上司

ビジネス

年賀状の一言添え書きを上司に!ポイント解説!

毎年出す年賀状もマンネリになってしまっては気持ちは伝わりません。 印刷されただけのものをそのままで出すのはあまりのもつまらなすぎて、相手の印象には残りませんね。 一言何か添え書きするだけで温かみや思いが伝わるものです。 とは言え、相手は上司ですから、失礼があってはいけません。 「親しき仲にも礼儀あり」です。 「自分のために書いてくれたんだな」という気持ちが伝わることが一番大切なんです! 直接的でも間接的でも日頃お世話になっている上司へ失礼のない一言で感謝の気持ちと抱負を伝えましょう!!
ビジネス

年賀状に加える一言 上司へはどう書く?パターン別例文集

学生の頃には、年賀状なんてあまり出さなかったという方も多いと思いますが、社会人になると会社の上司や同僚、取引先とのつながりも大事ですから、年賀状を書く機会もまた増えてきますよね。 私も、社会人になってからは年末年始休みの前の最後の大仕事!と思って毎年年賀状の準備に追われていました。 そんな時に、ふと悩むのが上司に出す年賀状への一言コメントではないでしょうか? 何も書かないのも味気ないけど、友達に送るようなフランクな文章にするわけにもいかないし…。 意外と悩むものなんですよね。 今回は、そんなお悩みをサポートすべく、「上司に送る年賀状の一言例文」をご紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました