こどもの日

お祝い

こどもの日の兜は誰が買うの?かつての風習と今のやり方は違う件

こどもの日と言えば、兜が欠かせませんね。節句を華やかにする兜ですが、それは誰が買うものなのでしょう?かつて、兜を買う人はおおよそ決まっていましたが、今ではその風習も変わりつつあります。こどもの日を前に、兜のことで揉めるわけにもいきません。この際、兜を誰が買うのか、はっきりさせたいと思いませんか。
アイディア

子どもの日の食べ物で伝統的なちまきや柏餅とアイディア料理3選

子どもの日といえば、柏餅やちまきがおなじみですね。 古くから親が子の成長と無事を願い、その思いが次の世代へと継承され続けてきたものです。 普段はあまり深く考えたことはないけれど、子どもの日の伝統的な食べ物に思いを馳せてみました。 こどもの日にちなんだ、子どもが喜ぶアイディア料理も紹介しますね。
お祝い

こどもの日の兜は誰が買うのが正解?本来ならお下がりはNG!?

もうすぐこどもの日の兜を買う時期になってきましたね。 でも、父方の両親なのか、母方の両親なのか、 はたまた親である自分たちなのか、 兜は一体誰が買うべきなのか迷ってしまいますよね。 実は、兜を買うべき人というのは、地域によって違ってくるんですよ。 では、どのような地域差があるのか、詳しくご説明していきますね!
季節

こどもの日の食べ物!由来には優しい親の思いやりがあるんです!

こどもの日の食べ物といえば、柏餅やちまきが有名ですよね。 でも、どうしてこどもの日に柏餅やちまきを食べるのか、その由来が気になるところだと思います。 柏餅には、柏の性質から『子孫繁栄』、ちまきには『魔除け』という意味があり、その由来は古代の中国までさかのぼります。 それでは、こどもの日の食べ物について詳しくご説明していきますね!
タイトルとURLをコピーしました