再利用

生活

おでんだしの再利用レシピ5選と定番出汁のアレンジ方法!

肌寒くなると食べたくなるのはおでんですよね! でも味付けがマンネリ、毎回具が余る、だんだん飽きてきた、など一度にたくさん作るからこその悩みってありますよね・・・ ここでは定番からイチ押しのおでん出汁の取り方、残った出汁や具材でできるかんたんリメイク料理などをご紹介していきます。 大人も子どももみんな大好き!! いつものおでんにちょっとひと手間あったかレシピで寒い冬を乗り切りましょう!!
食べ物

おでんだしの黄金比!翌日はリメイクで再利用!

コンビニでおでんの用意が始まると、あ~もうおでんの時期なのね~なんて思い、無性に食べたくなってしまいますよね。 でもコンビニであの具もこの具もなんて、お腹いっぱいになる量を買ってしまうと、あっという間にお高くついてしまいビックリ! それなら作るか…なんて作り始めると肝心なだし(つゆ)の味が決まらず味見しすぎで作りたい味が解らなくなったり。。 作ったはいいけど、作りすぎてしまい、また今日もおでん。 家族からも、またおでん~。。なんて言われたり。。 ここではそんなガッカリとさようならです!! おでんつゆは1:1:20の黄金比でばっちり作ってしまいましょう!! そして、翌日はとっておきリメイク4選で美味しく変身させて家族をビックリさせてしまいましょうね!! つゆの味をアレンジしたおでんも紹介しています!!
アイディア

おでんのだしを再利用するワザ!最後の一滴まで!

空気もひんやりと冷気を帯び始め、気付けば季節は秋。 過ごしやすい時季はあっという間に去り、次には長い冬がやって来ます。 寒いときに食べたくなるのは、体を温めてくれる食べ物ですよね。 おでん。 このちょっと小ボケたような3文字が、どれだけあなたを温めてくれることでしょう。 「美味しいけど、おでんのだしって余ってもったいないよね」 一般的におでんは、たくさんのつゆの中で煮込むのが美味しい作り方とされています。 でも、具を食べ終わった後に大量の汁が残ってしまうのは考え物…。 具材のうまみもしみだしているので、捨てるのは絶対もったいないです! 最後の一滴まで、美味しく食べてしまいましょう。 そのまま飲んでも美味しいだしですが、お鍋の〆のように、もっと有効活用したいですね。 今回は、残りがちなおでんだしを再利用するには?というお話です。
タイトルとURLをコピーしました