袴姿での卒業式が小学生のトレンドに!賛否両論からトイレ問題まで!

この記事の所要時間: 536


「卒業式に袴」、大学生では定番ですよね。
しかし近年、小学校の卒業式でも袴が流行しています。
娘さんに、「卒業式に袴が着たい!」
と言われて悩んでいるお母さんもいるのではないでしょうか。

私が小学生の頃、
卒業式に袴姿の子どもはいませんでした。
時代はどんどん変わっていくのですね。

「小学生が卒業式に袴を着る」ことに対して、賛否両論ある
ということはあなたにも想像できると思います。

賛成派、反対派どちらの意見も一理ある
と思うからこそ悩むのですよね。

そんなあなたに私が提案したいのは、

① まずは学校の決まりに従うこと
② 次に子ども本人の意思を尊重すること
③ 親としての都合や意見を
子供に分かってもらえるように説明すること

という手順です。

この記事では、「小学校の卒業式に袴」
に対する世間の意見の紹介と、
上記の手順について、
トイレの心配も含めて細かく説明していきます。

スポンサーリンク

卒業式、袴にする?しない?決めるときのポイントはコレ

 

① 学校の決まりに従う

最近、袴で卒業式に参加することを
禁止している小学校が増えているようです。

小学校側の言い分としては、

華美競争を助長すべきではない

着なれないものなので、
当日転んだり着崩れたりトラブルになる

経済的に難しい家庭に配慮すべき

ということらしいです。

学校で禁止と決まっている場合は、
袴での卒業式参加はやめたほうがいいでしょう。

小学校生活の最後の晴れ晴れしい日に、
わざわざトラブルを招くようなことは
しないほうがいいと思います。

学校側の言い分がおかしい
と思うのなら袴禁止の決まりを変えるために
何か行動を起こしてください。

何ヵ月も前から署名運動をして
学校に提出するなど、とても大変なこと
だとは思いますが、学校側の「袴OK」を
勝ち取らない限りは卒業式に袴で
参加するべきではないと私は思います。

お子さんの立場が悪くなると可哀想ですので、
よく考えてあげてくださいね。

② 子ども本人の意思を尊重する

女の子は6年生にもなれば、
身に付けるものに対して
色々な希望があると思います。

また、お友達との世界も確立されています。
最近はAKBなどのアイドルグループの
衣装をみんなで着るケースも増えていますね。

年頃の子どもの意見をしっかり聞いて
認めてあげることはとても大切なことですよね。

③ 親としての都合や意見を子どもに説明する

ここが重要なポイントだと考えます。

「子どもの意思を尊重する」=「子どもの思い通りにさせる」ではありませんよね。

例えばですが、
「袴で卒業式に参加したい」
という思いは受け止めてあげて、
その上であなたが「やめたほうがいい」
と思うのならそうお子さんに伝えていいと思うんです。

我が家の子どもはまだ低学年ですが、
6年生になって「卒業式は袴がいい!」
と言われたらたぶん反対すると思います。

スポンサーリンク

女の子の大半が袴で参加する場合は考えますが、
そうじゃない場合は袴を着させる予定は今のところありません。

ここでポイントになるのは世間の意見ではなく、
親のあなたから見て子どもが袴を着こなせるかどうか
ということです。

トイレの心配も含めて

器用な子や、動きの大きくない子は、
トイレも上手にできるし、転ばないし、
着崩れも少なく済むだろうから、
袴でも大丈夫だと思います。

しかし、うちの娘のように
不器用で無駄な動きが多い子は袴に向かないのです。

卒業式のずっと前から
トイレや着崩れの心配をして過ごすことに
なりそうで嫌だし、当日、着崩れたり
汚れたりしたら親も子も気分が台無しですよね。

たぶん、6年生になっても
私は娘が心配だと思うので卒業式に袴は着させないでしょう。

あなたのお子さんはあなたから見てどうですか?
それによってどうするかを決めてくださいね。

袴着用時のトイレはこちらをチェック!
スポンサーリンク

世間の意見とどう付き合う?

世の中には、「小学校の卒業式に袴」に対して
色々な意見があります。

でも、私は
肯定派の意見も否定派の意見も特に気にしなくていい
と思います。

基本的に「よけいなお世話」な意見ばかり
だと思いませんか?

いくつか例をあげ、それに対してよけいなお世話!
と思う理由もあげてみます。

【「華美競争を助長するからダメ」という意見】

◎なんで華美はダメなの?
◎お友達より可愛くしたいという気持ちは無視していいの?

【「服装は、表現の自由!袴くらい着せてやれ」という意見】

◎学校の決まりを守っているんだからほっといてよ
◎うちの子では袴を着こなせないと判断したの! 他人には分からないよ

【「経済的に袴を着せられない家庭へ配慮が必要」という意見】

お金で買える買えないに関わらず、
これから先、他人は持っているのに
自分には手に入らないというものがたくさん出てきます。

大切なのはその事実を教えることです。

持っている子の親は、
「持ってない子もいる、人それぞれ。
持っていることが偉いわけでもすごいわけでもない」
持っていない子の親は、
「どうしても手に入らないものもある。
それは仕方のないこと。卑屈になる必要はない」と。

 

必要なのは「持っていない人への配慮ではない」と思いませんか?

持っていても持っていなくても、
その事実を受け入れて他人に惑わされたりしないこと。

「人は人、自分は自分」ということを、
きっちり子どもに伝えていくことこそ

大切なのではないでしょうか。

 

まとめ


いかがでしたか?

娘さんの卒業式、袴で参加させるかどうか、
とても難しい問題だと思います。
「小学校」の卒業式ならではの悩みですね。

世間の意見に惑わされすぎず、
あなたと娘さんにとって
よい答えを見つけてくださいね。

この記事が、
少しでもあなた方親子のお役に立てると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました