転職面接時の質問と不安をなくすための準備

この記事は約4分で読めます。

転職の面接は、初めての人と初めての場所で行われます。また、区切られた逃げ場のない空間で行われるので、緊張と不安を感じるのは自然なことなのです。

この緊張と不安を取り除くためには、いくつかの予習をすることによって解決できることがあるのです。準備をせずに良い結果を望むことは難しいと思いませんか?

そこで、あなたにとって良い準備ができるように提案します

 

転職の面接で、よくある質問と、答える時のポイントについて理解しませんか?

ポイントを押さえておくと、不安も小さくなって思っていることが答えられます。そうすると、採用の可能性が高くなって、後で準備不足を後悔せずに済むとは思いませんか?

採用されて、新しい未来へのスタートを切って前向きな毎日を送るための準備をしませんか?

スポンサーリンク

転職面接時の不安をなくすための準備

面接官は何を聞きたいのかを理解する

面接官が一番知りたいのが、ヒューマンスキルと言われる能力なのです。
面接時の質問は、あなたが持っているヒューマンスキルを知るためなのです。
その内容は、次の通りです。

ヒューマンスキル
「ヒューマンスキル」(human skill)とは、他者との良好な人間関係を構築・維持するために必要な能力や技術のこと。対人関係能力とも言われ、業種・職種に関係なく、ビジネスパーソンなら誰でも職務を遂行する上で求められる普遍的なスキルです。具体的には、相手の話をきちんと聞いて理解するヒアリング、話し合いのなかで自分の意見を主張するネゴシエーション、自分の考えを的確に、論理的に伝えるプレゼンテーション、さらにはリーダーシップやビジネスマナーなどが挙げられます。
(「日本の人事部」ホームページより引用)

ヒューマンスキルをわかりやすくまとめると次の通りです。

・職務適性
・性格
・ストレス耐性
・志望度
・向上心

あなたがどのくらいこの能力があるのかを聞き出したいのです。

スポンサーリンク

面接官の質問の内容

あなたのヒューマンスキルを知るために、面接官の質問はおおよそ次の内容になります。

具体的には

・自己紹介をしてください。

・職務経歴を教えてください。

・当社を志望した理由は何ですか。

・退職理由を教えてください。

・入社後、どのような仕事をしたいですか。

対策としては

・わかりやすい内容で答える

・相手の目を見て感じよく伝える

・自分の価値観について知っておく

・自分は普段どんなことを考えているのか振り返る

・自分はどういう行動を取る傾向があるのか

・自分のストレス傾向・解消法をつかんでおく

・志望動機、転職後の希望についてを言葉化しておく

これらのことに、具体的な答えを用意しておく必要があります。

特に「過去の出来事」から、あなたの能力や人柄が会社の社風と合うかどうかを知りたいのです。

面接時に多い質問はこれです!

「それはなぜ?」
「具体的には?」

この繰り返しです。

あなたの論理性と、回答の整合性をチェックしています。
あなたのことについて、もっとよく知りたいのでこのように突っ込んで聞くのです。

対策としては

・あいまいな返事にならないようすること

・質問には具体的に答えること

・その理由を答えること

・わからない質問は聞き返すこと

まとめ

面接時に緊張するのは当たり前のことなので、緊張に関しては心配は要らないですよ。

緊張した時には

・相手の質問に対して、結論から答えること
・相手の聞きたいことに答えること

これに集中するのがポイントです。面接官は簡潔な結論を聞きたいのです。

あらかじめ自分の良い部分を話せるように準備しておくこと。重要ポイントです!

繰り返しますが、「結論→具体例」がポイントです。

自分の経験を振り返る、とても良いチャンスを与えられたと考えて、前向きな意欲を面接官に伝えられるように準備をされると良い結果が待っているでしょう。応援しています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました