不眠から抜け出す!リラックスして良く眠れるためのヒント!

この記事は約5分で読めます。

最近、よく眠れない!目覚めてもだるい。こんな症状に悩まされていると正直つらいですよね。

ダル重感は日常生活にかなりのダメージを与えます。
良質な睡眠をとるために、なにか良い方法がないかな。と、考えているあなたに、おすすめの方法を提案します。

自分も長い間眠られずに苦しみました。
あなたのために、最良の方法をおすすめします。
快適な毎日のために!

スポンサーリンク

眠れないのはどうしてなのか

分かっているようで、分かっていないのが自分の身体なんです。

自分の身体の状態がよく分かっていれば、病気とは無縁の状態になれそうですよね。

特に「眠り」に関しては専門の医師による治療がなければ、良い睡眠への改善は難しいですよね。
そこでこの記事では、わざわざ医療機関を受診しなくても解決できる方法をお伝えまします。

健康のために

健康の3原則は、「快眠・快食・快便」などと言われます。
よく寝ること、バランスの良い食事を摂ること、自然な排泄ができること。これが健康を維持するための、大切な要素です。

この中のどれかひとつでも支障をきたすと体調がガクンと悪化します。
調子が崩れた体調、特に不眠について知っておきたいことがあります。

まず、眠れないということは、どういうことか確認してみましょう。

不眠とは

・なかなか眠りにつけないケース
とてもつらいですよね。眠ろうとすればするほど覚醒してしまう。辛いですよね。

・睡眠の途中で目覚めてしまうケース
夜中に何度も目覚めてしまうと倦怠感が朝から日中まで続きますよね。これも辛いです。

・予定よりも早くに目覚めてしまい、その後に眠れなくなるケース
年齢とともに進行する傾向があります。要注意です。

・眠りが浅くて熟睡感がないケース
目覚めてからも疲労感があってダル重い。倦怠感が半端でない。

不眠の原因

不眠の原因として考えられることは次の通りです。

環境の変化によるもの
寝る場所の明るさや騒音、温度や湿度、枕や寝心地が原因となるもの等

身体の調子に起因があるもの
年齢的なもの、性別によって起因するもの、頻尿や疼痛感によるもの等

生活習慣に起因するもの
カフェインやアルコール、タバコや薬、体調によるものに起因するもの等

「睡眠」について、良く考えてみると、ほとんどの原因は「自律神経のバランスが不安定になること」に起因していのです。

不眠の対策には生活習慣の見直しが一番!

ドクターのアドバイス

お医者さんの常套句ですが
規則正しい生活を心がけてくださいね
ということ。これが一番です。

規則正しい生活を心がけるのが一番だということです。

以前に大丈夫だったということは、以前は正しい生活のリズムだったわけです。

生活のリズムがどこかで崩れたことが原因ですよね。
そのためには、規則正しい生活をするのが一番の特効薬です。

具体的には

朝起きたらまず、カーテンを開けて日光をあびること。
実はこれがとても大切なのです。体内時計のためにも朝の目覚めは重要で、身体の隅々まで起こすことが大事なのです。

正しい食事の習慣も大切です。
元々人間の身体は、必要な時間に必要な栄養を取ることが健康にとって大切な習慣なのです。人間の身体にはそれぞれ一定のリズムがあります。心臓の鼓動、脈や血流、歩く速度など。リズムが崩れると体調不良になりますよね。規則正しい生活が基本なのです。まずはここを心がけると良いのです。

無理は禁物です。
リラックスすることが大切です。スマイルも忘れずに!
適度な運動も良い効果が期待できます。
楽しい会話好きな音楽を聞くことも効果が大きいですよ。
眠たくない時には無理に眠ろうとする必要はないのです。
そんな時には、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることをおすすめします。
これは、体温が下がりやすくなると、眠りやすくなるからなのです。

心と身体のバランスがとても重要で、どちらもリラックスすることが大事です。
とりわけ自律神経のバランスが大切になってきます。

スポンサーリンク

自律神経

自律神経には2種類の働きがあるのです。
この働きの特徴はふたつあります。

1、活発的になるように働くもの(交感神経)
2、体を休めるように働くもの(副交感神経)

超かんたんに言うとこうです。
「動け~」という体の働きと「休め~」という体の働きのバランスなんです。

このバランスが崩れてどちらかの動きが優位になるとこんな症状に

・寝付けない
・眠気が取れない
・疲れが抜けない
・お腹の調子が良くない(吐き気・下痢・便秘・腹痛)など

なので、眠れない時にも自律神経のバランスを穏やかにするのがポイントです。

そのためには、生活習慣の見直しが重要なのです。
ポイントは出来るだけ心と身体を休めること。これが大切です。

まとめ

食べたことがない食品の味がわからないように、経験のない痛みやつらさは経験者でないと理解できませんよね。

周囲の理解が得られると良いのですが、これがうまくいかないのがほとんどです。

眠れない、食べられない、出ない。こんな苦しみは経験者でないと理解できません。
生活リズムの不安定さが自律神経のアンバランスを生み出し、体調不良となります。
さらに周囲の無理解もこれに拍車をかけます。

普通のことが普通に出来るように、いつもよりも少しだけ生活習慣を正しくすることを意識する。このことから始めてはいかがでしょうか。

どうしても眠れない時は、専門の医師による治療を受けることをおすすめします。
応援しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました