忘年会のゲーム景品におすすめの厳選アイテム5点とNGアイテム

この記事の所要時間: 750


今年も忘年会の季節がやって来ますね!

忘年会といえばゲームですが、景品があるとすごく盛り上がりますよね。

忘年会のゲームで使う景品は、どういうものが喜ばれるのでしょう?

 

オススメは次のとおりです。
●家電
●商品券
●カタログギフト
●食べ物(お菓子など)
●ネタ系

 

もらって嬉しい景品のためなら、

忘年会のゲームももっと白熱することでしょう。

また、景品としては控えたいものも紹介します。

スポンサーリンク

忘年会のゲームの景品といえばコレでしょ!盛り上がる5つのアイテムとは?


忘年会のゲームに景品は付き物ですが、

どのような物を用意すると喜ばれるのでしょう?

 

忘年会の盛り上げに、

一役買ってくれそうなアイテムを5つご紹介します。

 

●家電

言わずと知れた景品の王道、それが家電です。

小さな家電だと比較的安く購入出来ますので、

忘年会の予算内で収めることが出来るでしょう。

 

家電選びにはポイントがひとつ。

どの家庭にもあるだろう物ではなく、

あればいいけど自分では買わなさそうな物を選ぶことです。

 

具体例としては、加湿器がおすすめです。

 

 

忘年会が冬場にあることを考えると、

もらってすぐ使えるのでお得感があります。

ホットサンドメーカーも、意外に根強い人気を誇っています。

 

 

パンに具を挟んで蓋を閉めるだけなので、

男女問わず、料理の出来ない人にも重宝してもらえます。

 

●商品券


コンビニで使える手軽なクオカードから、

デパートの商品券など、金券は喜ばれる景品のひとつです。

 

多くの人に行き渡るように少額で用意してもいいですし、

ドカンと大きな額で当たり賞品にしても。

スポンサーリンク

 

金券を景品にする時には、有効期限と使える店舗に注意してください

使用期限が極端に短いもの、

使える店が限定されているものは景品としてよくありません。

 

●カタログギフト


ゲームの景品として貰って嬉しい、

更に選ぶ楽しみもあって二重に嬉しいのが

カタログギフトです。

 

カタログは値段によって決められるので、

予算の指定はあるけど内容が決まらない時にもおすすめです。

 

ゲームの景品を自分で選べない場合には、

欲しくないものが当たることもあるでしょう。

カタログギフトの場合は選択肢が多いので、

それを限りなく防ぐことが出来ます。

 

●食べ物(お菓子など)


お菓子を忘年会のゲームの景品として用意するなら、

比較的高めの物を用意するといいでしょう

 

デパ地下で売っているような、

焼き菓子の詰め合わせやチョコレートのアソートなどがおすすめです。

 

コーヒーや紅茶のセット、ジャムや蜂蜜も景品として喜ばれます。

貰った本人は食べなくても、こういうものなら

他人にお裾分けしやすいという利点もありますよ。

 

●ネタ系


大容量の駄菓子や、ハズレの代名詞であるタワシなど、

あまり嬉しくない景品も、忘年会の盛り上げには欠かせません。

 

出来れば相手が喜ぶ景品を用意したいところですが、

ネタ系景品に関してはウケを重視で用意しましょう。

 

お札や通帳をリアルに模したメモ帳や、生肉柄のタオルなど…。

不快感を与える景品にならないよう、

クスッと笑ってしまうような雑貨がおすすめです。

 

これはさすがにどう?忘年会のゲームでNGな景品ってある!?


忘年会のゲームの景品は、

盛り上がるなら何を用意してもいいとは限りません。

 

景品のチョイスは幹事さんに任される部分が大きいと思いますので、

担当の方は気を付けましょう

 

●生もの


高級黒毛和牛は、景品として貰ったらきっと嬉しいはず!

その可能性は大いにありますが、

忘年会の景品で生ものは避けた方が無難です。

 

生ものは温度管理が重要であり、

忘年会会場で現品の受け渡しとなると、

保存の問題が出て来てしまいます

 

忘年会が終わってすぐに自宅に帰るかも怪しいので、

生ものはなるべく選ばないようにしたいですね。

 

●アダルト系


大人ばかりの集まりだからといって、

ゲームの景品にアダルト系の物を用意するのもおすすめ出来ません。

 

一部の人にはウケるかもしれませんが、

同時に不快な思いをする人もいるはずです。

 

最悪の場合、セクハラとして訴えられてしまうかもしれません。

忘年会を盛り上げるためとはいえ、

敢えて用意しない方がいい景品だと言えるでしょう。

 

●宝くじ


忘年会のシーズンは、年末ジャンボ宝くじのシーズンでもあります。

一攫千金を狙って、宝くじを景品に?

趣向は面白いですが、宝くじは意外と面倒な景品だったりします。

 

 

忘年会のゲームでの景品として、宝くじを貰ったとします。

万が一、それが高額当選したらどうなるでしょう?

みんなでよかったねとお祝いするでしょうか?

悲しいかな、現実はそんなに穏やかにはいきません。

景品で貰った宝くじが当たって、余計なトラブルを引き起こすかもしれません。

その反面、宝くじはまず当たらないものでもあります。

100枚ならまだしも、ゲームの景品で数枚貰ったとして嬉しいでしょうか?

 

 

●商品券、クオカードなどのみ


幾つかの景品の中にあっては喜ばれる金券も、

景品全てが金券だと盛り上がりに欠けるのでご注意を

 

500円相当の景品を貰うより、1000円の金券を貰う方が得ではあります。

しかし、目の前に現物があるのとないのとでは、

人の感じ方は違うものなのです。

景品の用意に手を抜いていると取られる可能性もあります。

 

●身に着けるもの


アクセサリーや洋服など、身に着けるものを景品にするのは至難の技!

こういった物には持ち主の好みが反映されるので、

景品としてあまり喜ばれません。

 

例え流行りの物だったとしても、

欲しくない人もいると考えましょう。

キャラクター物も要注意です。

 

まとめ

ゲームの景品として、かつて電気ケトルを貰ったことがありました。

その時既に電気ケトルは持っていたのですが、

何かを貰えたことはとても嬉しかったのを覚えています。

 

 

やはり、家電は忘年会のゲームの景品としても、マストな物なのですね。

忘年会のゲームの景品を手配する幹事さんは、

本当にご苦労されていると思います。

万人受けする景品を選ぶのは、難しいことですよね。

 

景品選びは大変ですが、

あなたが考えに考えた景品を受け取った人が喜んでくれると、

きっとその苦労も報われますね。

 

喜ばれる景品を選んだあなたの株も、

上がること間違いなしです!

 

それでも忘年会のゲームの景品に困ったら、

今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

参加者にも企画者にも、いい思い出となる忘年会になるといいですね。

合わせて読みたい記事はこちら!


スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました