わらび

アイディア

わらびの保存方法!瓶詰めならなんと1年間の長期保存が可能に

春の味覚といえば、わらびなどの山菜類です! わらびは、ある方法を使えば、なんと1年近くも保存することが可能なんです! その方法とは、あく抜きしたわらびを瓶詰めで保存することなんです! これなら、その時に食べる分だけでなく、来年の旬まで、おいしいわらびを楽しむ事が出来ますね! でも、ただ瓶に詰めれば良いという事ではなくて、保存食にするために、いくつかやらなくてはならないことがあります! どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか? 詳しく説明していきましょう!
アイディア

わらびのあく抜きは重曹で気軽に出来るんです!量と温度がコツ!

春の山菜には色々な種類がありますが、よく親しまれているものとして、わらびがあります! 少しほろ苦く、まさに春の味わいといった感じでとても人気がある山菜です。 わらびは数ある山菜の中でも特にあくが強く、また毒性もあるので、しっかりとあくを抜く事が大切なんです! それでは、重曹を使ってどのようにわらびをあく抜きするのか、詳しく説明していきましょう!
アイディア

わらびのあく抜きに初挑戦!灰を使った基本の方法を紹介!

春の味覚は色々な種類がありますが、よく食べられるものといえば、やはり、わらびですよね! 山菜ごはんやおひたしなど、色々な料理で楽しめる、とても身近な山菜です! 実は、わらびには非常にあくが多く、ちょっと特別な方法であく抜きをしなくてはなりません。 なんと、灰をまぶしたわらびをお湯に浸して、あく抜きをするんです! この方法が、もっとも失敗なくあく抜きが出来るのです。まずは基本をマスターしてみましょう!
タイトルとURLをコピーしました