叱り方

アイディア

子供の叱り方で能力の伸び方が変わる!正しい方法いけない方法

日々の生活の中でつい感情任せに叱ってしまったり、掛ける言葉を間違えてしまったりなど、叱り方に悩みますよね? 「叱る」ことで子供のしつけをする時は、親の都合ではなく子供の立場になって考えなければなりません。 ですが、どうしたら子供の成長のために正しい叱り方ができるのでしょうか? 子供の能力を伸ばす正しい叱り方と、やってはいけない叱り方をご紹介していきたいと思います。
アイディア

成長に悪影響!?子育てで感情的な叱り方は危険!解決策がコレ!

子育て中って、子どもの叱り方について考えますよね。 言うことを聞かなかったり、やめてほしいことをしてしまったりと、子どもを叱りたくなる場面は何度もあるかと思います。 そんなとき、イライラしてつい感情的に叱ってしまうことはありませんか? 注意はしていても、強い口調で叱ってしまった後で反省!なんてことありますよね? 実は怖いことに、感情的に叱ると子どもの成長に悪影響を及ぼしてしまうんです。 一体どんな悪影響があるのかを、詳しくお話していきますね!
子育て

子育て中に2歳児にイライラした時の上手な叱り方ポイント

子供の成長は本当に早いですよね。 寝返りをうったと思ったらハイハイ、そしてつかまり立ち、よちよち歩くようになり、なんでも口に入れるなどなど・・・。 お話ができるようになって楽しいし、我が子の成長を感じて嬉しくなる反面、2歳にもなるともう自分の子供から目が離せませんよね。 そんな2歳児と少しでもうまく向き合うことができるように、叱り方のダメな場合とおすすめの場合を具体的に紹介していきますね!
タイトルとURLをコピーしました