時代祭は京都人のプライドをかけた本気で本物の神事なのです!

この記事の所要時間: 515


京都三大祭りは、春の葵祭、夏の祇園祭、そして秋の時代祭です。

葵祭が1400年以上、祇園祭は1000年以上の歴史があるのですが、時代祭はまだ120年ちょっとしか歴史がないので、京都人にとっては比較的新しいお祭りなのです。

明治維新で首都が京都から東京へ移されたこと、幕末の戦乱によって京都が荒れ果てたことなどの理由で「京都再建」を目指して京都に都(平安京)ができて1100年目の明治28年に「平安神宮」が創建されたのです。

京都再建の心意気と平安神宮創建の熱意から創始されたのが「時代祭」なのです。

単なる「お祭り」ではなく、京都全市民が心をひとつにした「行く先の平安を祈る祭礼」なのです。

この記事では、本気の心意気で取り組んでいる祭りのこころについて解説します。

スポンサーリンク

時代祭は京都人の本気を示しているのです

京都人のプライドをかけた奉祝の行事

平安遷都(都が京都に移されたこと)1100年と平安神宮の創建を奉祝する行事として明治28年に始まったのが時代祭です。

明治維新の混乱によって莫大な被害を受け、著しい衰退を見せた京都の「町おこし事業」の集大成として平安神宮が創建されました。

この創建に寄せられた人々の熱意の象徴としてまったく同じ意志のもとに創始されたたのが「時代祭」なのです。

この意志は京都人の心意気と誇りがふんだんに織り込まれたものなのです。
・ひと目で京の都の歴史と文化が理解できるものを
・京都をおいて他にはまねのできないものを
この志を京都の誕生日である10月22日に執り行われるのです。

歴史と文化そしてオリジナリティ

時代祭の特徴は、国内はもとより海外からの観覧者が多く訪れ、沿道を埋め尽くすことです。

時代祭の目的のひとつに、京都が日本の都として1000年以上に渡って受け継いてできた伝統工芸の技術を動く歴史風俗絵巻として披露することなのです。

各時代の行列に使用している衣装や祭具から、その素材や人間の髪型に至るまで、約12000点にもおよぶ衣装や調度品のどれも細部に渡って研究され、時代考証を重ねて再現されたものなのです。どれも『本物』なのです!ここが他には比べられないポイントです。

このようなところからも京都人の心意気とプライドをかけていることが理解できます。京都が1000年の都と言われる所以、そしてこの長い歴史が培った伝統工芸の味わいのある技術が現代に蘇った姿を実際に見ることができるのです。

時代祭は京都人が本物を見せているのです

悲惨な歴史があったからこそ

京都は幕末から明治維新にかけて戦の連続でした。
名の知れた人物が京都を舞台に争い続けたのです。
西郷隆盛、坂本龍馬、新選組、徳川慶喜、朝敵の長州藩などなど。

スポンサーリンク

衝撃的だったのは1864年京都御所の蛤御門(はまぐりごもん)で勃発した蛤御門の変です。幕府軍に敗れた長州藩が京都の町に火を付けて街中が焼き払われたのです。今、私が住んでいるこの場所もです。

京都は応仁の乱や戦国時代から、時代が変わるたびに戦場となっていたのです。都だから仕方がないと、当時の人達は考えて耐え忍んできたことでしょう。

ところが、明治維新で首都が東京になり、天皇も京都を離れてしまったのです。代々1000年にも渡って京都に住んでいたのにです。

皆さん知ってますか?京都御所には高い塀がないのです。
天皇の考えは「人々の平和は自分の平和」なのです。天皇が人々の平和を願っていることを京都の人々は知っていました。この天皇が去っていかれたのです。

この時の京都の人々はどれだけ落胆したのかは想像できません。町をことごとく破壊され、その上首都の座まで奪われ、天皇も去っていかれたのです。

復興がきっかけとなった時代祭

現在の被災地の方と同じく、当時の京都の人たちは復興に向けて心をひとつにして再建のために働いたのです。復興事業は、教育や文化、産業にライフラインなどの構築など多岐にわたり、様々な分野に及んだのです。

この事業が完成した頃に、京都に首都が移転された「平安遷都」から1100年を迎えたのです。これを機会に新しい京都のシンボルとして「平安神宮」が創建され、同時に「時代祭」が始まったのです。

なので、平安神宮と時代祭には京都市民の熱意とプライドが込められているのです。

目的と展望がある祭だからこそ見る人に伝わる

すべての列は18番目の神幸列にお供する祭列です

時代祭の行列は、全部で20の列があるのです。すべてが18番目の『神幸列』にお供する祭列なのです。

神幸列
平安神宮のご祭神である桓武天皇と孝明天皇のご神霊をお祀りしている列のことなのです。このご神霊に京都市内を巡行していただき、市民の暮らしぶりを親しくご覧いただく事と、京都市民が心をひとつにゆくさきの平安を祈る祭礼が時代祭なのです。
目的はご神霊に巡行していただくことで、展望はゆくさきの平安を祈ることなのです。

まとめ

時代祭について、歴史と心意気の部分から説明しました。

仮装は仮装でも、ハロウィンとは全く違いますよね。

2000人もの人たちが、本物の仮装をして行列するのは圧巻です。

先頭から最後尾まで通過するのに約2時間かかります。

おすすめは、行列の説明を読みながらご覧になることです。
どの時代の列なのか、どの人物なのかわかりますよ。祇園の舞妓さんも大勢参加しています。

こちらに行列の詳細があります

合わせて読みたい記事は

この記事は下記のサイトを参考にしました。
[公式]平安神宮 | 京都三大祭 時代祭について

時代祭 有料観覧席のご案内 | 京都市観光協会

時代祭 行列コースと時間 | 京都市観光協会

スポンサーリンク
今、あなたにおすすめ!


data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

ただいまの順位を調べる!

記事が良かった!と思ったら
応援ポチッとしてくださると感激です!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。