ススキ

季節

ススキの花言葉にはびっくりの由来が!生命力と神様って!?

実は、ススキの花言葉は10個もあるんです! なびく心や活力など、さまざまな意味の花言葉ばかりなんですよ。 また、ススキという名前は、生命力の強さと神様が関係しているんです! それでは、秋を代表するススキについて、詳しくお伝えしていきますね!
生活

ススキには力強い花言葉があった!由来から分かる秋の代表花

夕方涼しい風が吹き始めると、河原や空き地に、いつの間にかススキがいっぱい生えていて、夏の終わりに気がつく私です。 そうすると、決まって寂しい気持ちになってしまいます。 もしかしたら私には「○○枯れすすき」という演歌のイメージがつきすぎて いるかもしれませんが…(お年が解ってしまいますね!) でも、十五夜にお供えするススキは、神秘的な気もします。 色々考えていたら、ススキのことを知りたくなっちゃったので調べてみました!! 調べていくと、ススキは明るいイメージ?!秋の七草?!だったのです。 面白いので、ぜひ、一緒に見て行ってくださいね。
レジャー

銀色に輝くススキ高原はいかがですか?ススキの開花日と見所を紹介!

空き地でトンボが飛び交い、涼しい風がほほを吹き抜け、秋の気配を感じるころになると、空き地や道端でススキの姿が目につくようになりますね。 ススキの穂が開き始めるころの穂の初々しさ、太陽に照らされさざ波のようにきらめく銀色の輝き、私大好きなんです。いつまで観ていても飽きないですよね。 ところで、ススキにも開花日や開花日を決定する基準があるのを、ご存知でしたか? これからは秋の風物詩であるススキの季節! 夏の疲れを癒しにススキ高原へドライブされる方も多いのでは!? このページではススキの開花日やその基準など、あまり知られていないススキに関する情報をお届けしましょう。
生活

ススキの花言葉って?由来を探ります!

秋と言えば?お月見にウサギの餅つき、その横にはススキの影が定番ですよね。実は、この「ススキ」、奈良時代には「秋の七草」にも数えられているほど、昔から存在することをご存知だったでしょうか。ごく身近な存在ほど、意外とよくは知らないもの。今回は、そんな「ススキ」について、花言葉から由来まで、詳しくご紹介します!
生活

意外と知らないススキの事 花言葉や由来について

皆さん、ススキってどんなイメージですか? ちなみに漢字だと「薄」や「芒」と書きます。 別名「尾花(おばな)」や「茅(かや)」、「萱(カヤ)」とも、言うんですよ?! さて、私の中のイメージはというと、ススキと言えば、お月見の時にお団子の横にサワサワと揺れている。 縁側+お月見団子+月+うさぎ+ススキといった、秋の代名詞みたいなイメージです。 まぁ、月見団子は子供と楽しみながら作ってみたりはしますが、連想ゲームの中でも一番最後に来るのからお分かりいただけるように、やっぱり、月がメインでススキは、まじまじと見たことはあまりないです(笑) でも、調べてみると意外と由緒正しい素敵な花でした! 今回は、そんなススキの花言葉と名前の由来とその理由についてお話したいと思います?!
生活

実はすごいんです!ススキの意外な花言葉とその由来を解説!

さわさわと揺れて、どこか物悲しい感じを演出するススキ…。 こんな植物の、花言葉について考えたことはありますか? 「えっ、ススキって葉っぱじゃないの!?」 「花言葉も地味そうだね…」 そんな印象しかないのも、仕方がありませんね。 ススキというものに注意を向けたことは、あまりないですよね。 細くて頼りなくて、お月見の時に飾るくらいしか思い浮かばないススキ。 そんなイメージでも、実は正反対の花言葉があるのをご存知ですか? それを知ったら、ススキへの見方が変わってくるかも!?
生活

秋の風物詩のススキ!開花日は南からじゃない!?

秋の風物詩であるススキ、ススキを見たら秋を感じる方もいると思います。 そんなススキですが、桜と同じように開花日が毎年発表されているんです。 ススキといえば稲のように黄金色の頭が垂れたような植物です。 名前が聞き馴染みなくても見たことはある方も多いと思います。 そんなススキの開花日なんですが、開花日と聞くと南から北に流れていくイメージがありますよね。 開花日でニュースでも報道される桜が毎年報道されるのでそう思う人が多いです。 ですが、ススキは涼しくなる秋に開花する植物です。 ですので、涼しくなる北海道から開花していくんです。 これも意外と知らない方が多いですね。 そんな意外と知らないススキについて、今回は紹介していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました