう

11本:最愛です
12本:私の恋人/妻になってください

40本:永遠の愛を誓います

99本:永遠の愛
108本:結婚してください

 

チューリップは、
そのほとんどの本数において、
いい意味の花言葉を持っていることが分かります。

100本を超えるチューリップで
プロポーズされるなんて、とても素敵ですね!

とはいえ、
さすがにもらう相手も大変かもしれないので、
12本くらいがいいのかもしれませんが…。

先ほどご紹介した色別の花言葉と併せて、
本数でもあなたの気持ちを上乗せするといいでしょう。

悪い花言葉を持つ本数

15本:ごめんなさい
16本:不安な愛
17本:絶望の愛

 

これらの花言葉が示すように、
15本~17本のチューリップは
よくない花言葉を持っています。

相手が花言葉を知っているといけないので、
贈り物としてこれらの本数にするのは止めた方が無難です。

15本に限っては、
告白の答えとして贈ってもよさそうです。

口に出して断るよりも、
スマートに見えるかもしれませんね。
 

まとめ

花言葉というと、
種類ごとにひとつの花言葉があるのだと思っていました。

同じ花でも色別に花言葉があるのは、私自身も驚きでした。

しかも、
色によってはよくない意味の花言葉もありましたね。

黄色や白のチューリップが好きな人もいるでしょうし、
残念でなりませんね。

誰かにプレゼントする時にも、
気を遣わないといけません。

そんなことを細々と考えると、
花を愛でたり、
贈ったりするのが億劫になりませんか?

花言葉はひとまず置いておいて、
思うように好きな色を楽しめば
いいのではないでしょうか。

誰かにチューリップをプレゼントする時など、
花言葉にあやかりたいならそうすればいいのです。

後はそんなに気にせず、
好きな色のチューリップを
好きなままでいればいいでしょう。

人と花の関係は、
そういうものであってほしいと思います。

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました