アイディア

秋に向けての朗報!柿は保存方法を知れば大量でも怖くない!

ふと気付けば、台所や収納に大量に置かれた柿。 柿好きには嬉しい、秋の風物詩です。 しかし困ったことに、柿はあまり長持ちしないんですよね。 大量の柿を最後まで美味しく食べきりたい! 今回は、そんな願いを叶える保存方法についてのお話です。
疑問

秋の味覚で体を元気に!!柿に含まれる栄養&その効能とは?

秋の代表的な味覚、柿。 季節になればどこででも手に入る柿に、実はたくさんの栄養と驚きの効能があるのをご存知でしょうか? 秋になると、それこそアキるほどに食べる柿だと思います。 今年はちょっとじっくりと、その栄養や効能について考えを巡らせながら味わってみませんか?
生活

柿をおいしく食べよう!長持常温保存のコツと完熟柿のアレンジレシピ

秋の風物詩「柿」がおいしい時期がまもなくやってきます。 日本では、家庭に柿の木がある家も多く、皆さんもお家で収穫したり、人にもらったりと柿を食べる機会は結構多いのではないでしょうか? しかし、たくさんもらって冷蔵庫には入らないから…と常温で置いておいたらあっという間に柔らかくなりすぎてしまったという事はありませんか? 私は、どちらかと言えばちょっと歯ごたえのある固めの柿が好きなので柔らかくなってしまうのが、あまり好きではありません。 一体、どうしたら美味しく柿を常温保存できるのか? 今回は柿の正しい常温保存について調べてみました。
疑問

柿の保存方法は?冷蔵庫に入れればいいの?長く美味しく楽しむために

秋の味覚といえば、柿! オレンジ色のふっくらとした実に、かぶりついたときのトロっと感、やさしい甘さは他の果物に代えがたい美味しさですよね。 ただ、沢山ある場合、大家族でもないと中々一度に何個も食べきれるものでもありません。 あなたは手に入れた柿を、普段どのように保管していますか? 冷暗所に保管?冷蔵庫に入れっぱなし? 実は、食べる人の好みの固さによって、保存方法って変わってくるんです。 今回は、旬な柿の保存方法について、1からご紹介します!
疑問

秋といえば?柿の栄養・効能を詳しくご紹介!

秋といえば、食欲の秋!サンマ、お芋、キノコ、栗… 中でも忘れてはいけないのは、柿! 日本の昔話にも多く登場し、古来からその味を楽しまれてきました。 また、「渋柿」「甘柿」など、こどもたちの遊びの材料にもなってきた植物ですね。 今回は、その柿について詳しくご紹介します!
疑問

柿の効能が凄すぎる!?日本の秋の味覚を徹底解明

秋の味覚といえば「柿」を思い出す人も多いのではないでしょうか? ご自宅に柿の木を植えているお家も非常に多い日本。 町中で柿の実が橙色に色付くのを見ると「秋になったなあ」と 感じますよね。 そんな、秋の風物詩の柿ですが、とっても栄養価が高い 果物だと知っていましたか? 今回は柿の凄すぎる効能をご紹介していきたいと 思います。
健康

世界に誇る柿は栄養が抜群!その効用を知って医者いらず!?

柿の栄養価が高いのを知っていますか? さまざまな効用があることを知っていますか? 実は柿は日本が世界に誇る果物だったんですね。 近年日本人の柿の摂取量が減っているように感じます。私も子供のころはたくさん食べていたように思いますが、大人になってからがほとんど食べなくなりました。 An apple a day keeps the doctor away. という英語のことわざをご存知でしょう。1日1個のリンゴは医者いらずという意味です。同じ意味の言葉が日本にもあります。「柿が赤くなれば医者が青くなる」です。 そうであればやはりリンゴか柿を毎日食べたいものです。あなたならどちらを食べますか?私なら世界に誇る日本の柿ですね。 柿の原産地は中国で日本には奈良時代に渡来したと考えられています。ポルトガル人が16世紀に日本に来たとき、本国に持ち帰ったのがヨーロッパの柿の始まりだそうです。欧米では柿のことをKAKI(カキ)または CAKI(カキ)と言っています。日本語がそのまま英語やヨーロッパ言語に取り込まれているのです。 柿の学名はディーオスピーロスカキで、ディーオスピーロスとは「神々の食べ物」という意味です。つまり、神から与えられた美味しい果物ということになります。 また幕末アメリカの黒船を率いて来航したペルーが、柿の美味しさを知り本国に持ち帰りました。それが現在のカルフォルニア産の柿であるといわれています。
疑問

柿のこの保存方法なら食感そのまま!大量にあっても困らない!?

味覚の秋といえば柿ですね。柿の美味しい保存方法を知っていますか? 柿はなかなか保存ができない果物です。田舎に親戚のある人は大量に柿を頂くことがあるでしょう。そんなときあなたはどうしますか? ここで、いろいろな方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました