文化の日の由来に天皇との関係があった!?

この記事は約3分で読めます。


「文化の日」とは何か考えたことがありますか?

「文化の日」は「文化の日」、そんなことは深く考えたことはありません。

え!「文化の日」は天皇の誕生日と関係があるの?

そのあたりのことを説明しましょう。最後まで読んでいただければ分かります。

「文化の日」の由来とは?


1946年11月3日に今の日本国憲法が公布されました。
1948年にそれを記念して11月3日を「文化の日」とすることが決まりました。
公式にはこれだけです。

実は日本国憲法に関する祝日はもう一つあります。
それは半年後の5月3日の日本国憲法の施行日を記念する「憲法記念日」です。
憲法に関する祝日が2回もあるのは、奇妙に思いませんか。

「公布」とはこんな法律ができましたとその内容を公表すること。
「施行」とは今日からこの法律は有効になりましたということです。

「文化の日」とは「国民の祝日に関する法律」第2条に「11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる日」とあります。

前半は憲法精神を持ってきたものですが、後半の文化をすすめる日とはそぐわない気がします。

なぜなら、文化的とは非政治的であるという意味合いです。

一方、憲法とはまさに政治そのものを規定するものです。
ですから、憲法の公布日は「文化の日」とするよりもむしろ「政治の日」とした方が分かりやすいですね。

文化の日は天皇誕生日と関係があります!?


前述した「文化の日」の由来に関して奇妙なことが2つありました。

1つは、憲法に関する記念日が2回もあること
もう1つは、政治そのものである日本国憲法の公布日が、非政治的であるはずの「文化の日」になっていること

その課題は置いておいて、実は「文化の日」の11月3日は戦前も祝日でした。
但し、当然「文化の日」ではなく、「明治節」という祝日でした

明治節は明治天皇の誕生日を祝う祝日です。しかし、戦後GHQの影響で明治節はなくなりました。

このことから、真実はどうであれ「文化の日」は実は「明治節」の生まれ変わりだとする説が出てきます。
そう考えると、先の2つの奇妙な問題も納得しやすくなります。

文化の日について、もう一つ付け加えることがあります。祝日には、
・日付が法律で決められているもの
・月曜日という曜日が法律で決められているもの
・日付も曜日も法律には決められていないもの

があります。

文化の日は1番目に該当します。
2番目に該当する者には「成人の日」があります。
また、3番目に該当するものに「春分の日」「秋分の日」があります。

日付が決まっているものは、「日にち」そのものに意味がある祝日であり、曜日が決まっているものは「日にち」には意味がない祝日だといえるからです。

「文化の日」は、日本国憲法の公布日とするか、明治天皇の誕生日とするか、いづれにしてもその「日にち」に意味があるのです。ですから年によって変わることはありません。

まとめ


「文化の日」の由来は日本国憲法の公布を記念して設けられて祝日であり、戦前はその日が明治天皇の誕生日を祝う「明治節」でした。

両者の関係をどのように考えるかは人それぞれです。

いかがでしたでしょうか。

文化とはすべてのものを包含する力がありますから、どのような考えも1つの考えです。

合わせて読みたい記事はこちらです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました