専業主婦の子育て悩み「あるある」旦那にも知ってほしいコト

この記事は約5分で読めます。


「専業主婦と働くのはどっちが良いのかな」と思いませんか?

周りからは専業主婦の方が楽そうだし、子供と一緒に居たいから働かないなど色々な意見がありますね。

まず保育園に入れるとしても、いきたい保育園がいっぱいだったり働くに働けなかったり…。時間が限られてくるのでなかなかうまくいかないですよね。

「専業主婦はいいよね」と思われがちですが、ちょっと待った!と言いたいです。

実は、専業主婦もそんなに楽ではないんです!

共働きの方は外で働くことでストレスが溜まったり、子供となかなか過ごす時間があまりなかったりで不安も多いものです。

ですが、専業主婦も色々と大変なことがあります。

今回は、そんな「専業主婦の子育ての悩みについて」紹介していきます!

スポンサーリンク

専業主婦の悩み!どんな事でみんな悩んでいるの?

1、 一日中子供と一緒にいる事

こちらは働いている方から見ると贅沢な悩みかもしれません。

確かに、子供と一日中一緒に居られることは幸せなことですよね!

ですが一日中子供と遊んで、お昼寝をするまで見てあげて、またお出かけしてなど休む暇ってなかなかないです

子育ての他にも家事などもこなしていかなければなりません。

当たり前のことですが、その生活を毎日続けるだけ。ひたすら毎日とくに変わる事なく過ごしていきます。

子供が言うことを聞いてくれれば良いですが、絶対無理なことですよね?

あのね~みてみて~、うぎゃー!!!

ずっとかまっているわけにもいかないので、いざ家事をしよう!と思ってもなかなかうまくいかずイライラしてしまったり…。

毎日やることに追われているのは、決して楽ではないですね。

2、 当たり前にこなせると思われる

専業主婦で子育てをしていると、全て「やって当たり前でしょ?」と言われるようになります。

しかし、働くママの場合は、仕事と育児の両立がすごい!などと言われますよね。

辛いことですが一番理解しているはずの旦那さんにまで「当たり前」と思われるようになってしまうんです。

子育てママには365日24時間定休日がないのです。

肉体的に:産後1年間ほどはホルモンバランスが落ち着かなくて、特にイライラしやすいのです。

精神的に:親戚間のお付き合いやご近所さんには、上手に対応しなければいけません。夫の対応にも。

物理的に:家事についても、子供に対応しながら(何度も何度も中断しながら)進めなければなりません。

経済的に:家計が赤字にならないように工夫しながら、上手なやりくりが必要です。

このように、ストレスの原因が波のようにひっきりなしに押し寄せてくるんですよ。


スポンサーリンク

3、 ストレス発散をどうしたらいかわからない

毎日同じことの繰り返しをしている専業主婦は、意外にストレスが蓄積されていきますよね?

自由に使えるお金も時間もないので、なかなかストレスを発散させることができません。

少し1人になりたい!と思っても無理なので、何かストレス発散方法を見つけたいところです。

ストレスを蓄積し続けると、肉体的にだったり、精神的にだったりの支障をきたすことがあるんです。

家の中だって、時々風通しをよくしなければ、室内の空気が淀んだりして環境によくないですよね。

心の中だって、体の中だって同じです。時々気持ちの良い風が必要なんです!

4、 社会との切断

この理由が一番といって良いほど、社会と繋がりが無くなることは辛いですよね?

 

昔読んだマザー・テレサの本に書いてありました。

人間の苦しみの中で一番大きいものは「孤独によるもの」だということです。

 

産まれてすぐが多いと思いますが、社会に出られないことで孤独を感じたり、一人取り残されているような苦しい気持ちになります。

まだ言葉ができない子供とのコミュニケーションは、最初の頃は特に限界が眼の前にあるように思います。

人との関わりがなかなかとれなくなり、おしゃれをしてでかけることもできなくなったりすると「わたしっていったい何なんだろう」と落ち込んでしまいますよね。

「仕事に生きがいを持っていた」「人と関わることが好きだった」「おしゃれをすることが好きだった」方は多いと思います。

「逃げ場がなくて辛い」と病んでいく前に、一番近くの存在の旦那さんや身内の方、友達など誰でも良いので今の不満を吐ける時間を作りましょう!

まとめ


色々な悩みを上げてきましたが、みなさんの「あるある」になりましたでしょうか?

多くの専業主婦の方が感じている虚しさや孤独感ですが、子供が小さい間だけの場合が多いです。

また自分の時間が持てる時は必ずやってきます

子供が成長していく上での人脈も広がって、もっと視野が広がるので、気に病まないでくださいね。

それまで自分なりの息抜き方法や上手な時間の使い方をして、毎日楽しく過ごせるように周りにも協力をどんどん求めちゃいましょう!

合わせて読みたい記事はこちら!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました